ブライダルフェアの持ち物として忘れちゃいけない6つのモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多くの方が結婚式を挙げる際に最初に行なうことは、会場選びです。

しかしながら、どのように会場選びをはじめるかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、まずは会場で行われているブライダルフェアと呼ばれる体験型の見学会へ足を運んで自分たちに合った結婚式のスタイル、会場選びを行いましょう。

今回は、

  • カメラ
  • 手帳・メモ帳

など、「ブライダルフェアの持ち物として忘れちゃいけない6つのモノ」をご紹介します。ご参考になれば幸いです。

1、ブライダルフェアの持ち物その① 〜カメラ〜

カメラ

いくつかの会場を実際に見て回り、比較する上でカメラは必需品です。

自身の目で見て確かめるのも勿論ですが、いくつか見るうちに分からなくなってしまいがちです。後から会場を見直すという意味も含めて、カメラを持参して会場見学に臨みましょう。

スマートフォンやタブレットを使用すると、見学会の振り返りを行う際写真の共有などもできとても便利です。

2、ブライダルフェアの持ち物その② 〜手提げバッグ〜

手提げバッグ

ブライダルフェアではパンフレットや見積書、その他資料など何かと書類を受け取ることが多いです。

ハンドバックとは別にB5~A4サイズの資料が入る手提げバッグを持参しておくと便利です。

3、ブライダルフェアの持ち物その③ 〜手帳やメモ帳〜

手帳やメモ帳

見学を行った上での感想や気になった事をメモするためにも、手帳やメモ帳等を持参しましょう。

また、結婚式の希望日程等をいくつか聞かれる場合もあるため、手帳を持参しておくとスムーズに話が進められます。

事前に式場紹介サービス等利用の場合は、その時に得た情報も持って行こう

フェアに行くカップルの中には、まずは式場選びのプロに相談して自分たちの「理想の結婚式」の条件を整理したり、フェア参加でもらえる特典を調べて選択肢を絞るというカップルも多いです。その場合は、事前に得た情報や話し合った内容の要点を簡潔にまとめて、プリントアウト等して念のため持って行くと、式場が自分たちにとって良いか悪いかを判断する軸として役立ちます。

※参考までに、オススメの式場紹介サービスをいくつかあげておきます。

(1)gensen wedding

サイトURL: https://gensenwedding.jp/

gensen weddingは、プランニングから始まる、無料の結婚式場紹介サービス。
「会場から探す」のではなく、おふたりのこだわりに合わせた「プランニング」を行ってから希望が叶う会場をご紹介するのが大きな特徴です。

空日程や見積りの情報もまとめて事前に知ることができるので、効率よく会場見学ができますし、紹介される会場は、
プロが厳選したクオリティの高い会場だけ。契約後に見積りが大きく変わることもなく、
gensen weddingならではの割引も使えるので、費用面でも安心して、自分たちにあう結婚式場が見つかります。
〝コンセプトウエディング"への対応ももちろん可能です。

理想の結婚式のためのコンセプト作りのコツと最新結婚式準備方法とは?
http://how-to-inc.com/concept-wedding-16112

ブライダルプロデュース会社について詳しく知りたい方は「理想の結婚式を! ブライダルプロデュース会社20選」をご参照ください。

(2)ハナユメ

サイトURL:http://hana-yume.net/

まずは色々とフェアを回って知識を得たいという方は、ハナユメ利用でフェアに申し込めばお得な割引特典を取得できることも。

ハナユメ(旧すぐ婚ナビ)は、結婚式の実施時期によってお得な割引特典が付帯するという個性的サービスを持つフェア予約サイト。
ローラさんのCMで最近、知名度・利用者ともに急増中。

パートナーと事前に少し話し合うだけで、結婚式のイメージが湧いたり、パートナーの重視している点がわかったり、フェアに行く気持ちも自然と盛り上がりますよ。

4、ブライダルフェアの持ち物その④ 〜電卓〜

電卓

結婚式を挙げる際に一番気になるのが費用です。

見学の段階から費用の計算ができるものに関しては、しっかりと確認しておくと言う意味も込めて、電卓を持参しておくと便利です。

最近では、スマートフォンに電卓の機能があるため、スマートフォンを利用するのでもOKです。

5、ブライダルフェアの持ち物その⑤ 〜他のブライダルフェアでもらった見積書〜

a katz / Shutterstock.com

a katz / Shutterstock.com

いくつかの会場を見学済みであれば、見積書を持参しましょう。

他の会場との料金の違いがひと目で分かりますし、場合によってはプランナーさんに提示する事で料金を割り引いてくれることもあります。

6、ブライダルフェアの持ち物その⑥ 〜チェックリスト〜

チェックリスト

ブライダルフェアにチェックリストを持参しましょう。

事前にチェックリストを確認し、会場に聞きたい質問やオリジナルチェックポイントを追記し持参することで、ブライダルフェアをより有意義に過ごすことができます。

ブライダルフェアのチェックリストは「後悔しない結婚式にするためのブライダルフェアでのチェックポイントまとめ【チェックシート付き】」のページよりダウンロード頂けますので、是非ご活用下さい。

まとめ

ここまでブライダルフェアの持ち物をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

理想的な結婚式をあげるために、できる限り気になる会場のブライダルフェアに参加をするようにしましょう。

今回の内容が理想的な結婚式を挙げるための参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ

hanayume