オフショットも思い出にしたい!ブライズルームでのお支度ショットのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式というと、挙式や披露宴がメインとなりますが、結婚式が始まる前、花嫁に変身する貴重な瞬間も一生の思い出です。そこで、挙式や披露宴だけではなく、事前準備の段階から撮影してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、ブライズルーム(新婦の控え室)でぜひ撮影したい素敵なお支度ショットについてご紹介しましょう。

目次

1、お支度ショットとは?

2、お支度ショットのススメ

3、さりげなさが美しい!憧れるお支度ショット画像まとめ

1、お支度ショットとは?

お支度ショットとは?

お支度ショットとは、新婦がブライズルームで結婚式の準備をしているところを撮影したフォトのことです。

2、お支度ショットのススメ

名称未設定

出典:http://ameblo.jp/

日本では「お支度ショット」という言葉はまだ浸透しきっていませんが、海外の結婚式ではごく一般的に準備風景が撮影されます。海外ではブライズメイドに着替えのお手伝いをしてもらうため、ブライズルームでのシーンから既に撮影が開始されています。

日本でも最近はブライズメイドの演出を取り入れる方が増えているため、控え室で気の置けない友人とのオフショットを撮影される新婦が増加しています。

これから結婚式をされる新婦さんは、花嫁の舞台裏ともいうべきブライズルームでのいろいろな表情を記念に撮影されてみてはいかがでしょうか。

3、さりげなさが美しい!憧れるお支度ショット画像まとめ

ここでは、お支度ショットの定番として撮影されているシーンをご紹介していきましょう。

(1)リラックスしている新婦の表情が印象的な一枚

名称未設定

出典:http://www.stevegroganphotography.com/

結婚式がスタートしたら新郎新婦は飲食がほとんどできません。今のうちに!と、ヘアメイクや着替えの前に豪快に飲み物を飲んでいる新婦の姿が楽しい一枚です。

(2)ブライズメイドとの着替えシーンも記念になる一枚

名称未設定

出典:http://www.love4wed.com/

名称未設定

出典:http://daveandcharlotte.com.au/

同性の友人と和気藹々とおしゃべりしている姿も良い思い出になります。

(3)ヘアメイクシーンも貴重!どんどん綺麗になっていく姿を残そう!

shutterstock_64039822

どんどん花嫁としての準備が整っていくのを実感できるのがヘアメイクです。いつもよりもっと綺麗な新婦の「とっておきの一枚」を残しておきましょう。

(4)ドレスに隠れるシューズは絶対に撮影しておきたいショット!

shutterstock_332019053

 

名称未設定

出典:https://www.instagram.com/

意外と写真に残らないのがウェディングシューズ。ウェディングドレスに隠れてしまうことが多いので、ぜひこのタイミングで記念に残しておきましょう。

(5)まるで映画のよう!ピアスをつけるシーンもおすすめ!

shutterstock_329000225

名称未設定

出典:https://www.instagram.com/

何気ないピアス(イヤリング)をつけるシーンもお支度が整ったウェディングドレス姿ならひときわ綺麗に見えますね。

(6)感動する舞台裏!両親への感謝の挨拶とハグのショット

名称未設定

名称未設定

出典:http://www.stevegroganphotography.com/

結婚式当日は新婦にとっても、またそのご両親にとっても特別な日。生まれてから今日までの日々を思い、花嫁となって旅立っていく娘の晴れ姿にご両親も感慨一入でしょう。普段は照れくさくて思いを伝えられなくても、この時ばかりはお互いに胸にこみ上げてくるものがあるはず。感動の一瞬を写真に収めれば、見返すたびに気持ちが蘇ってくるはず。

まとめ

いかがでしたか。今回は、一生の思い出となる結婚式の舞台裏、「お支度ショット」についてご紹介しました。新婦が控え室でヘアメイクや着替えをしている最中も、大切な結婚式の一シーン。ちょっとしたハプニングや感動の涙も良い思い出となりますので、ぜひお支度ショットを撮影してみませんか?

今回の記事がこれから結婚式をされる新郎新婦のご参考になれば幸いです。

 

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ