結婚式に取り入れてみよう!人気急上昇中のワイヤークラフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式に手作りできるアイテムは数多くありますが、今人気急上昇中のワイヤークラフトをご存知ですか?

手軽に材料を調達でき、初心者でも簡単に手作りできるので、ウェルカムスペースやテーブルにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は、結婚式に取り入れたい、可愛さ抜群のワイヤークラフトの作り方をご紹介します。

1.ワイヤークラフトとは

936da08bc647a3c3446be27f6701c116fc8d1a68

出典 http://roomclip.jp

針金を、曲げる・折る・丸める・組み立てる・編むなどの技法を用いて作る、金属工芸の一種です。

針金を使って自由自在にオリジナリティ溢れる作品が作れるので、国内のみならず世界中で人気です。

アクセサリーからインテリア雑貨、オブジェなど様々なものを作ることが可能です。

2.材料

20151026142032

出典 http://kywedding.hatenablog.com

材料は下記の3つ

・アルミワイヤー

・ラジオペンチ(先の細いペンチで、ワイヤーを曲げる時に使う道具)

・ニッパー(ワイヤーをカットする道具)

どれもホームセンターや手芸店などで手に入ります。

初心者には柔らかいアルミワイヤーがオススメ!簡単に曲げられるので作りやすいですよ。
ラジオペンチやニッパーは先の尖った道具になりますので、取り扱いは十分に気を付けて下さい。

ワイヤーの先も危ないので、怪我には要注意です。

3.作り方

Wire-2-Word

出典 http://www.brit.co

ワイヤーを曲げて形作ったらカット、曲げてカット…これを繰り返すだけ。

写真のように紙に作りたい文字や形を書いて、その上をなぞるようにワイヤーを曲げていくと綺麗に作ることができますよ。

4.ワイヤークラフトのアイデア

ウェルカムスペースはDIYしたアイテムで彩る新郎新婦が多いので、ぜひワイヤークラフトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

(1)ウェルカムスペース

Welcomeの文字を入れたワイヤークラフト

612x460_wlimited

出典 https://tetote-market.jp

二人のイニシャルを飾ってみよう!

f0208812_206464

出典 http://greenwire.exblog.jp

パリ好きのカップルは、「パリ」をテーマにしたウェディングにはエッフェル塔はいかが?

5c880ff6d8c65b3dc6b8715a1a74b8e5

出典 http://blog.goo.ne.jp

(2)ゲストテーブルに置きたいワイヤークラフト

立体的な数字のワイヤークラフトはテーブルナンバーに

o0450060012936876479

出典 http://39.benesse.ne.jp

席札

img06.shop-pro.jp

出典 http://www.leafleaf-shop.com

ゲストテーブルの装花にはワイヤークラフトのカゴを

index_ttl_img

出典 http://www.coop-net-station.net

シンプルで素敵!キャンドルホルダー

f0032340_2541892

出典 http://handworks4.exblog.jp

(3)プチギフトを入れるバスケット

ゲストをお見送りする時に渡すプチギフト、難易度は高そうですが、ワイヤークラフトで作った手作りバスケットに入れてみてはいかがでしょうか。

コロンとした丸いバスケット

75a22a2890067877484d00e91c6e2d98a13e53a3

出典 https://minne.com

プチギフトを綺麗に並べたいなら、長方形のバスケット

o0800060010160374448

出典 http://ameblo.jp

結婚式に取り入れてみよう!人気急上昇中のワイヤークラフト まとめ

いかがでしたか。

初心者向けのシンプルなものから難易度の高い本格的なものまで、結婚式に取り付けたいワイヤークラフトをご紹介しました。

ワイヤーは女性でも簡単に曲げることが可能ですが、せっかくですから力のある新郎にも手伝ってもらい、二人で楽しく作ってみてはいかがでしょうか?

きっと結婚式準備の楽しい思い出にもなると思いますよ。

新郎新婦のご参考になりましたら幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ