婚約指輪の意味は?絶対に知っておきたい婚約指輪に込められた想い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは、婚約指輪に込められた本当の意味をご存じでしょうか?

現代では、婚約、つまり結婚の約束を交わしたカップルの間で、結婚の約束の証として男性から女性に婚約指輪が贈られる習慣があります。

実際に多くの男性が婚約のタイミングで婚約指輪を女性にプレゼントしています。しかし、実は婚約指輪を贈る意味や、婚約指輪に込められた想いや婚約指輪の由来についてご存じでない方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、婚約指輪の意味や指輪に込められた想い、由来について詳しくご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

 1、婚約指輪の意味とは?

婚約指輪とは、未婚の男女間で交わされた婚約(結婚の約束)を目に見える形で表現するための指輪で、男性から女性にプレゼントされる指輪のことです。

婚約指輪には、結婚の約束の証とする意味と男性の払う着手金の様な意味もあるため、高価な指輪が贈られる事が一般的です。

婚約指輪を身に付ける事で、周囲の人に自身が婚約している事を知らせる役割もあります。

また、婚約指輪はダイヤモンドなどの石がついている物が一般的で、傷や汚れがついてしまう事が懸念されるため、日本ではほとんどの場合日常的に身に着ける人はおらず、パーティーや知人の結婚式に出席する際に身に着けるケースが多いようです。

なお、最近では婚約記念品として、指輪ではなく、ネックレスや時計を贈る方も増えているようです。

2、婚約指輪の由来とは?

次は婚約指輪の由来について知っておきましょう。

婚約指輪が生まれたのは、古代エジプトで使用されていた象形文字からであると言われています。

古代エジプトで使用されていた象形文字では「結婚」は「永遠に途切れぬもの」の象徴とする円で表されており、指輪の円形の形に想いを重ねて、古代ギリシャ・ローマで誓いの儀式の際に婚約の印として鉄の指輪を贈ったのが、婚約指輪の由来であるとされています。

ちなみに、婚約指輪は多くの方が左手の薬指にはめていますが、これも古代エジプトの風習が由来になっています。左手の薬指は心臓に繋がっていることから愛の静脈があり、愛の力が流れていると信じられていました。同じく愛の象徴である婚約指輪はそんな左手の薬指にはめるべきとされていたことから現代でも左手の薬指にはめるのが一般的となりました。

なお、婚約指輪を付ける指について詳しくは「やっぱり左手の薬指? それとも右手? 婚約指輪をつける指について」の記事をご参照ください。

3、婚約指輪にダイヤモンドが使用される理由とは?

ダイヤモンドは、天然鉱物の中で最も固い物質である事から、「固い絆・約束を結ぶ、不屈の力、永遠の愛」を示す宝石であると言われており、それゆえ婚約指輪でもよく使用されるようになりました。

具体的には、婚約指輪が生まれた当初はルビーやサファイヤの石が使われていたようですが、古代ローマで当時の皇帝が結婚を申し込む際にダイヤモンドを使用した指輪を贈って以降、ダイヤモンドが永遠の愛の象徴として婚約指輪に使用されるようになったそうです。

さらに、日本で婚約指輪を贈る習慣が広まったのは明治時代からであるとされており、ダイヤモンドのついた婚約指輪を贈る習慣は、ダイヤモンドの輸入が解禁となった高度経済成長期頃からであると言われています。

また、もう一つ婚約指輪の石にダイヤモンドが利用される理由としては、ダイヤモンドが無色透明であることから、純粋無垢な花嫁にふさわしい、ということもあるようです。

その他、婚約指輪の値段の相場などについて詳しくは「婚約指輪の相場は?プロポーズ後に知っておきたい9つのこと」の記事をご参照ください。

4、結婚指輪の意味とは?

一方、結婚指輪には「永遠の愛の誓いの証」の意味があるようです。

詳しくは「結婚指輪は左手薬指じゃなきゃダメ?結婚指輪をつける指の意味について」の記事をご参照ください。

婚約指輪の意味まとめ

今回は婚約指輪の意味についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。婚約指輪は一生に一度の大切なもの。贈る側も贈られる側もしっかりとその意味を認識すべきといえるでしょう。今回の内容が婚約指輪の購入を検討されている方のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ