結婚と婚約の違いについて知っておきたい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚と婚約の違いですが、実は意外と知られていないので、正確にご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそも婚約の意味についてもご存知ない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、

  • 結婚とは?
  • 婚約とは?
  • 結婚と婚約の違いは?

について掲載しています。ご参考になれば幸いです。

目次

1、結婚とは?
2、婚約とは?
3、結婚と婚約の違いは?
4、結婚指輪と婚約指輪の違いは?

1、結婚とは?

結婚とは?

結婚とは、カップルが夫婦となることをいいます。
結婚により、法律上家族になります。
手続きとしては、婚姻届を役所に提出することが必要となります。

2、婚約とは?

婚約とは?

婚約とは将来結婚することを約することをいいます。
約束にすぎないので、法律上はあくまで他人です。

3、結婚と婚約の違いは?

結婚と婚約の違い

結婚と婚約の違いを整理すると以下の通りです。

(1)法律上の意味

結婚とは法律上、夫婦になることを意味します。
これにより、以下の変化があります。

  • 夫婦の間で相続する権利が発生する
  • 夫婦の名字が同じになる
  • 日常の生活費について、夫婦双方がお金を支払う義務を負う
  • 同居する義務が発生する
  • お互いに生活の面倒をみる義務(扶養義務)を負う

これに対して、婚約はあくまで結婚する約束なので、以上のような法律上の関係は発生しません。

(2)手続き

次に手続きですが、前述の通り結婚の場合は役所に婚姻届を提出することが必要となります。これに対して婚約の場合は特に決まった形式はありません。一般的には、婚約指輪の贈呈や結納が知られていますが、婚約は口約束でも成立します。

4、結婚指輪と婚約指輪の違いは?

結婚指輪と婚約指輪の違いは?

なお、結婚と婚約の違いに関連して結婚指輪と婚約指輪の違いも正確に理解されている方が少ないようです。
以下でポイントをまとめてみました。

(1)指輪の意味は?

①結婚指輪

結婚指輪は夫婦がおそろいで付ける指輪で、二人が夫婦となることの誓の証であるとともに結婚していることを周囲に知らせるものとなります。

②婚姻指輪

これに対して婚約指輪は、一般的には男性から女性にプレゼントされる指輪で、結婚することを約束する証となるものです。

(2)指輪の購入金額の相場は?

①結婚指輪

結婚指輪の平均金額は、2013年のブライダル総研のアンケートによると22.1万円(2名分で)となります。

②婚約指輪

婚約指輪の平均金額は、2013年のブライダル総研のアンケートによると33.3万円となります。

(3)購入のタイミングは?

①結婚指輪

2013年のブライダル総研のアンケートによると、平均で、検討開始時期が結婚式の7.3ヶ月前、決定・申し込み時期が結婚式の5.5ヶ月前となります。

②婚約指輪

2013年のブライダル総研のアンケートによると、平均で、検討開始時期が結婚式の11.2ヶ月前、決定・申し込み時期が結婚式の9.8ヶ月前となります。

なお、婚約指輪と結婚指輪の違いについて詳しくは「意外と知られてない? 婚約指輪と結婚指輪の違いとは?」をご参照下さい。

まとめ

今回は結婚と婚約の違いについて書いていきましたがいかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ