新郎新婦必見!結婚式でのブーケの保存方法&おすすめ加工店5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年では、アフターブーケと言って結婚式でのブーケを加工し、保存するカップルが増えてきています。

結婚式で使用したブーケを、いつまでも思い出に残しておきたいとお考えの方も少なくないのではないでしょうか。しかしながら、実際にはどのようにブーケを保存したらいいのかご存じでない方や、保存方法や完成イメージがわかない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、結婚式でのブーケのおすすめ保存方法とおすすめ加工店についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

1、結婚式のブーケのおすすめ保存方法5選

2、結婚式のブーケを保存するためのおすすめ加工店5選

1、結婚式のブーケのおすすめ保存方法5選

まずは、結婚式でのブーケのおすすめ保存方法5選をご紹介していきます。

(1)押し花

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典 http://prime2013.seesaa.net

押し花は、花びら・おしべ・めしべ・茎など各部位ごとにプレスすることで植物に含まれる水分を取り除き、その後花の形に組み合わせていく方法です。

各パーツ一つ一つ組み立てていく地道な作業ですが、完成後は額縁に飾って部屋に飾るなど場所をとらないことがメリットとして挙げられます。

一方で押し花の場合、時間が経つと少しずつ色が変わりやすくなるのがデメリットとして挙げられますが、色の変化も思い出として楽しむことができます。

(2)ドライフラワー

cdb88c7c3e8c08f5e6b89f83f6dba95d68c2552b

出典 https://minne.com

ドライフラワーとは、結婚式でのブーケで使用したお花を風通しの良い日陰に干し、一つ一つ乾燥させる方法です。

ドライフラワーは自身でも手軽に挑戦することができることがメリットですが、自然乾燥だと花の自然な色が失われてしまうため加工店にお願いすることをおすすめします。

立体的な形でブーケを残しておくことができますが、乾燥による色の変化がデメリットとして挙げられます。

(3)プリザーブドフラワー

frepre01

出典 http://www.a-recette.com

プリザーブドフラワーは、専用の溶液を使って一度花の色を抜き、その後染料を吸わせて乾燥させます。

プリザーブドフラワーは色鮮やかなのが特徴で、生花に近い質感と状態で保存できるのがメリットです。しかしながら、着色により花びら全体が同じ色になるため、微妙な色の風合いが残せないことがデメリットとして考えられます。

(4)アイスフラワー

iceflowerrosebouquet2

出典 http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp

アイスフラワーとは、生花をマイナス30度で瞬間的に凍らせて真空状態で乾燥をさせる保存方法です。

アイスフラワーは、花の美しい瞬間を一瞬にして閉じ込めることができるため、自然な色合いを楽しむことができます。

保存期間は置いておく場所によって異なりますが、3か月~6か月が一般的のようです。

(5)挿し木

c0177452_23361835

出典 http://jennyyamam.exblog.jp

鉢やコップに植え替えて、挿し木する方法です。

ブーケで使用される花の種類の中には、バラやアジサイ、菊など、自分で簡単に挿し木することのできるお花があります。

まずは、小さな鉢やコップに植え替えて根が出るのを待ち、根が出てきたらお庭やプランターに移し替えてその後の成長を楽しむことができます。

2、結婚式のブーケを保存するためのおすすめ加工店5選

ここでは、結婚式のブーケを保存するためのおすすめ加工店5選をご紹介していきます。

(1)kannax(カナックス)

kannax(カナックス)

サイトURL:http://www.kannax.net

612-1-20150225173103_b54ed884769b08

出典 http://www.kannax.net

76-1-20150224153010_b54ec1a72e3b3d

出典http://www.kannax.net

結婚式でのブーケを押し花またはドライフラワーの加工、保存をしてもらうことのできる加工店です。

カナックスでは独自の製法でお花一輪一輪を特殊な製法でドライフラワーに加工するため、生花の華やかさ美しい形をそのまま残すことができます。

(2)xing-flower(シンフラワー)

スクリーンショット 2016-03-16 19.51.51

サイトURL:http://www.xing-flower.com

grace

出典 http://www.xing-flower.com

pearl

出典 http://www.xing-flower.com

ドライ加工したブーケをボトルやパフェクラス、ハート形のガラスケースなど可愛らしいケースに密閉、保存してもらうことのできる加工店です。

比較的長さの長いキャスケードブーケもそのままの形で保存することが可能です。

また、シンフラワーは1年間の完全保証と10年間のサポート付きだからこそ、大切な思い出を安心して残すことができます。

(3)NATURE FLOWER(ナテュールフラワー)

スクリーンショット 2016-03-16 19.52.32

サイトURL:http://www.preservist.co.jp

9d817bd1a4129896de45015b09ee3c7f1-253x374

出典 http://www.preservist.co.jp

クラシック1-コピー-200x300

出典 http://www.preservist.co.jp

結婚式でのブーケをプリザーブドフラワーに加工してもらうことのできるプリザーブドフラワー加工専門店です。

ナテュールフラワーでは、様々なデザインでの加工が可能なため、結婚式後も違ったスタイルでブーケを楽しむことができます。

(4)Fatina Fiore(ファティーナ・フィオーレ)

スクリーンショット 2016-03-16 19.53.13

サイトURL:http://www.fatina-fiore.com

09301857_560bb210022d0

出典 http://www.fatina-fiore.com

10021638_560e347c25bd0

出典 http://www.fatina-fiore.com

ファティーナ・フィオーレは押し花またはドライブーケの加工、保存をしてもらうことのできる加工店です。

押し花を3D型に並べることで立体感のある加工にすることも可能です。

 (5)花ぐるま

スクリーンショット 2016-03-16 19.53.50

サイトURL:http://www.hanaguruma.com

p-mochabrown500

出典 http://www.hanaguruma.com

figaro_l

出典 http://www.hanaguruma.com

結婚式でのブーケを押し花またはドライフラワーに加工してもらうことのできる専門店です。

花ぐるまでは、押し花として加工した花を立体的に並べて、ブーケを再現した「立体押し花ミルフィーユ」が人気だそうです。

 まとめ

結婚式のブーケの保存方法とおすすめ加工店についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

結婚式は新郎新婦のお二人にとっても、ご家族や大切なご友人にとっても一生思い出に残る一大イベントです。

大切な思い出のブーケをいつまでも大切に保存しておくためのご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ