ご祝儀袋の選び方&書き方としておさえておくべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Fotolia_30080582_Sお呼ばれで結婚式に出席する際にはご祝儀袋を用意する必要があります。
しかし、表袋や中袋への文字の書き方のマナーは意外と知られていないのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • ご祝儀袋の選び方
  • ご祝儀袋の書き方

など、ご祝儀袋に関するマナーについて書きました。ご参考になれば幸いです。

1、ご祝儀袋の選び方

まずはご祝儀袋の選ぶ所からです。ご祝儀袋選びにもマナーがあります。
以下の2点に注意しましょう。

(1)結婚式では水切りは結び切り!

祝儀袋祝儀袋水切りとは、表袋を一周している紐のようなものです。
これが表部分で結ばれていますが、一度結んだらほどけない結び方を結び切りといいます。

結婚式の水切りは一度くっついたら離れられないと言う意味で結び切りでなければなりません。

一方、蝶々結びはご存知の通りほどくことができます。そのため、結婚式のご祝儀の水切りとしては適切ではないとされています。ご注意下さい。

(2)中身に入っている金額に応じた袋を選びましょう!

また、できればご祝儀袋の豪華さについても中身に入っている金額に応じて決めるとよいでしょう。
具体的には、ご祝儀袋の金額と中身に入っている金額を合わせましょう。以下の通りです。

①ご祝儀が2万円以下の場合

300円未満の価格のご祝儀袋

②ご祝儀が3万円ほどの場合

300円〜500円の価格のご祝儀袋

③ご祝儀が5万円以上の場合

500円を超える価格のご祝儀袋

2、表袋の書き方は?

まずはご祝儀袋の表袋の書き方についてみていきましょう。

(1)ボールペンは使わない!

書くものについてはボールペンや万年筆は使わないようにしましょう。
毛筆や筆ペン、サインペンを使うようにしましょう。

(2)表書きの書き方について

市販のものだと最初から表書きの記載があるものがほとんどですが、もし記載がない場合、ご自身で表書きを記載する必要があります。
書き方は以下の通りです。

①記載する文字の例

記載する文字の例ですが以下の通りです。記載する文字数については奇数が基本とされています。

  • 寿
  • 御祝
  • 御結婚御祝

などです。一般的には「寿」が多いでしょう。

②「寿」「御結婚御祝」の書き方のポイント

・寿

「寿」の字は三角形の形となるよう、上部をコンパクトにし、下部を広めに書きましょう。

2014-08-25 12.20.12

・御結婚御祝

まずは「御結婚」の文字より「御祝」の文字を大きくするように意識しましょう。
具体的には写真の通り、1行目にやや小さめに「御結婚」の文字を書き、一段下げて少し大きめに「御祝」の文字を書くようにしましょう。

2014-08-25 11.32.46

(3)表袋に名前を書く

次に名前を書きましょう。
名前の文字は表書きの文字より小さめに書くのが基本です。

また、御祝儀袋にご自身の名前のみを書くこともあれば、夫婦や同僚などとともにご祝儀を贈る場合には複数となることもあるでしょう。それぞれに記載方法は以下の通りです。

①一人の場合

水引きの下にフルネームを記載しましょう。

②夫婦の場合

水引きの下に夫婦の名字を記載し、その下にそれぞれの名前を記載しましょう。

③同僚らと連名で贈る場合

水引きの下に横並びで名前を記載しましょう。

④会社名を記載する場合

水引きの真下に名前を書きます。
その右に少し小さめで会社名を「株式会社」なども含めて書きましょう。

3、中袋の書き方

次は中袋の書き方について見ていきましょう。

(1)表部分の書き方

表部分ですが、金額を記載しましょう。
具体的には「金○円也」と記載します。

金額も漢数字で書きましょう。以下をご参考下さい。

漢数字の参考例
壱/弐/参/四/五/六/七/八/九/拾・十/百/千・阡/万・萬/円・圓/

(2)裏部分の書き方

裏部分については郵便番号と住所、そして名前を記載しましょう。

(3)入れるお札は上向きで揃える!

中袋に入れるお札は上向きで揃えましょう。

4、無地の短冊も重ねる

もしかしたら購入されたご祝儀袋には表書きの記載された短冊に加えて無地の短冊があるのではないでしょうか?

これは失敗した時の予備ではありません。

「喜びが重なるように」として表書きが記載された短冊に重ねるものですので、中袋を入れて水引きで閉じたら短冊を重ねるようにしましょう。

2014-08-26 07.02.42

5、袱紗(ふくさ)の包み方

最後に袱紗に包みましょう。

お祝いごとのお金を渡す際、そのお金を袱紗に包むのが礼儀になっています。袱紗に包むことでご祝儀袋の水引きが崩れることを防止できるだけでなく、先方と喜びをともにするという日本独特の礼儀の意味もあります。

(1)袱紗の色は?

お祝い事の場合、袱紗の色は赤色、朱色、エンジ色などあたりがよく用いられます。

(2)袱紗の包み方

祝儀袋袱紗は以下のように包みましょう。

  1. 右写真のように、祝儀袋を袱紗中央よりやや左の方に置く
  2. ご祝儀袋より左側を中に折り込む
  3. ご祝儀袋の上をたたみ、次に下をたたむ
  4. 右を折り裏へ折り返す。表から見ると左の上下に小さく三角形ができることになる

まとめ

今回はご祝儀袋の書き方について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ