結婚の挨拶・報告をするならどの順番がベスト?知っておきたい基本のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お二人の間で結婚が決まるとすぐにでも結婚式や新居の準備に取り掛かりたくなるものですが、その前に、必ずお世話になった方々へ結婚報告に行きましょう。

そこで今回は、結婚の挨拶に行くならどういう順番で報告に行くべきか、基本のルールやマナーをご紹介しましょう。

目次

1、結婚の挨拶で押さえておきたいベストな順番とは?

2、挨拶する前に知っておきたい!トラブル回避のためのルール

1、結婚の挨拶で押さえておきたいベストな順番とは?

お二人の間で結婚が決まると、「お互い自立した大人なのだから、親は関係なく個人の意思を尊重して二人で婚姻届を出してしまおう!」と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、結婚は本人同士だけの問題ではありません。新たに家族や親族が増えるのが結婚。これからのお付き合いを考えて、はじめの挨拶や報告はきちんとしておきたいものです。

そこで、一般的な結婚の挨拶の順番についてご紹介しましょう。

 (1)女性の両親

shutterstock_299886662

結婚の挨拶で一番初めに挨拶をした方が良いのは女性の両親です。女性の実家から男性の家に嫁ぎ、男性の籍に入るわけですから、まず女性の両親に面会のアポイントをとるところからはじめましょう。男性が結婚の承認を得られるようにきちんと挨拶しましょう。

 (2)男性の両親

女性の両親への挨拶が終わったら、次は男性の両親への挨拶です。女性が結婚相手と認められるよう、男性が仕切りながらきちんと紹介、挨拶をします。

 (3)それぞれの会社の上司や学生時代の恩師

shutterstock_235978192

両親への挨拶が終わり、結婚の承認を得られたら、今度は会社の上司への挨拶です。特に女性の場合は、今後の働き方、結婚後の書類上の手続きなどがあるため、直属上司には早めに話しておきたいですね。

また、学生時代の恩師などに結婚式でスピーチを依頼する場合にも早めに挨拶に行くようにしましょう。

 (4)それぞれの会社の同僚、友人、親族など

shutterstock_158861330-2

同僚や友人、親族には、結婚式の日取りが決まった段階(結婚式の3〜4か月前)で報告しましょう。その際に、結婚式に招待したい人には内諾を得ておくと招待状の手配が楽になります。また、親族へは両親から伝えてもらうのがベターです。

2、挨拶する前に知っておきたい!トラブル回避のためのルール

結婚の挨拶をするにあたり、挨拶をする相手に対して配慮したいマナーや暗黙のルールがあります。ここではそれについていくつかご紹介しましょう。

 (1)それぞれの両親への挨拶には手土産を持参!

男性の実家に伺うときは女性が手土産を、女性の実家に伺うときは男性が手土産を用意しましょう。手土産の相場は3,000〜5,000円前後で選ぶと良いでしょう。

 (2)実家訪問は身だしなみを整え、携帯電話はオフに!

cp03_sec02_col01_img01

出典 http://zexy.net

お互いの実家に訪問する際は、スーツやジャケットあるいは、シャツにカーディガンを合わせるなど清潔感のあるセミフォーマルで身だしなみを整えて伺いましょう。また携帯電話の電源をオフにするかマナーモードにするなど配慮も必要です。

 (3)会社での結婚報告は順番に注意!

会社での結婚報告は、上司を不快にさせないためにも、直属上司→先輩→同僚→後輩の順番で報告しましょう。

 (4)会社に今後の働き方について伝えておく

特に女性は仕事を退職するのか続けるのかなどを明確に上司に伝えておきましょう。

(5)結婚式に招待予定のゲストには日取りを伝えておく

結婚式の披露宴や二次会に招待したい友人や同僚には、早めにその意思を伝えておきましょう。逆に招待しない人に結婚式について聞かれた場合は、相手を不快にさせないように、「まだ詳しいことは決まっていない」と明言を避けるのが得策です。

まとめ

いかがでしたか。今回は、親や上司へ結婚の挨拶をする際のベストな順番についてご紹介しました。

結婚は当人同士のものなので、堅苦しい挨拶は必要ないのではないかと思われる方もおられるのは間違い。結婚後のお付き合いを見据え、はじめの挨拶や報告はきちんとしておきたいですね。今回の記事がこれからご結婚されるお二人のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ