結婚式の二次会はきっかけが満載♡出会いを引き寄せる5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の二次会にお呼ばれされると、ついつい同窓会気分で友人や同僚と盛り上がってしまい、せっかくの出会いの場を活用できないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、独身ゲストの方のために♡結婚式の二次会で出会いを引き寄せるコツをご紹介します。

1、幹事役を引き受ける

二次会で出会いを引き寄せる最もシンプルな方法は、幹事役を引き受けることです。

二次会の幹事は、新郎の友人から一人、新婦の友人から一人お願いされるのが一般的ですよね。

二次会での出会いがきっかけで結婚されるカップルは、この幹事役の二人だったというケースは意外と多いのです。

あえて、独身の男女に幹事を依頼する新郎新婦もいるくらいです。

幹事は、受付、会費の管理、余興などの進行を円滑にするために、打ち合わせをすることも多いため新郎新婦が、ある程度相性の良さそうな男女二人を幹事に選ぶからでもあるのでしょう。

しかし、幹事役に選ばれるのを待っていてはいけません。

出会いを求めるなら、自分から新郎新婦にお願いし、ぜひ幹事をさせてもらいたいとお願いしましょう。

もしも、もう一人の幹事が既婚者であったり、あまり好みではなかったりする場合には、気になるゲストの情報を上手にリサーチし、声をかけるきっかけ作りに協力してもらうという方法もありますのでチャンスをしっかり活かしましょう。

2、写真係を引き受ける

二次会の幹事がすでに別の人に決まっていた場合は、写真係に立候補しましょう。

写真係なら、いろいろなゲストに声をかけても不思議ではありませんから、気になるゲストと話をするチャンスになります。

3、同僚や友人と固まらない

結婚式の二次会は、懐かしい友人が集まるので、どうしても同窓会のような雰囲気になってしまいがちです。

そのため、友人や同僚とグループで固まってしまうことも多いのですが、出会いを引き寄せたいなら、いろいろな人と積極的に話すようにしましょう。

4、気になる人がいたら新郎新婦にサポートしてもらう

二次会当日に気になる人がいたら、新郎新婦に相手の方の情報を教えてもらったり、サポートしてもらったりするようにしましょう。

友人や同僚に気に入った人を打ち開けてしまうと、ライバルになってしまうこともありますが、新郎新婦ならすでに既婚者ですから、ライバルになることもありません。

自分たちの結婚がきっかけで新たな出会いが生まれると、新郎新婦も嬉しいもの。きっと、キューピッドとして活躍してくれるでしょう。

5、ワンクッションおいて次に繋げる

気になる人がいたら、すぐに連絡先を交換し、次に会う日を決めたいという方も多いのですが、初対面の人と二人きりで会うことに抵抗のある人は多いです。

「新郎新婦も交えて飲み会をしよう」とか「何人かで集まって遊びに行こう」など、ワンクッション置いて誘うのがおすすめです。

6、まとめ

いかがでしたか。今回は、結婚式の二次会で素敵な人との出会いを引き寄せるコツについてご紹介しました。

「二次会での出会いなんてほとんどない!」と受け身でいるとせっかくのチャンスを逃してしまいます。しかし、自分から人の役に立つことをすると、自然といろいろな人と話すきっかけができます。たとえ二次会に好みの人がいなくても、異性のゲストと親しくなることで、その方の友人を紹介してもらえるなど、チャンスを広げることも可能ですよ。人間関係を広げるチャンスでもある二次会をぜひ楽しんでください。

今回の記事が、これから結婚式の二次会に参加される独身ゲストの皆様のご参考になれば幸いです

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ