フォトウェディングinヨーロッパ おしゃれカット25選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、結婚式を行わず写真のみを残すフォトウェディングが注目を集めています。

フォトウェディングといえばハワイやグアム、アジアのリゾート地での撮影が人気でしたが、最近ヨーロッパでのフォトウェディングが人気急上昇中なんです。

そこで今回は、ヨーロッパでのフォトウェディングの魅力とおすすめ画像25選についてご紹介していきましょう。

目次

1、ヨーロッパでのフォトウェディングの魅力とは?

ヨーロッパでのフォトウェディングの魅力は、格調高い歴史的建造物や芸術性高い美術品や情緒溢れる街並みで記念撮影を行うことができる点。ステンドグラスが素敵な歴史ある教会や優美な古城、世界遺産をバックにしたカットは日本では実現できないフォトジェニックな仕上がりに。

また、ハネムーンを兼ねてヨーロッパへ行くことができるのもお得です。2000年以降通貨がユーロに統一され、ヨーロッパ内での移動も比較的簡単であるため、ヨーロッパ諸国を周遊して楽しむことができるのも、ヨーロッパでフォトウェディングを行う際の魅力です。

2、ヨーロッパでのフォトウェディングのおすすめカット25選

ここからは、ヨーロッパでのフォトウェディングのおすすめシーン25選をご紹介していきます。

(1)ミケランジェロ広場をバックに(イタリア/フィレンツェ)

20

出典 http://www.world-laviephoto.com

(2)二人で仲良くイタリアンジェラート(イタリア/フィレンツェ)

04

出典 http://www.world-laviephoto.com

(3)無邪気に遊ぶ二人(イタリア/フィレンツェ)

17

出典 http://www.world-laviephoto.com

(4)モノトーンがクラシカルなエッフェル塔と新郎新婦(フランス/パリ)

01

出典 http://www.world-laviephoto.com

(5)夕焼けに染まるセーヌ川とエッフェル塔を背景に(フランス/パリ)

c8d2eb8e5790c59bdb6114b8f755c5f3bebaf2800631107001421153508.800x600

出典: https://www.photorait.net

(6)街並みの雰囲気にもピッタリの新郎新婦(フランス/パリ)

03

出典 http://www.world-laviephoto.com

(7)ロンドンのシンボル時計台と新郎新婦(イギリス/ロンドン)

04-2

出典 http://www.world-laviephoto.com

(8)まるで映画の主人公のようなロマンチックなお二人(イギリス/ロンドン)

10

出典 http://www.world-laviephoto.com

(9)ロンドンでナイトデート(イギリス/ロンドン)

09出典 http://www.world-laviephoto.com

(10)水の都ヴェネツィアの水上ボートにて(イタリア/ヴェネツィア)

05

出典 http://www.world-laviephoto.com

(11)水の都ヴェネツィアの運河と空と新郎新婦(イタリア/ヴェネツィア)

08

出典 http://www.world-laviephoto.com

(12)ヴェネツィアの広場で(イタリア/ヴェネツィア)

15

出典 http://www.world-laviephoto.com

(13)空と町と新郎新婦(イタリア/アマルフィ)

01-2

出典 http://www.world-laviephoto.com

(14)カラフルなアマルフィの街並みと新郎新婦(イタリア/アマルフィ)

12

出典 http://www.world-laviephoto.com

(15)夕焼けに染まるビーチでダンス(イタリア/アマルフィ)

18

出典 http://www.world-laviephoto.com

(16)バルセロナの街並みと新郎新婦(スペイン/バルセロナ)

06

出典 http://www.world-laviephoto.com

(17)赤いドレスが情熱的!夕焼けの公園でロマンチックデート(スペイン/バルセロナ)

20-2

出典 http://www.world-laviephoto.com

(18)バルセロナのビーチ沿いで(スペイン/バルセロナ)

10-2

出典 http://www.world-laviephoto.com

(19)プラハの旧市街広場にて(チェコ/プラハ)

01-3

出典 http://www.world-laviephoto.com

(20)ニコラス教会と新郎新婦(チェコ/プラハ)

04-3

出典 http://www.world-laviephoto.com

(21)モルダウ川でデート(チェコ/プラハ)

12-2

出典 http://www.world-laviephoto.com

(22)カレル橋からの夜景をバックに(チェコ/プラハ)

20-3

出典 http://www.world-laviephoto.com

(23)ウェディングドレスと青い空のコントラストが素敵なカット(ギリシャ/サントリーニ島)

cached

出典 http://spotlight-media.jp

(24)夕日の沈むエーゲ海をバックに(ギリシャ/サントリーニ島)

cached-2

出典 http://by-s.me

(25)街全体が教会のようなサントリーニ島でのシーン(ギリシャ/サントリーニ島)

cached-3

出典 http://by-s.me

3、ヨーロッパでのフォトウェディングのおすすめ地域11選

ここからは、ヨーロッパでのフォトウェディングのおすすめ地域についてご紹介していきます。

(1)イタリア/フィレンツェ

イタリアのフィレンツェは、街全体が世界遺産に登録されており、ルネッサンス時代の都であるとされています。

野外美術館とも称されるフィレンツェでのフォトウェディングは、撮影場所を選ばずどこで撮影をしても芸術的な写真を撮ることができます。

(2)イタリア/ヴェネツィア

水の都と呼ばれているイタリア、ヴェネツィアでのフォトウェディングです。

ヴェネツィアでは車が一切走っておらず、どこまでも続く運河で撮影をすることで、ロマンチックなフォトウェディングを経験することができます。

(3)イタリア/アマルフィ

イタリアのアマルフィは、南イタリアを代表するバケーションスポットでもあります。

映画「アマルフィ」の撮影場所になったことから、多くの日本人にも知られカップルにも大変人気のスポットになったそうです。

(4)イタリア/マルタ島

イタリアのマルタ共和国は、地中海のほぼ真ん中に浮かぶ島です。

マルタ島には数多くの古代遺跡があり、1964年まで英国統治下にあったことからイタリア語のほかに英語を話せる人が多いことでも知られています。

マルタ島はヨーロッパの中でも人気の地中海リゾートで、青い海と古く歴史のある街並みの中で思い出の写真撮影をすることができます。

(5)フランス/パリ

フランスの首都、パリは、歴史的建造物をはじめ、公園や街並み、ファッションなどにおいて、歴史と芸術性を感じさせる佇まいを味わえます。

(6)フランス/モン・サン=ミッシェル

フランス西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ小島で、世界遺産として登録されているフランスのモンサンミッシェル島でのフォトウェディングは格別の仕上がりが期待できるでしょう。

モンサンミッシェルには島と同じ名前の修道院があり、カトリックの巡礼地の一つとしても有名です。

島内には多くの観光スポットがあり、中世の街並みの面影や歴史を感じることができます。

(7)スペイン/バルセロナ

ガウディ建築と歴史的な街並みが有名なスペインのバルセロナ。

中でも観光名所として名高いガウディのサクラダ・ファミリアは、着工から130年経った現在でも未完成の教会として知られています。

(8)ギリシャ/サントリーニ島

エーゲ海のキクラデス諸島南部に位置するギリシャ領の島、サントリーニ島。

白を基調とした町並みは、朝と夕方は太陽の光に照らされ、夜はライトアップされてとても幻想的。

(9)チェコ/プラハ

チェコ共和国の首都であるプラハ。

東ヨーロッパ有数の世界都市で、中世の面影を色濃く感じる古い町並みと建物が幻想的な雰囲気を演出してくれる街です。

(10)イギリス/ロンドン

イギリスの首都であるロンドンで。

ロンドンの言語は英語なので日本人にとってはコミュニケーションがとりやすく、比較的治安もよいです。時計台をはじめとする多くの観光名所もあるため大変人気の地域です。

(11)ルーマニア/ブラショフ

ルーマニアトランシルヴァニア地方に位置し、第2の都市と呼ばれているブラショフ。

ブラショフには吸血鬼ドラキュラの舞台となったブラン城や、1869年にハプスブルクの軍隊に攻められた際に火事で壁が黒くなったことから名付けられた黒い教会など、古き良きヨーロッパの面影が多く残されています。

秋には紅葉がとても美しく、ブラショフの街は全てオレンジ色の屋根で統一されているため、山の上からの撮影もおすすめです。

4、ヨーロッパでフォトウェディングを行う際のおすすめ予約先

ヨーロッパでフォトウェディングを行う際のおすすめ予約先をご紹介していきます。

(1)WORLD LOCATION PHOTOWEDDING

サイトURL:http://www.world-laviephoto.com

「世界中、撮りたいと思ったところで撮影ができるようにしたい」という思いから生まれたフォトウェディングの専門撮影会社です。

国内・国外で年間3万組の撮影実績を誇るラヴィ・ファクトリーが運営し、世界各国に拠点を構えているため安心して現地での撮影を依頼することができます。

(2)MOONSHELL(ムーンシェル)

サイトURL:http://wedding-collection.jp

世界の絵になる景色を背景に、ウェディングドレスで記念撮影を行いたいという方のためのツアー会社です。

国内外の旅行およびブライダル事業の展開もあるので、海外での撮影や旅行チケットの手配なども安心して依頼することができます。

(3)H.I.S.

サイトURL:http://www.his-wedding.com

大手旅行会社H.I.S.が手掛けるヨーロッパフォトウェディングの企画です。

H.I.S.のフォトウェディングは、ブーケやヘアメイクがセットになっているお手軽でお得なフォトプランも豊富に揃っているのが特徴です。

5、ヨーロッパでフォトウェディングを行う際に注意すべきポイントとは?

ヨーロッパでフォトウェディングを行う際に注意すべき4つのポイントについてご紹介していきます。

(1)気候に注意

ヨーロッパはどの国も5月~9月は過ごしやすい気候ですが、地中海沿岸と内陸、北部と南部とでは気候の差があります。

渡航前には事前に渡航先の気候について調べていくようにしましょう。

(2)時差に注意

イギリスは日本よりマイナス9時間、そのほかフランス、ドイツ、スイス、イタリア、スペインはマイナス8時間の時差があり、さらに4月~9月はサマータイムでマイナス7時間の時差があります。

ヨーロッパでも渡航する時期や場所によって日本との時差が異なるため、渡航前に渡航先と日本との時差を調べた上で、現地でも時間を合わせるようにしましょう。

(3)言語に注意

ヨーロッパでは、イギリスやアイルランドは英語が母国語ですが、その他のほとんどの国がそれぞれ母国語を使用しており、スイスとドイツ以外のヨーロッパ諸国ではホテルやレストランを除いて、一般的に英語を話す人が少ないとされています。

そのため、ヨーロッパへ行く際にはガイドブックなどを利用し、訪問したい国のよく使う現地の言葉を事前に調べておくことをおすすめします。

(4)通貨に注意

一般的にヨーロッパ諸国の共通通貨はユーロですが、イギリスはポンド、スイスはスイスフランが通貨として使用されています。

ヨーロッパ諸国をいくつかまわろうとお考えの方は、事前に訪問したい国で使用されている通貨や物価について調べておくようにしましょう。

まとめ

これまで、ヨーロッパでのフォトウェディングについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

どのような雰囲気の写真を撮影したいのか、テーマやイメージを考えた上で、撮影会社または旅行会社の方々と相談しながら訪問したい国や地域を決めることをおすすめします。

今回のこの記事が、ヨーロッパでフォトウェディングを行う際のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ