絶対に間違いたくない!結婚式席次表のカテゴリー別♡肩書き例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の席次表に記載する肩書き、関係性によってはどのように記載したらいいのか、肩書きのマナーは初めてだとわからないことも多いですよね。

結婚式の席次表に記載する肩書きは、ゲストの方々に結婚式を気持ちよくまた楽しく過ごしてもらうためにも絶対に間違いたくないものです。

そこで今回は、結婚式の席次表に記載する肩書き例を詳しくご紹介します。

1、結婚式での席次表の肩書きとは?

結婚式の席次表では、ゲストが新郎新婦とどういう間柄なのか、ゲストの立場を表す「肩書き」を記載するのが一般的です。

肩書きには様々な記載方法がありますが、大きく分けて、

「勤務先などの職場名・場所名+新郎新婦との間柄」と

「新郎新婦との間柄のみ」の2パターンがあります。

ゲストの方の肩書きを記載する方法は、両家で統一するようにしましょう。

2、結婚式での席次表の肩書き例

一般的に結婚式での席次表の肩書きでは、「新郎会社上司」や「新婦大学友人」など「場所+新郎新婦との間柄」を記載するか、「新郎友人」や「新婦知人」など「新郎新婦との間柄のみ」を記載する方法があります。

続いて、職場・友人・親族など、カテゴリーごとに肩書き例をご紹介します。

(1)職場関係者

職場関係者の方の場合、社会的に地位の高い立場のゲストには、「会社名・部署・役職・ゲスト名」の順で席次表に記載をします。

代表取締役以外の方は、「会社名と役職名」は記載しなくてもOKです。

また、職場の後輩は「後輩」と記載するのは失礼に当たります。後輩であっても「同僚」と記載するようにしましょう。

会社名を記載する際の注意点は、株式会社または有限会社を(株)や(有)などと略して記載せず、役職に間違いがないかどうかもしっかりと確認をしましょう。

会社名が長い場合にも省略せず、正式名称を記載するのがマナーですが、ゲストご本人に了承を得た場合は省略する場合もあります。

更に、勤務先が病院や市役所などの場合には、「会社」ではなく「職場」と記載するようにしましょう。

①会社社長

・株式会社〇〇代表取締役 ______様 / 株式会社〇〇取締役社長 ______様

②勤務先上司

・株式会社〇〇 〇〇部 部長 ______様 / 新郎(新婦)会社上司 ______様

③勤務先先輩

・株式会社〇〇 〇〇部 役職名 ______様 / 新郎(新婦)会社先輩 ______様 /新郎(新婦)先輩 ______様

④勤務先同僚または後輩

・株式会社〇〇 〇〇部 役職名 ______様 / 新郎(新婦)会社同僚 ______様

⑤新郎新婦の現勤務先を退職した同僚

・新郎(新婦)会社元同僚

⑥新郎新婦の元勤務先の同僚

・新郎(新婦)元会社同僚

(2)友人関係

友人との関係性を表す際には、「新郎(新婦)友人」で統一するのもおすすめですが、「新郎(新婦)大学友人」などいつの時代の友人か記載しておくと他のゲストにも関係性がわかりやすくなります。

また、ゲストが学生時代の後輩であっても「新郎(新婦)友人」と記載するのがマナーです。

①学生時代の先輩

・新郎(新婦)大学先輩 ______様

・新郎(新婦)高校先輩 ______様

・新郎(新婦)中学先輩 ______様

②学生時代の同期または後輩

・新郎(新婦)大学友人 ______様

・新郎(新婦)高校友人 ______様

・新郎(新婦)中学友人 ______様

③幼なじみ

・新郎(新婦)幼なじみ ______様

④その他知り合い

・新郎(新婦)友人 ______様 /  新郎(新婦)知人 ______様

(3)親族関係

親族関係の肩書きについては、それぞれのご両親に肩書きの最終確認をしておくと安心ですね。

①両親

・新郎(新婦)父 / 新郎(新婦)母

②兄弟姉妹

・新郎(新婦)兄 /新郎(新婦)姉

・新郎(新婦)弟 / 新郎(新婦)妹

③兄または姉の配偶者 (年齢に関係なく関係性を記載します)

・新郎(新婦)義兄 / 新郎(新婦)義姉

④弟または妹の配偶者 (年齢に関係なく関係性を記載します)

・新郎(新婦)義弟 / 新郎(新婦)義妹

⑤兄弟姉妹の子供

・男の子の場合:新郎(新婦)甥 / 女の子の場合:新郎(新婦)姪

⑥祖父母

・新郎(新婦)祖父 / 新郎(新婦)祖母

⑦祖父母兄または姉

・新郎(新婦)大伯父 / 新郎(新婦)大伯母

⑧祖父母弟または妹

・新郎(新婦)大叔父 / 新郎(新婦)大叔母

⑨両親の兄または姉 (年齢に関係なく関係性を記載します)

・新郎(新婦)伯父 /  新郎(新婦)伯母

⑩両親の弟または妹 (年齢に関係なく関係性を記載します)

・新郎(新婦)叔父 / 新郎(新婦)叔母

⑪年上のいとこ

・新郎(新婦)従兄 / 新郎(新婦)従姉

⑫年下のいとこ

・新郎(新婦)従弟 / 新郎(新婦)従妹

⑬年上のいとこの配偶者

・新郎(新婦)従兄 / 新郎(新婦)従姉

⑭年下のいとこの配偶者

・新郎(新婦)従弟 / 新郎(新婦)従妹

⑮いとこの子供

・男の子の場合:新郎(新婦)従甥

・女の子の場合:新郎(新婦)従姪

⑯両親のいとこの子供

・新郎(新婦)再従兄 / 新郎(新婦)再従姉

・新郎(新婦)再従弟   / 新郎(新婦)再従妹

⑰その他親戚

・新郎(新婦)親戚

(4)その他肩書き

学校の先生の肩書きを記載する場合には、学校名を記載するのもおすすめです。

また、お子様ゲストの肩書きは年齢にもよりますが、「〇〇くん」「〇〇ちゃん」と記載するカップルも近年増えてきているそうです。

①ゲストの奥様

・同令夫人 ______様 / ______様令夫人

②ゲストのご主人様

・同御夫君 ______様 / ______様御夫君

③ゲストのお子様

・同お子様 ______様 /______様お子様

・男の子:同御子息 ______様 / 女の子:同御令嬢 ______様

④ご近所の方など

・新郎(新婦)父母友人 ______様

・新郎(新婦)知人

⑤学生時代の先生

・新郎(新婦)恩師 ______様

・新郎(新婦)大学恩師 ______様

・新郎(新婦)高校恩師 ______様

・新郎(新婦)中学恩師 ______様

・まとめ

これまで、結婚式の席次表に記載する肩書きについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

席次表に記載する肩書きは、ゲストの皆さんにも結婚式を気持ちよく、楽しく過ごしてもらうためにもとても重要なポイントです。

疑問点や気になる点、間違いがないかどうかをウェディングプランナーと一緒に確認するのもおすすめです。

今回の記事が、結婚式の準備がスムーズに進むお役に立ちますように。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ