プロポーズを成功させる方法としておさえておくべき7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Man giving a ring woman, love, couple, date, wedding - concept結婚を決意し、いよいよプロポーズ!でも一体いつ、どこで、どんな言葉で思いを告げればうまくいくのでしょうか?

今回は、彼女がにっこり笑って「はい」と返事をくれるような大成功に繋がるプロポーズの方法をお伝えしていきます。ご参考になれば幸いです!

目次

1、まずは自信を持って!プロポーズが断られる割合は少ない!

2、プロポーズに適したタイミングは?

3、こんなプロポーズは避けたい!失敗を招くプロポーズは?

4、プロポーズを成功に導く言葉

5、プロポーズでおすすめの場所

6、サプライズプロポーズ方法

7、プロポーズが成功したら婚約指輪を!婚約指輪の相場と選び方

1、まずは自信を持って!プロポーズが断られる割合は少ない!

以下の通り、ゼクシィのアンケートによるとプロポーズを受けた人の94%が即答でOKしたと回答しています。5%の人が熟考した結果OKで、合計99%の人がプロポーズを受理しています。断ったのはわずか1%という結果。

スクリーンショット 2014-08-14 16.26.56

出典:zexy.net

このように、基本的にプロポーズは成功しているようです。

2、プロポーズに適したタイミングは?

同じプロポーズでもされるタイミングによって心象がかなり変わるもの。では、女性が期待している、もしくは憧れているプロポーズのタイミングとはいつなのでしょうか?

(1)付き合い始めた記念日

2人が恋人となった記念すべき日に結婚を申し込まれるのは全女性の憧れ。2人の思い出の場所でプロポーズもロマンチックですよ。

(2)出会った記念日

男性が覚えていてくれたというだけで、女性のテンションは最高潮。さらに、出会った場所で結婚を申し込まれれば、感動も一入です。

(3)誕生日・クリスマス

女性が『プロポーズされるかも…?』と期待を抱いているアニバーサリー。期待に応えてプロポーズすれば、これ以上嬉しいプレゼントはありません。

その他、こんなタイミングもおすすめ。詳しくは「プロポーズのタイミングは? プロポーズを成功させるために知っておきたいこと」をご参照ください。

3、こんなプロポーズは避けたい!失敗を招くプロポーズは?

(1)言われて渋々プロポーズ

煮え切らない男性に、痺れを切らした女性が結婚を迫った結果、『今言おうと思ってた』『じゃあ、そろそろ結婚しようか』といったあまりにもムードに欠く返答は、少なからず結婚に夢を抱く女性を幻滅させます。

結婚後も根に持たれたり、喧嘩の度に『やっぱり私と結婚したいわけじゃなかったんだ』と女性が疑心暗鬼になったりと、禍根を残しますよ。

(2)できちゃった婚

今では珍しくない授かり婚ですが、「妊娠が分かったから結婚する」は、あまりにも事務的。前述同様、『もし妊娠してなかったら結婚してなかったの!?』と女性を不安にさせます。妊娠は結婚のきっかけ。妊娠があろうがなかろうが、彼女と共に生きて行くつもりだったという意思表示をしましょう。

(3)寒い、暑い、悪天候プロポーズ

どれだけ感動的な言葉でプロポーズされたとしても、ムードをぶち壊す天候では、気もそぞろで愛の囁きどころではありません。

うだるような夏の屋外、寒さに凍えるレジャー中、強風で髪や衣服が乱れる上に声が聞こえづらい、など集中して話ができない状況下では、嬉しいリアクションも取れず、余韻に浸る事もできません。

(4)電話でプロポーズ

遠距離恋愛ならともかく、会える距離なのに電話でのプロポーズは少々味気なくてがっかり…。大切なことなので、直接伝えてほしいもの。気恥ずかしいのも分かりますが、一生に一度のことなのでここはビシッと目を見て思いを告げましょう。

(5)プロポーズ無し

大人のカップルに多いのですが、『言わなくても分かるだろう』という雰囲気を男性が醸し出し、(実際には醸し出したつもり、に過ぎません)気がついたら新生活に向けて準備が始まっていた、というパターン。

女性からすると、はっきり言われたわけではないのでリアクションや段取りに困りますし、ムード0なのでテンションの上げ時に戸惑います。

男のけじめとしてプロポーズをし、足並みそろえて未来に向かっていきましょう。

4、プロポーズを成功に導く言葉

(1)「僕と結婚してください」

直球の男らしいプロポーズ。この言葉を真剣に告げられて、嬉しくない女性はいません!自分が彼の、運命の女性になれた幸福感で満たされることでしょう。

(2)「これからは、デートのあと同じ家に帰ろう」

デートの別れ際にさりげなく言われると、思わず彼を2度見してしまうインパクトのあるプロポーズ。温かみがあり、女性はじわじわと喜びがこみ上げてきます。

(3)「名字、お揃いにしない?」

お揃いのアクセサリーなどを探している買い物中にさらりと言うと効果覿面!高価なジュエリーも見劣りするほど、最高のサプライズ・プレゼントになります。

 (4)「これ、今度着てみれば?」

自宅でさりげなくウエディングドレスのパンフレットを見せながらの一言。彼女は驚きと喜びで2度びっくり!憧れのドレスで女性のテンションは最高潮に。

(5)「毎朝、僕にお味噌汁を作らせてもらえませんか?」

料理男子の癒し系プロポーズ。女性がバリバリのキャリアウーマンや料理が苦手な人だった場合、優しさに溢れたこの言葉にキュンとしてしまうこと必至です。

その他、女性が『YES!』と言いたくなるプロポーズの名台詞は「プロポーズを成功に導く言葉30選!」をご参照下さい。あなたらしい勝負メッセージに、お役立に立てれば幸いです。

5、プロポーズでおすすめの場所

(1)夜景が綺麗な場所

ロマンティックで2人のムードが自然と盛り上がる、プロポーズの定番スポット。女性からの支持も高いので、プロポーズの場所に悩んでいる方は第一候補にすると良いでしょう。

ただし、天候によっては魅力が半減してしまうリスクも伴いますので留意してください。

(2)教会

あまり知られていませんが、意外と素敵なのは教会でのプロポーズ。基本有料サービスで、礼拝堂を貸し切ることができます。讃美歌などの演出もあり、荘厳で神聖な空気の中、愛を誓うことができますよ。

(3)公園

家族や子供連れが多いので、二人の未来を想像しながら、温かいプロポーズが実現。ナチュラルなカップルにおすすめです。ただし、女性がサプライズ・プロポーズを期待していた場合は、がっかりさせてしまう可能性もあるのでご注意を。

その他、プロポーズを成功させるおすすめスポットは「プロポーズをする際の参考に!オススメの場所8選」をご参照下さい。

6、サプライズプロポーズ方法

感動のプロポーズで彼女を喜ばせたいという粋な男性は、サプライズプロポーズで彼女を驚かせてはいかがでしょうか?

(1)憧れの高級レストランで、立膝ついて直球プロポーズ

夜景のきれいな雰囲気満点のおしゃれレストランでディナーを楽しむ二人。そこで花束を差出し、立膝ついて「僕と結婚してください」と男らしくストレートにプロポーズ!感極まった彼女に、ダメ押しの婚約指輪を差し出せばパーフェクトです。

なお、プロポーズに適したレストランをお探しの方は「プロポーズにも適した憧れレストラン!夜景10選&個室10選(東京編)」をご参考下さい。

(2)ご両親のサイン入り婚姻届をプレゼント

今すぐにでも結婚したいと思っている、大人の彼女におすすめです。彼女のご両親に結婚を申し出、証人欄にサインしてもらいます。ご両親にとってもサプライズですが、婿の行動力は頼もしい限り。

日常の何気ないやり取りの中で渡せば、ビッグサプライズ間違いありません。

(3)記念日にWサプライズ!ムード満点のホテル泊&バルーンデコレーション

彼女のお誕生日や2人の記念日に高級ホテルで食事を楽しみ、デザートと見せかけてボーイが運んできたのはなんとルームキー。想定外の宿泊に驚く彼女を連れていざ部屋に。扉を開けると、そこにはお部屋いっぱいのバルーンが!とことん気障にシャンパンも用意し、『これからもずっと一緒に誕生日を祝いたい』とプロポーズすれば、極上の幸せに酔うこと必至です。

その他、とっておきのサプライズプロポーズは「場所は? タイミングは? 感動を呼ぶサプライズプロポーズ事例7選」をご参照ください。

7、プロポーズが成功したら婚約指輪を!婚約指輪の相場と選び方

(1)婚約指輪の相場

かつては給料の3ヶ月分などと言われていた婚約指輪のお値段ですが、実際の相場はどのくらいなのでしょうか。「ゼクシィ結婚トレンド調査2014(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)」の調査によると、全国平均で33.3万円という結果。一昔前と比較すると、相場にも変化が起こっているようです。

(2)婚約指輪の選び方のポイント

婚約指輪を選ぶ際、

  • 宝石の素材や材質
  • 宝石のカラーやクラリティなどの質
  • リングの素材
  • 指輪のデザイン(スタイル)

といった観点で、複数の指輪を見比べてみましょう。上記は指輪の外観に関わるものですが、自分が実際に使うシーンを想定した使い安さも鑑みて決定するのがよいでしょう。

詳しくは「プロポーズのタイミングで! 相場など婚約指輪について知っておくべき9つのこと」をご参考になさってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あなたの株がぐんと上がる最高のプロポーズをキメてもらうための参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ