2倍楽しめちゃう!季節のイベントと一緒に行う結婚式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式をやる時にクリスマスなどイベントごとのある日の近くなら、オススメなのがそのイベントを結婚式でも取り入れることです。

イベントを絡めることでテーマを決めやすくなりますし、ゲストにイベントに関するものを身に着けてもらったりすれば会場も一体感ができますよ。

今回は季節のイベントを取り入れた結婚式の飾り付けなどをご紹介します。

1.バレンタイン

(1)チョコレート色のテーブル装飾

出典:http://www.bellevie-blog.com/

まるでチョコレートに飾り付けをしているかのような、チョコレート色のテーブルクロスがとてもオシャレ。

チョコレート色に赤がとても映えており、大人っぽいステキなテーブルコーディネートですね。

(2)チョコレートファウンテン

出典:http://www.mwed.jp/

デザートをブッフェにしてチョコレートファウンテンを楽しんでもらうのもステキです。

チョコレートファウンテンはカラフルなフルーツたちが並び、流れるチョコレートと見た目だけでもとても華やかさがでますよ。

(3)プチギフトにチョコレート

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

プチギフトをチョコレートにして、ゲストにステキなバレンタインになるようにと願いを込めて配るのもいいでしょう。

2.ひな祭り

(1)ひな祭りケーキ

出典:http://zexy.net/

お雛様がケーキの上に座っていてとても可愛らしいですね。

ゲストも喜んで写真を撮ってくれそうです。

(2)桃の花

出典:http://zexy.net/

装花を桃の花にしてもとても可愛らしく仕上がります。

3.イースター

(1)ウェルカムスペースにイースターエッグ

出典:http://www.diyinspired.com/

ウェルカムスペースにイースターエッグを飾ってカラフルに。

見ているだけでワクワクしちゃいませんか?

(2)イースターエッグの様な風船

出典:http://zexy.net/

高砂の装花の中にポップな風船を入れてイースターエッグの様に可愛らしく飾り付けるのもオススメ。

(3)うさぎモチーフのナプキン

出典:http://brideal.jp/

ナプキンをうさぎ型に飾り付けてもらうのもステキですね。

一緒にテーブル装飾に卵を使うとイースター感がアップしますね。

4.ハロウィン

(1)ハロウィンナイトウェディング

出典:http://www.p-d-grazie.com/

こんなナイトウェディング、見てるだけで楽しくなっちゃいますね!

ハロウィンパーティーをやる機会がないゲストも喜んでくれるのではないでしょうか。

(2)ドレスもハロウィン仕様に

出典:https://blogs.cms.zexy.net

新郎新婦がノリノリなのが伝わらないとなかなかゲストも楽しみきれないですよね。

いっそドレスもハロウィン仕様にしてみては?

(3)ゲストも仮装

出典:http://www.hassho-en.co.jp/

ゲストに簡単なものでもいいので、仮装アイテムを身につけるというドレスコードにしてしまうのも楽しいですね。

5.クリスマス

(1)クリスマスっぽいキャンドル

出典:http://zexy.net/

ゴールドのキャンドルってとてもクリスマスっぽくないですか?

キャンドルに真っ赤なバラがとてもロマンチックですね。

(2)大きな赤いリボンがついたテーブル装花

出典:http://zexy.net/

テーブル装花に大きなリボンをつけて、クリスマス感をアップ。

(3)お色直しでサンタとトナカイに

出典:http://www.rakukon.com/

クリスマスをテーマにしているカップルは、お色直しはやはり赤いカラードレスを着ることが多いようです。

そして新郎はトナカイ役として一緒に登場。

しっかりコスプレしなくても、ちょっと帽子を被ったりカチューシャをつけて雰囲気を盛り上げると楽しめます。

季節のイベントと一緒に行う結婚式まとめ

いかがでしたか?

とても楽しそうだと思いませんか?

注意点としては、結婚式はイベント当日は避けて少し前倒しで行えば、ゲストも家族や友人とイベントの予定が立てられますし、前倒しなら今更感もでませんよ。

経験を生かして皆様に役立つ情報を発信できるように頑張ります。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ