美し過ぎる日本髪!「綿帽子」と「角隠し」の魅力を徹底紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

和装ウェディングに洋髪を合わせる方も多くいらっしゃいますが、やっぱりお嫁さんといえば「和装×日本髪」ですね。

日本髪を合わせた伝統的な純和風のスタイルも近年人気です。

今回は、白無垢や打掛けに合わせたい、「綿帽子」と「角隠し」をご紹介します。

  • ※トップ画像:cowardlion / Shutterstock.com

目次

1、日本髪の「綿帽子」と「角隠し」

2、奥ゆかしい「綿帽子」

3、華やかな「角隠し」

1、日本髪の「綿帽子」と「角隠し」

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

出典:http://yawata-no-mori.com/

日本髪で伝統的なものには、「綿帽子(写真左)」と「角隠し(写真右)」があります。

「綿帽子」は白無垢にだけ合わせることができますが、「角隠し」は白無垢、打掛けどちらにも合わせることができます。

なお、ウェディングベールと同様、どちらも挙式時のみ付けるもので、披露宴では外すのが一般的です。

2、奥ゆかしい「綿帽子」

(1)「綿帽子」とは?

「綿帽子」は文金高島田を結った頭の上に、額まですっぽりと覆いかぶせる布で、白無垢の和装スタイルのみに合わせることができるものです。

「綿帽子」は、室町時代後期以降、女性が外出する際の埃除けや防寒具として用いられていたもので、現代になり婚礼にも用いられるようになりました。「綿帽子」には挙式が終わるまで、花嫁は新郎以外の人には顔を見られないようにという意味が込められ、初々しさや奥ゆかしさの象徴となっています。

綿帽子

出典:http://blog.himiphotography.jp/

(2)美しい「綿帽子」コレクション5選

「綿帽子」といえば純白の布のイメージがありますが、素材やデザインも多様化しています。

①白無垢とお揃いの赤い縁の綿帽子

スクリーンショット 2015-11-13 10.11.01

出典:https://instagram.com/

②真っ赤な綿帽子

スクリーンショット 2015-11-13 10.12.59

出典:https://instagram.com/

③ベールのような綿帽子

mainimage

出典:http://www.oita-venus.net/

④刺繍入りの綿帽子

5O8I6467

出典:http://voice-waso.sblo.jp/

⑤柔らかい印象の絹の綿帽子

140624(F)_463s

出典:http://www.kitatoku.co.jp/

綿帽子は白無垢にだけ合わせることができる特別なものです。綿帽子で初々しく奥ゆかしい花嫁姿を演出してみてはいかがでしょうか?

3、華やかな「角隠し」

(1)「角隠し」とは?

「角隠し」とは、花嫁が文金高島田と呼ばれる日本的な高い髷を結った髪の上に被る帯状の幅の広い布のことで、角を隠して夫に従順になるという意味があるとされています。白無垢・色打掛のどちらの和装スタイルにも合わせることができます。

o0800053312980913761

出典:http://ameblo.jp/

(2)美しい「角隠し」コレクション5選

白無垢、色打掛の色打掛それぞれに合う角隠しをご紹介します。

①白無垢姿に純白の角隠し

5.4

出典:http://www.bridal-nagano.com/

②色打掛に純白の角隠し

irouchikake_slide01

出典:http://wedding.kyoyamato.com/

③黒引き振袖×ピンク色の角隠し

IMG_0478

出典:http://www.hatsuko-endo.co.jp/

④黒引き振袖×刺繍入りの角隠し

IMG_8263-240

出典:http://simomiya.naganoblog.jp/

⑤ 和紙で作られた角隠し

090417b

出典 :http://wadayome.blog88.fc2.com/

「角隠し」は、華やかな簪と合わせることで、凛とした風格ある雰囲気を醸し出してくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?奥ゆかしい雰囲気を醸し出す「綿帽子」、華やかな「角隠し」、どちらも素敵ですよね。和装婚を希望されている方の、ご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ