女性ゲスト必見!結婚式二次会で気を付けたいタイツのマナーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の二次会に呼ばれ、招待状に「平服でお越しください」と書かれているのをよく目にしますが、実際にはフォーマルもしくはセミフォーマルな服装で参加される方がほとんどで、ドレスコードは悩みがち。

特に迷うのはタイツのマナーについて。どこまで地厚にしていいのか、柄やスートンなどのあしらい、網タイツのように形状に特徴のあるものがどこまで許容されるか迷うものですが、一般的な回答としては、結婚式や二次会を行うようなフォーマルな場において、厚手のタイツはふさわしくないとされており、薄手のストッキングが基本とされています。

そこで今回は、結婚式二次会で女性におすすめのタイツ(ストッキング)についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

目次

1、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)デザイン12選

2、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)ブランド5選

3、結婚式二次会での女性の服装のマナーは?

4、ストッキングとタイツの違いとは?

1、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)デザイン12選

ここでは、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)デザイン15選をご紹介していきます。

(1)黒でもOK。ラメ糸を使用した上品なラメストッキング

01

出典 http://www.femozione.com

(2)レース調のエレガントな花柄ストッキング

02

出典 http://www.femozione.com

(3)黒のストッキングにワンポイントの花柄が大人っぽいストッキング

03

出典 http://www.femozione.com

(4)繊細な柄のラインがストライプとなり、足が細く見える美脚タイツ

04

出典 http://www.femozione.com

(5)コースターの柄をモチーフにした大胆かつ落ち着いたデザインのストッキング

07

出典 http://www.femozione.com

(6)濃すぎずエレガントな印象のシンプルストッキング

03-2

出典 http://www.femozione.com

(7)カラフルなドット柄がかわいいストッキング

000009936_01

出典 https://tabio.com

(8)アンクレットチェーンが素敵なシンプルストッキング

011900029_01

出典 https://tabio.com

(9)パールとリボンのついた可愛らしいデザインのストッキング

011900027_01

出典 https://tabio.com

(10)花柄ストッキング

000009907_01

出典https://tabio.com

(11)ストッキングと同色で施された刺繍がキュートなストッキング

6SEH02_01

出典 http://exhale.jp

(12)さりげなくラメの入った生地に花の刺繍が施された上品なデザイン

5191_thum

出典 http://frantica.jp

2、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)ブランド5選

ここでは、結婚式二次会でのおすすめタイツ(ストッキング)ブランドを5つご紹介します。

(1)Tabio

スクリーンショット 2016-02-25 21.27.27

URL:http://www.tabio.com/jp/

靴下の専門店のオンラインショップです。

タイプ別に靴下が豊富に揃い、利用者それぞれの悩みに合わせて靴下を選ぶことができます。

(2)femozione

femozione

URL :http://www.femozione.com

「上品なエレガント」をテーマに、高級感のある大人っぽいデザインのブランドです。

女性らしい上品なデザインは、女性の魅力を最大限に引きでしてくれます。

(3)Jelaime

スクリーンショット 2016-02-25 21.34.16

URL:http://www.jelaime.jp/

大手レッグウェアメーカー「ATSUGI」のコンセプトブランドです。

「フレンチ&フェミニン」のコンセプトの元、結婚式の二次会にもピッタリの豊富なデザインのストッキングがあります。

(4)exhale

exhale

URL:http://exhale.jp/

美しく進化し続ける女性に向けて、国内最高級レッグウエアを揃えています。

派手すぎない上品なデザインで、人とは一味違うスタイリングを演出してくれます。

(5)FRANRICA

FRANRICA

URL:http://frantica.jp/

「大人フェミニン」をテーマにしたストッキングのブランドです。

様々なテーマで作られたストキングは、シーンごとに活用することができ、大変人気です。

3、結婚式二次会での女性の服装のマナーは?

結婚式二次会での女性の服装のマナーとは?

結婚式二次会での女性の服装のマナーは、二次会が行われる会場のグレードや会費によって異なります。

二次会の会場は大きく分けて、3つに分けられます。

1つめは結婚式場やホテルなどのフォーマルな会場、2つめはカフェやレストランなどのセミフォーマルな会場、そして3つめが居酒屋やカラオケ、パーティースペースなどのカジュアルな会場です。

また、会費の金額によってもある程度二次会の会場や雰囲気を予測することができます。

結婚式二次会での服装を考える際には、会場や会費から二次会の場所や雰囲気を予測し、その場にあった服装を心得ましょう。

下記では、結婚式二次会での女性の服装マナーのポイントをご紹介していきます。

(1)白いドレスはNG

白いドレスは、結婚式においては花嫁のもの。着用するのは非常識なので避けましょう。

(2)セクシーすぎる露出度の高い服装はNG

結婚式のようなお祝いの席では、胸元が大きくあいたものやスカート丈が短い服装はふさわしくありません。上品な服装を心掛けましょう。

(3)素足はオールシーズンNG

素足で履物を着用するのはマナー違反です。必ずストッキングまたはタイツを着用するようにしましょう。

(4)サンダルやオープントゥのミュールはNG

サンダルやオープントゥのミュールの着用はNGです。

サンダルやオープントゥなどの履物は「つま先が出る=妻がさき出る」と言われ、縁起が良くないため、結婚式のようなお祝いの席では着用しないようにしましょう。

(5)ロングブーツの着用はNG

ロングブーツはカジュアルすぎる服装であるため、基本的には着用NGです。

(6)お葬式のような黒真珠のネックレスはNG

まるで喪服のような黒真珠のネックレスの着用はNGです。

黒真珠自体の着用がNGなわけでありませんが、喪服に見えるような着こなしをしないように十分注意をしましょう。

(7)花嫁より目立つ豪華なアクセサリーはNG

女性の場合、花嫁より目立つアクセサリーは着用しないように気を付けましょう。

結婚式二次会の主役は、あくまでも新郎新婦のお二人です。主役のお二人よりも目立ちすぎないように心掛けるのがマナーです。

(8)生花を使用した髪飾りはNG

花嫁が生花を使用した髪飾りを着用することが多いため、花嫁と被ってしまう可能性があるためゲストの着用はNGです。

(9)セットをしていないボサボサヘアー

結婚式の二次会とはいえ、セットをしていないボサボサヘアーで参加するのはマナー違反です。

セルフアレンジでもいいので、しっかりとセットするようにしましょう。

(10)動物の革のバッグや靴、大き過ぎるバッグはNG

動物の皮は殺傷のイメージを連想させるため、結婚式のようなおめでたい席ではマナー違反になります。

また、カジュアルすぎる印象にあるため大き過ぎるバッグは避け、クラッチバックのようなパーティー用のバッグを持参するようにしましょう。

(11)カジュアルすぎる服装はNG

結婚式二次会の招待状に「平服でお越しください」と書かれていても、平服=普段着ではありません。

二次会が行われる会場や二次会の雰囲気にもよりますが、パーティーのマナーやおめでたい晴れの日である状況を踏まえたうえで服装を選ぶようにしましょう。

4、ストッキングとタイツの違いとは?

一般的に、生地の厚さ(デニール)が30デニール以下はストキング、30デニール以上はタイツと分けられています。

デニール数が高くなるほどカジュアルな印象になり、デニール数が低いほどフォーマルなファッションに仕上がり、上品な印象であるとされています。

タイツは、黒やグレー、紺などであれば二次会での着用はOKなところもありますが、カラータイツの着用は避けた方がいいでしょう。

まとめ

結婚式二次会での女性の服装マナーについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

結婚式の二次会は、挙式や披露宴に比べるとカジュアルな装いで参加される方も多いですが、新郎新婦と友人たちにとって一生の思い出に残るからこそ最低限のマナーはおさえておきたいものです。

今回の記事が結婚式二次会でタイツやストッキングを選ぶ際のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ