子連れゲストにも配慮!結婚式で子供が喜ぶおすすめのプレゼントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これから結婚式をされるお二人は、結婚式の準備で慌ただしくされているのではないでしょうか。

ところで、結婚式には、親族や友人のお子さんも出席されるということもよくあります。子供ゲストの場合には、ご祝儀は必要ありません。しかし、子供であっても立派なゲストです。引き出物に変わるような素敵なプレゼントを贈りましょう。

そこで今回は、子供の年齢別におすすめのプレゼントをご紹介していきたいと思います。

目次

1、3歳くらいまでの子供におすすめのプレゼント

2、幼稚園児〜小学校低学年くらいの子供におすすめのプレゼント

3、小学校高学年〜中学生くらいの子供におすすめのプレゼント

1、3歳くらいまでの子供におすすめのプレゼント

3歳くらいまでの子供ゲストのテーブルには、お菓子の詰め合わせ、シャボン玉セット、折り紙、お絵描きボードなどをセットしておくと喜ばれます。

ただ、3歳くらいまでの小さなお子さんは、早い段階で披露宴に飽きてしまうことが多いので、子供がぐずりだした時に子連れゲストが肩身の狭い思いをしないように、式場側に控え室を用意してもらったり、キッズスペースを作ってもらうなどの手配もしておくと良いでしょう。また、おもちゃやお菓子を多めに用意しおきましょう。

(1)駄菓子セット

名称未設定

出典:http://amanoya.org/

(2)お絵描きボード

 

名称未設定

出典:http://glitterjewel.blog102.fc2.com/

2、幼稚園児〜小学校低学年くらいの子供におすすめのプレゼント

幼稚園児〜小学校低学年くらいの子供だと、結婚式の中盤から飽きてくるとちょっとふざけてしまうことがあるかもしれません。

そこで、引き出物と言うよりも、その場で遊べるようなパズル、シールブック、絵本、塗り絵、折り紙、ノートと色鉛筆のセットなどをプレゼントするのがおすすめです。

駄菓子

出典:http://bridal-item.blogspot.jp/

3、小学校高学年〜中学生くらいの子供におすすめのプレゼント

小学校高学年〜中学生くらいのお子さんの場合は、結婚式の意味もわかっているので、騒いだり、走り回ったりというような心配は要りません。ですので、小さなお子さんのように、おもちゃやお菓子といったその場で楽しめるようなものよりも、ちょっと大人になった気分を味わえるようなオシャレなプレゼントを用意してみてはどうでしょうか。

(1)ケース入りのボールペン

子供へのプレゼントは文房具が多くなりますが、中学生くらいのちょっと背伸びしたい年代の子供ならケース入りの少し高級なボールペンがおすすめです。大人になった気分で喜んでもらえるでしょう。

①女子ならミキモトのボールペンがおすすめ

名称未設定

出典:http://blog.glam.jp/

ミキモトらしいパール付きの上品なボールペン。ト音記号も可愛いです。お値段も3000円前後でお手頃です。

②男子ならパーカーなど老舗メーカーのボールペンがおすすめ

名称未設定

出典:http://item.rakuten.co.jp/

シンプルで書き味の良いデザインのものがおすすめです。2000円前後からあり豊富なラインナップで選びやすいのもおすすめの理由です。

(2)ブランドのハンカチ

定番のハンカチも、何枚あっても困りません。特に学生に人気のブランドをセレクトしてプレゼントすると喜ばれます。

名称未設定

出典:http://horipy.blog.so-net.ne.jp/

(3)ミニゲーム

男の子ゲストにおすすめなのが、ミニゲームです。オセロや将棋のできるミニボードゲームや、UNO、トランプなどは、控え室でも遊べますし、修学旅行にも持っていけます。

名称未設定

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

まとめ

今回は、結婚式出席の御礼として子供に渡したいプレゼントについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

子供の年代、性別で喜ばれるプレゼントも変わりますので、好きなキャラクターを聞いておくなど、リサーチはしっかりとしておきましょう。また、お菓子をプレゼントする時はアレルギーの有無も確認しておくと、子連れゲストも安心されます。今回の記事がお二人の結婚式の参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ