結婚式はいつにする?日取りを決定するために知っておきたい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の日取りを、「自分たち二人の予定が空いているから」なんて理由で選ぼうとしていませんか?

そんな方は必見!今回は結婚式の日取りを決めるために知っておきたい4つのことをご紹介しましょう。

目次

1.人気のお日取りは?

2.日取り決定において知っておきたい4つのこと

1.人気のお日取りは?

cherry-blossom-wedding-portrait-Tiana-Simpson-photoraphy-550x825

出典 http://www.unitedwithlove.com

結婚式に人気の季節は、気候が良く過ごしやすい春と秋、そして「ジューンブライド」の6月です。その中でも特に土日・祝日の大安・友引は大変人気があり、1年前から予約でいっぱいになる会場もあるほどです。

逆にあまり人気のないシーズンは、夏と冬。そして仏滅。

結婚式場の値段は、ハイシーズンや大安吉日は高くなり、ローシーズンや仏滅は安くなる傾向にあります。少しでも予算を抑えたいと思っているカップルは覚えておくとよいでしょう。

2.日取り決定において知っておきたい4つのこと

(1)日程: 連休やお盆、年末年始はNG

Course-Calendar1

出典 http://liveappsbusiness.in

旅行の予定などが入る可能性の高い連休やお盆、帰省などで世間一般が忙しい年末年始は避けましょう。

その時期は飛行機や新幹線の座席が混雑し、予約が取りづらい上にハイシーズンとあって料金も高めに設定されています。遠方からお越しいただくゲストは、交通費に加え宿泊代もかかるので、金銭的負担を軽減するよう配慮が必要です。

(2) 時間: 朝早い時間や遅い時間は避けましょう

clock-kid-sleeping-morning-1920x1200

出典 http://123hdwallpapers.com

遠方からお越しいただくゲストが前日入りしなければ間に合わないような早い開始時間はいただけません。

着付けやヘアメイクをお願いする予定のゲストにとっても、時間外の早朝予約で美容院へ行くのは費用、労力ともに負担です。
反対に、夕方から夜にかけて始まる結婚式は、小さな子供のいるゲストにとって家を空けにくい時間帯です。

ゲストに配慮した時間設定を心がけましょう。

(3) 季節: 真夏、真冬は避けた方がベター

d39b8758b2a450457c4cb2fd3c9e5163.jpg~original

出典 http://www.theperfectpalette.com

チャペルの外でのフラワーシャワー、披露宴会場にあるお庭で撮影など屋外での演出を考えているなら、真夏と真冬は避けましょう。夏は汗でドレスがシミになったり、メイクが崩れたりしてせっかく綺麗に着飾っても台無しです。冬は薄着のドレス姿のまま寒さに耐えなければなりません。ゲストにとっても避けたい季節と言えます。

(4) 六輝(六曜)を考慮して日取りを決める

六輝とは先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順で巡っていく、暦に記載される日時、方位などの吉凶です。結婚式は大安と友引が相応しいとされています。

最近は以前ほど六輝を気にする人は少なくなり、仏滅でも結婚式を行うカップルが増えてきています。しかし、年配者の中には、未だに縁起を重んじる方がいらっしゃいますので、両家のご両親に相談しておくと安心です。

まとめ

wedding-reception-guests1-1024x757

出典 http://eventityinc.com

いかがでしたでしょうか。結婚式の日取りを決めるために知っておきたいことをご紹介しました。

お二人の希望もあると思いますが、ゲストに配慮した日を選ぶこともおもてなしのひとつです。

今回の記事が、日取り決定のご参考になりましたら幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ