結婚式の服装に個性を出したい新郎必見!つけるだけでおしゃれに見せる蝶ネクタイ9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式当日、新婦はウェディングドレスでとびきり可愛く変身しますが、新郎だって結婚式の主役。普段とは違う装いでかっこよく決めて、新婦をスマートにエスコートしたいですよね。

そこで今回は、つけるだけで簡単におしゃれになる蝶ネクタイコーディネートをご紹介したいと思います。

目次

1、結婚式に蝶ネクタイを選ぶ新郎が増えている?

2、蝶ネクタイは普通のネクタイよりフォーマル?

3、新婦も惚れ直す!おしゃれな蝶ネクタイ9選

1、結婚式に蝶ネクタイを選ぶ新郎が増えている?

shutterstock_228276283

結婚式の衣装選びは往々にして新婦のウェディングドレス選びがメインになって、新郎の衣装選びはおざなりになりがち。というのも新郎の衣装はオーソドックスでバリエーションが少なく、新郎本人ですら選ぶ楽しみがないので衣装熱が上がりづらいのが実態……。しかし新婦は、新郎にも結婚式当日はとびきり素敵でいて欲しいと思っているものです。

そんな新婦の希望に応えるため、ワンアイテムで自分らしさを出せ、おしゃれに変身できる「蝶ネクタイ(ボウタイ)」をつける新郎が最近急増中なのだそうです。

2、蝶ネクタイは普通のネクタイよりフォーマル?

shutterstock_171520010

洋装の場合の新郎の衣装といえばスーツやタキシードが定番で、タービータイ(幅タイ)と呼ばれる一般的な形のネクタイを合わせます。

もちろんこの組み合わせは結婚式に適した正装ですが、実は海外では蝶ネクタイの方が格式は高く、よりフォーマルな場に着用するネクタイとされています。つまり、蝶ネクタイは新郎の婚礼衣装にふさわしく、合わせ方でいろいろなバリエーションが楽しめるお助けアイテムなのです。

3、新婦も惚れ直す!おしゃれな蝶ネクタイ9選

フォーマルシーンにもぴったりで、センス良く見せることも可能な蝶ネクタイ。ここからは、衣装との色合わせのコツや、思わず真似したくなるおしゃれな蝶ネクタイのデザインをご紹介します。

 (1)絶対に外さない!定番の黒の蝶ネクタイ

shutterstock_148060097

(2)ピンク×黒のストライプならフェミニン系ウェディングドレスにマッチ!

Screen-Shot-2013-04-01-at-10.52.38-AM-e1364838904211

出典 https://www.bows-n-ties.com

(3)秋冬の結婚式ならベロア素材の蝶ネクタイもオシャレ!

Screen-Shot-2013-04-01-at-10.07.05-AM

出典 https://www.bows-n-ties.com

(4)新婦のカラードレスに合わせた柄もの蝶ネクタイも可愛い!

bowties_almasy

出典 http://greenweddingshoes.com

(5)生地もデザインも個性的な蝶ネクタイなら白シャツコーデでメリハリを!

bowties_01

出典 http://greenweddingshoes.com

(6)ブーケの色とリンクさせればオシャレに見える

2-1-bowtie-wedding (1)

出典 https://theeverylastdetail.com

(7)二次会にオススメ!チェックシャツに水玉を合わせるおしゃれなスタイル

purple-polka-dot-bow-tie-e1364837375590

出典 https://www.bows-n-ties.com

(8)コーディネートが絶妙!カラーシャツとエンジ色の蝶ネクタイ

cl3

出典 http://lucyricephotography.com

(9)新婦もびっくり!お花を使った蝶ネクタイでゲスト受けも間違いなし!

c0228742_20384634

出典 http://taneshop.exblog.jp

 まとめ

wedding-bow-ties2

出典 https://www.bows-n-ties.com

いかがでしたか。今回は、新郎の衣装のおしゃれ度をアップさせるアイテム・蝶ネクタイについてご紹介しました。

新婦の衣装とマッチする蝶ネクタイを選び、とびきり素敵にドレスアップして結婚式当日を迎えてください。

今回の記事がお二人の結婚式のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ