リゾート×青い海。新婦のこだわりを追及した結婚式!|オクマフェリシア教会、ラヴィマーナ神戸での結婚式レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BBQで出会ったお二人。知り合いが少ない中、水鉄砲で遊んでいた奥様を気遣い、沢山話しかけてくれたのが今のご主人様でした。さらにその後、ご主人様のなくなった財布を一緒に探したのが二人の仲が深まったきっかけでした。

「リゾートの様な雰囲気で、海が見える式場」にこだわり、入念に準備をされた、最高の結婚式を終えられたお二人に挙式・披露宴を終えた感想や、これから準備をされる新郎新婦へのアドバイスを伺いました。

挙式日・新郎新婦について

file255

2016年6月26日挙式@沖縄のオクマフェリシア教会
2016年8月27日披露宴@神戸のラヴィマーナ神戸

新郎 貴嗣さん 27歳(挙式時)
新婦  美沙さん 30歳(挙式時)

ご主人の転勤が決まった日にプロポーズ!

file294

お二人が付き合いだしてから約1年後、二人が結婚を意識しだした時に、貴嗣さんに大阪から千葉への転勤になりました。貴嗣さんは、公園に美沙さんを呼び出し、「ついて来てくれるか」と聞き、めでたく結婚が決まったそうです。

 

結婚式のコンセプトについて

file214

結婚式は、「リゾートの雰囲気があり、海が綺麗な式場」というコンセプトを美沙さんが明確に持っていて、その理想にぴったり合った式場がすぐに見つかったため、悩むことなく式場を決められたとのこと。

挙式はリゾート感溢れる沖縄のオクマフェリシア教会で、旅行も兼ねて家族と親友のみを招き、夜は皆でアットホームなBBQをしました。

披露宴は、海が綺麗なラヴィマーナ神戸に決めました。こちらも、会場から見える海の綺麗さに一目惚れし、プール付きでリゾート感満載の会場に決めました。

file249

――こだわった点は何ですか?

美沙さん「主人は野球部、私は野球部のマネージャーをしていたのもあり、野球をモチーフにした装飾にこだわりました。

招待状は広島カープのカープ坊やをモチーフに自分たちの似顔絵を友達に作成してもらい、野球のチケット風に手作りし、会場内には手作りの野球のジオラマを設置しました。よく見ると高校の名前や会社名がスコアボードに書いてあったりして、ゲストからも大好評でした。」

arm01770102

 

――思い出のエピソードはありますか?

転勤が決まった日に公園でプロポーズした貴嗣さんでしたが、急いでいたためサプライズなどの準備ができず、美沙さんが不満に思っていたそうです。結婚式ではそのことを面白おかしくムービーで説明し、改めてサプライズで指輪のプレゼントを送ったそうです。

美沙さん「主人が緊張してしまい、ウェルカムスピーチの内容を忘れてしまったことが印象に残っています。その代わり最後の謝辞は大丈夫でしたけど(笑)」

貴嗣さん「ファーストバイトで、ケーキの代わりに焼きおにぎりを食べさせあいました。好きな焼鳥屋さんのメニューで、僕のは特大サイズで作ってもらって(笑)」

arm01770232

――後悔されていることはありますか?

美沙さん「式場との打ち合わせ時期には千葉に引越していたので、式場へ行っての打ち合わせは2回しかできませんでした。打ち合わせは主にメール中心で行っていました。ドレスは原宿にもサロンがあったので、そこで実際に試着できたので助かりました。」

 

――これから結婚式を挙げる新郎新婦へのアドバイスはありますか?

貴嗣さん「新郎は、仕事が忙しくて準備を主体的にするのは難しいかもしれませんが、手伝えるところは新婦を手伝うようアドバイスしたいです。一緒に決められる部分は一緒に決めて、花嫁のこだわりがある部分については花嫁優先にすることですね。

あとは、時間にも制約があるので『あれもこれもしたい』と無計画になるよりは、ToDoリストや優先度を作って妥協点を見つけるのも必要です。まぁ僕は何もしていませんが(笑)」

arm01770554

 

HOW MUCH?

気になるお財布事情も聞いてみました。

挙式@オクマフェリシア教会

file194

・予算     約80万円前後
・招待客数   約20名(両親、親友のみ)

 

披露宴@ラヴィマーナ神戸

arm01770210

・予算     約450万円前後
・招待客数   約100名

 

・コストを削った部分

-フラワーシャワーの一部を外部持込した
-風船の用意を式場任せにせず自分たちで手配した
-ペーパーアイテムは全て手作りした

arm01770075

・お金がかかっても譲らなかった部分

-ドレスは高めになっても好きなものを選んだ
-式場のイメージが明確にあったため、値段に関わらず、好みの式場を選んだ

 

インタビュアーから一言

arm01770352

男らしく優しそうな貴嗣さんと、チャーミングでしっかり者の美沙さん。共通の趣味である野球を随所に取り入れつつも、美沙さんの大好きなリゾート感溢れる最高の挙式と披露宴を見事実現されました。沖縄での挙式は家族での旅行も兼ねることができたとのことで、そこで親族の仲が深まったのも、とても素敵だと感じました!

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ