ハーフエタニティの結婚指輪のおすすめデザイン画像20選&選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エタニティリングは、指輪のアーム部分に宝石があしらわれている指輪のことで、大きく分けてフルエタニティとハーフエタニティの2種類があります。

この記事をお読みの方の中には、結婚指輪としてエタニティリングを購入しようと考えているものの、細かなデザインの違いや、購入時の注意点などについてご存じでない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、当メディアが徹底リサーチした上でハーフエタニティの結婚指輪のおすすめデザイン画像や選ぶ際の注意点についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

 1、ハーフエタニティの結婚指輪とは?

そもそもエタニティリングは、英語の「Eternity(永遠)」からつけられた名前で、リングの周りに同じ大きさ、同じカットの石が留められたデザインのリングのことを指します。

もともとエタニティリングは、結婚記念日などの際に夫婦間で男性から女性に贈られるケースが一般的でしたが、近年では婚約指輪または結婚指輪としても注目を集めています。

また、エタニティリングのデザインは大きく分けてフルエタニティとハーフエタニティの2種類に分けられ、フルエタニティはリングの周り一周に石が留められているのに対し、ハーフエタニティはリングの半周に石が留められています。

 2、ハーフエタニティの結婚指輪のおすすめデザイン画像20選

ここでは、ハーフエタニティの結婚指輪のおすすめデザイン20選をご紹介していきます。

 (1)Lei Dew(レイ デュー)/プラチナ/銀座ダイヤモンドシライシ

et_lei-dew-34

出典:http://www.diamond-shiraishi.jp

つながりを表すLeiと雫という意味のDewという言葉を合わせて名付けたハーフエタニティリングは、朝露の滴をイメージしてデザインされました。

意思を留めている爪をできるだけ小さくすることで、ダイヤモンドの輝きと存在感を最大限に引き出したデザインです。

 (2)Carrelet(カルレ)/イエローゴールド、プラチナ、ピンクゴールド/銀座ダイヤモンドシライシ

et_carrelet-crl02

出典:http://www.diamond-shiraishi.jp

緩やかなウェーブのかかったアームに、一列にダイヤモンドが並んだデザインのハーフエタニティリングです。

緩やかなウェーブが、上品かつ華麗な女性らしさを演出してくれます。

 (3)カメリア コレクション ハーフエタニティ リング/ピンクゴールド/CHANEL

2a8ced109a88a49af420d3cfc27d0a93

出典:http://zexy.net/ring/brand_c

マドモアゼルシャネルが最も愛したカメリアの花をモチーフにしたハーフエタニティリングです。

可愛らしくも上品さを感じさせるデザインは、シャネルならではのオリジナルデザインです。

 (4)カメリア コレクション ハーフエタニティ リング/プラチナ/CHANEL

93ce7532a76382ab9ed51d282c66427c

出典:http://zexy.net/ring/brand_c

プラチナ素材を使用した、カメリアコレクションのハーフエタニティリングです。

プラチナを使用することで、より大人っぽく洗礼された印象になります。

(5)ティファニーレガシーダイヤモンドバンドリング(2mm)/プラチナ/Tiffany & Co.

99f975ee25d8f6aa8a8f38f9e7941d91

出典:http://zexy.net/ring/brand_c

ストレートラインのアームに、2mmのメレダイヤとミルグレイン技法で模様を施したハーフエタニティリングです。

クラシカルなデザインは、女性らしさを引き出し、エレガントな印象を演出してくれます。

 (6)ティファニー ノヴォ ハーフサークル ダイヤモンド バンドリング/イエローゴールド/Tiffany & Co.

16df33da9cd8feacdf3f278937c795da

出典:http://zexy.net/ring/brand_c

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドをセットしたハーフエタニティリングです。

ダイヤモンドはアーム部分に埋め込まれているため、普段使いにもおすすめです。

 (7)phaenna(パエンナ)/プラチナ/I-PRIMO

1457691408phaenna_ipm22512_f_pt_wd_800450

出典:http://www.iprimo.jp

ストレートラインにダイヤモンドが敷き詰められたデザインのハーフエタニティリングです。

ダイヤモンドがアーム部分に埋め込まれているデザインであるため、日常的に身に着けていてもダイヤモンドが引っかかるという心配もありません。

 (8)felicitas LD(フェリキタスLD)/プラチナ/I-PRIMO

1429699933196_ipm21412_f_ete_felicitas_pt

出典:http://www.iprimo.jp

ストレートラインにダイヤモンドが敷き詰められた、丸みを帯びたデザインのハーフエタニティです。

先ほどのphaenna(パエンナ)と同じく、ダイヤモンドがアーム部分に埋め込まれているデザインであるため、安心して日常的に身に着けることができます。

 (9)mani half(マーニ・ハーフ)/プラチナ/I-PRIMO

1429700010442_ipme1211_f_ete_hapyfine_pt

出典:http://www.iprimo.jp

丸みのある爪で石が留められたデザインのハーフエタニティです。

シンプルかつエレガントなデザインであるため、ダイヤモンドのピュアな輝きが指を美しく演出してくれます。

 (10)mani half(マーニ・ハーフ)ピンクゴールド/I-PRIMO

1429700019442_ipme1211_f_ete_hapyfine_pg

出典:http://www.iprimo.jp

ピンクゴールドのマーニ・ハーフデザインです。

ピンクゴールドは、日本人の肌色になじみがよく、やわらかい印象を演出してくれる素材です。

 (11)astra 24D(アストラ24D)/プラチナ/I-PRIMO

1429699533188_ipmp1047_f_ete_astra24d_pt

出典:http://www.iprimo.jp

細身のストレートリングに、メレダイヤを敷き詰めたハーフエタニティリングです。

極細リングでありながら、ダイヤモンドの輝きが指を上品に女性らしく演出してくれるデザインで、重ね付けをしたい方にもおすすめです。

 (12)ハーフエタニティリング ピンクスター/イエローゴールド/GINZA TANAKA BRIDAL

et223_l

出典:http://bridal.ginzatanaka.co.jp

星の形をした花、「ピンクスター」をモチーフにしたイエローゴールドのハーフエタニティリングです。

ミル打ちのラインがクラシックな印象を与えてくれ、シンプルなデザインの指輪との重ね付けにもとても相性の良いデザインです。

 (13)ハーフエタニティリング [SK34EHGW]/イエローゴールド/GINZA TANAKA BRIDAL

et227_l

出典:http://bridal.ginzatanaka.co.jp

GINZA TANAKAの120周年を記念して作られたハーフエタニティリングです。

ラウンドカットとマーキスカットのダイヤモンドをミル打ちで囲い、デザイン性の高いアンティーク調のデザインは、カジュアルにも女性らしくエレガントな印象を演出してくれます。

 (14)ハーフエタニティリング [SN24EHGW]/ピンクゴールド/GINZA TANAKA BRIDAL

et305_l

出典:http://bridal.ginzatanaka.co.jp

ラウンドのダイヤモンドの丸みに沿って、石が留められたデザインのハーフエタニティリングです。

一粒一粒のダイヤモンドが光を取り込むことで輝き、全体的に丸みのあるデザインは女性らしさとやわらかい印象を演出してくれます。

 (15)ハーフエタニティリング [SN12EHGW]/ピンクゴールド/GINZA TANAKA BRIDAL

et325_l

出典:http://bridal.ginzatanaka.co.jp

ダイヤモンドを贅沢にあしらった、シンプルなデザインのハーフエタニティリングです。

ダイヤモンドを留めている爪は、ダイヤモンドの存在感と美しさを強調してくれます。

 (16)Disney Collectionシンデレラ/プラチナ/4℃

4_211212645030_p_m

出典:http://4-bridal.jp/marriage/detail/396

シンプルなストレートアームに、アイスブルーとクリアのダイヤモンドが施され、シンデレラをイメージしてデザインされたハーフエタニティリングです。

 (17)幅のあるハーフエタニティ/ピンクゴールド/4℃

4_211222543103_p_m

出典:http://4-bridal.jp/marriage/detail/200

緩やかに変わる幅のあるシンプルなアームラインにダイヤモンドを施したハーフエタニティリングです。

 (18)プリンセスカット ハーフエタニティ/プラチナ/4℃

4_211222545010_p_m

出典:http://4-bridal.jp/marriage/detail/214

シンプルなストレートラインのアームに、プリンセスカットのダイヤモンドが埋め込まれたデザインのハーフエタニティリングです。

 (19)ponte(ポンテ)/イエローゴールド/ENUOVE(イノーヴェ)

20150628203430

出典:http://www.enuove.com/garden/196/

石橋を意味するponte。

決して壊れない強い絆をイメージしてデザインされた、まさにエタニティリングにふさわしいデザインです。

 (20)caillou(カイユ)/ピンクゴールド/ENUOVE(イノーヴェ)

20150628202752

出典:http://www.enuove.com/garden/193/

小石・宝石を意味するcaillou。

ダイヤモンドがお二人の幸せの結晶のように輝いて見えるデザインと、細身のアームは肌なじみもよく重ね付けにもおすすめです。

 3、ハーフエタニティの4つの宝石セッティング方法

エタニティリングの石の留め方には、大きく分けて下記の4つのセッティングの方法があります。

 (1)共有爪留め(ティアラ)

0437

出典:http://www.xn--dckjz2d9a3a3tsc.com

一つの爪が、両サイドから石を留める方法のデザインです。

爪の数を極力減らすことで、石の輝きを最大限に引き出すことのできるセッティング方法です。

 (2)4爪留め(シュアリー)

ava_0396

出典:http://www.xn--dckjz2d9a3a3tsc.com

4つの爪で石を留める方法のデザインです。

4つの爪でしっかりと石を留めることで、強度が高いことがメリットのデザインです。

 (3)レール留め(ディアー)

ava_0420

出典:http://www.xn--dckjz2d9a3a3tsc.com

爪がなく、両サイドのレールで石を留める方法でセッティングされたデザインです。

レールの中に石が収まっていることで、石の高さやでっぱりは気にならず、安心して普段使いすることができます。

 (4)特殊鍛造(スウィート)

%e9%8d%9b%e9%80%a0%e3%82%a8%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e9%9b%86%e5%90%88_mg_2293-thumb-600x420-425-thumb-600x420-426

出典:http://www.jc-bar.com/talk/2014/12/jcbar.html

金属を圧縮して強度を高め、小さい爪で石を留める方法のデザインです。

細いアームに石を留める際によく使用されるセッティング方法で、鍛造製法を利用することで、小さい石でも取れにくく留めることができます。

 4、ハーフエタニティの結婚指輪を選ぶ際の注意点とは?

ここでは、ハーフエタニティの結婚指輪を選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

 (1)使用頻度に合わせてデザインを選ぶ

指輪の使用頻度に合わせてデザインを選ぶようにしましょう。

エタニティリングは、石の留め方によって強度が異なり、使用しているうちに指輪が歪み、石が落ちやすくなってしまうというデメリットがあります。

強度面では、フルエタニティよりもハーフエタニティのほうが強く、中でも4爪留めのデザインは石が取れにくくしっかりした安定感があります。

しかしながら、日常的に身に着けたい方で石の高さが気になる方には、レール留めのデザインがおすすめです。

 (2)サイズ選びに注意

エタニティリングを購入する際には、サイズ選びにも注意しましょう。

フルエタニティは、指輪全体に石が並べられているため、サイズ直しが困難で万が一購入後にサイズ直しを行いたい場合には費用も掛かります。

一方でハーフエタニティは、指輪の半分にのみ石が並べられているため、フルエタニティに比べてサイズ直しをしやすいという特徴があります。

しかしながら、技術的にエタニティリングをリフォームができる業者が限られてくるため、購入時のサイズ選びは慎重に行うようにしましょう。

 ハーフエタニティの結婚指輪に関するまとめ

これまで、ハーフエタニティの結婚指輪についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事が、ハーフエタニティを購入する際のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ