お呼ばれ結婚式でのスーツのマナーとおすすめスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

bride pulling on groom tie for control conceptこれをお読みの方の中には結婚式に招待されたが、スーツの着こなしについてちゃんとしたマナーが分からないと行った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚式は新郎新婦にとって一生思い出に残る大切なイベントです。家族や親族、友人等の大切な晴れ舞台を台無しにしないように、しっかりとマナーを知っておきたいものです。

そこで今回は、結婚式でのスーツのマナーについて書いていきます。ご参考になれば幸いです。

目次

目次

1、お呼ばれ結婚式でのスーツのマナーは?

2、シャツ選びのマナー

3、ネクタイ選びのマナー

4、靴選びのマナー

5、ポケットチーフ選びのマナー

6、お呼ばれ結婚式でのおすすめスーツスタイル5選

7、もし持ち合わせのスーツで適したものがない場合に!おすすめショップ5選

1、お呼ばれ結婚式でのスーツのマナーは?

まずはお呼ばれ結婚式でのスーツのマナーをご紹介します。

(1)色のマナーは?

どのような場面であっても一般的にはブラックスーツが正式な場にふさわしいとされています。結婚式においての色の優先順位としては、ブラック、ダークカラー、ネイビー、グレーのスーツがおすすめです。

結婚式はあくまでも新郎新婦がメインの場です。明るすぎるスーツの色や、派手な色のスーツを選ぶのはマナー違反です。

どの様な場面であってもダークカラーのスーツはマナー違反になることはありませんが、あくまでの結婚式はお祝いの場です。シャツの色やネクタイの色など、小物に統一感を持たせた色味のあるものを合わせて、明るい印象になうような着こなしをしましょう。

20代、30代の結婚式の多い世代であれば、光沢のある上質なブラックスーツを1着持って、祝いごとのみの出番にするのがいいでしょう。

(2)形のマナーは?

スーツの形は大きく分けて、ボタンの並びが1列のシングルスーツとボタンの並びが2列のダブルスーツの2種類があります。

一昔前まではダブルスーツが主流であったため、ご年配の方が着用している事が最近では多いです。20代30代であればシングルスーツを選ぶことをお勧めします。

更に、結婚式では新郎がタキシードを着用する場合が多いため、お呼ばれの際にタキシードの着用は避けましょう。

(3)その他、お呼ばれ結婚式で気をつけたいスーツの着こなしマナー

ここでは、お呼ばれ結婚式で気を付けたいスーツの着こなし方をご紹介します。

①白ネクタイはNG

20代や30代の若者が白いネクタイを身につけるのは避けましょう。

一昔前までは結婚式に白いネクタイを合わせて出席するのは一般的でしたが、現在20代30代の若者が白いネクタイを着用して結婚式に参加する例はまれです。

シルバー系のネクタイや素材がシルクのものを着用することをお勧めします。

②黒ネクタイ・黒ベストはNG

黒色のネクタイはお葬式などの弔事の際の正装です。結婚式の場にはふさわしくありません。

また、黒色のベストも結婚式の場にはふさわしくないとされています。ダークスーツの場合であってもグレーやシルバー等のベストを着用するようにしましょう。

③派手なシャツ・柄シャツはNG

結婚式に参加する際のマナーとして、基本的にシャツの色は「白」です。

赤や黒のシャツは勿論、薄いブルーのシャツの着用もしないほうが良いでしょう。

また、白地のシャツの下に柄物の下着を着用する事も避けましょう。

④サイズの確認

スーツのサイズが今の自分のサイズに合っているか確認をしておきましょう。

人の体型は意外と変動するもので、5年や10年経ってしまうとブカブカ、ピチピチとなり兼ねません。できるだけ定期的にサイズの確認や買い替えを行うようにしましょう。

⑤靴が汚い、ボロボロ、茶色

フォーマルな場での靴の色は「ブラック」がマナーです。

オシャレは足元からという言葉が有るように、どんなに素敵なスーツを着ていても靴が汚かったりボロボロだと全て台無しです。目に付く所だけではなく、足元にもしっかりと注意を払うようにしましょう。

また、茶色の靴はカジュアル感が出てしまうため、結婚式の場にはふさわしくありません。仕事やプライベート用途は別に、フォーマルな場専用の靴を一足用意しておくことをお勧めします。

⑥派手なベルトNG

大きめのバックルがついたベルトやベルトに派手な柄がついているものは結婚式の場にふさわしくありません。

また、ベルトの幅が太いベルトよりも細めのベルトを着用する事で、よりフォーマルでスタイリッシュにコーディネートすることができます。

⑦靴下の色に注意

フォーマルな場での靴下の色は「黒」のものを着用する事がマナーです。

靴下は目につきにくいと思いきや、着座した際に意外と目立ちます。マナーとして黒色の靴下を着用するようにしましょう。

⑧ビジネススーツでの出席はOK

ビジネススーツでの出席はOKです。

ただし、上記でもご説明しましたが、スーツの色はブラックもしくはダークカラーを着用することがマナーです。年齢にもよりますが、グレーのスーツでの出席は少しカジュアル感が強くなってしまうため、注意しましょう。

また、仕事後に出席する場合はシャツのシワやネクタイの色、チーフ、靴を磨くなど頭の先からつま先までしっかりと確認をした後に出席するようにしましょう。

⑨カジュアルすぎる服装や個性的な服装はNG

お呼ばれ結婚式では新郎よりも派手な格好は避け、かつフォーマルなスタイルが要求されます。

スニーカーやデニムなどカジュアルすぎるアイテムの着用や、革ジャン等の個性的な服装はフォーマルな場にふさわしくありません。

しっかりとマナーを踏まえた上で、結婚式に参加するようにしましょう。

2、シャツ選びのマナー

ここでは、シャツの選び方について詳しくご説明します。

(1)シャツの色

上記でもご紹介したように、お呼ばれ結婚式のマナーとしてシャツの色は「白」が基本です。

白シャツのボタンホールの糸の色がカラーというのは、友達として参加するのであれば大丈夫なこともあります。

また、結婚式の雰囲気のよって薄いピンクや薄い青、白地にストライプなどのシャツを着用する場合もありますが、できれば白で無地のシャツを選ぶ事をお勧めします。

(2)シャツの襟の形

オシャレな着こなしをするポイントとして、襟の形の異なるシャツをいくつか持っておく事をお勧めします。

襟の形には大きく分けてレギュラーカラー、ウィングカラー、ボタンダウンカラーの3種類に分けられます。結婚式においてはレギュラーカラーかウィングカラーのシャツの着用がマナーです。

それぞれのカラーでも下記のように更に種類が分けられるため、知っておくと便利です。

①レギュラーカラー

  • セミワイドカラー
  • ワイドカラー
  • ナロースプレッドカラー

②ウィングカラー

  • ピンホールカラー
  • ホリゾンタルカラー
  • クレリックカラー
  • タブカラー
  • カッタウェイカラー

3、ネクタイ選びのマナー

結婚式での基本的な正装の基調色は「白」です。

しかしながら、白で無地のネクタイは一昔前の主流であるため若者で着用している人は少ないです。最近では、シルバー系もしくは白地にシルバー系のストライプ柄の物が主流です。

素材はシルクのものが一般的で、光沢がありお祝いの場に適しています。

4、靴選びのマナー

結婚式のようなフォーマルな場では「内羽根式 ストレートチップ型」の「黒」の靴が最適であるとされています。

(1)靴の色

結婚式などのフォーマルな場でのマナーにおいては「黒」の靴がよりフォーマルであるとされています。

茶色の革靴はカジュアル、もしくはビジネスシューズであるためなるべく選ばないように注意をしましょう。

(2)紐を結う部分の作りは「内羽根式」

紐を結う部分の作りは「内羽根式」の物を着用する事がマナーです。

革靴は紐を結う部分の作りに違いがあり、「内羽根式」と「外羽根式」の2種類があります。外羽根式の方がカジュアルであるとされているため、結婚式の等のフォーマルな場においては、内羽根式のものを選ぶようにしましょう。

(3)つま先の縫い目は「ストレートチップ」

結婚式などのフォーマルな場においてはつま先の縫い目は「ストレートチップ」のものを着用することがマナーであるとされています。

つま先の縫い目の種類には大きく分けてストレートチップ、Uチップ、ウィングチップの3種類があります。これもまたそれぞれ場面によって使い分ける必要があり、結婚式などのフォーマルな場においてはストレートチップを着用することがマナーとして良いとされています。

5、ポケットチーフ選びのマナー

結婚式においてシルクの白またはシルバーのものが好ましいとされていますが、ネクタイや小物の色に合わせた色を使用すると統一感が出ます。

ポケットチーフは必ず身につけなければいけないものではありませんが、ポケットチーフを身につけることでより華やかなコーディネートになります。

また、チーフのたたみ方と見せ方で、ビジネス仕様にもパーティー仕様にもなるのが特徴です。チーフはシルクのものを選んでおくと、ビジネスからフォーマルまで対応可能なためおすすめです。

6、お呼ばれ結婚式でのおすすめスーツスタイル5選

ここではお呼ばれ結婚式でのおすすめスーツスタイルを5選ご紹介します。

(1)ダークスーツにシルバーのポケットチーフのコーディネート

竹内豊

出典:http://oyobare7.com/

ストライプの入ったダークスーツに白いシャツ、シルバー系等のネクタイにシルバーのシルクのポケットチーフを合わせた正統派コーデです。

足元の靴下、靴までしっかりとマナーに沿ったものを揃えればばっちりです。

(2)グレーのスーツに白系ネクタイ

mens_party3

出典:http://oyobare7.com/

チャコールグレーのスーツに白でまとめたコーディネート。

胸元のポケットチーフの形や出し方、手元のカフスで周りと差をつけましょう。

(3)ダークスーツに赤い小物

ダークスーツに赤いネクタイとネクタイに合わせた位をのポケットチーフを合わせるコーディネートです。カジュアルになりすぎないフォーマルなコーディネートです。

ダークスーツに赤い小物

出典:http://www.matsuya.com/

(4)ダークスーツに蝶ネクタイ

m_ea5509e01419438bb961c9320ffbbae9a8fde261

出典:http://blog.uktsc.com/

ダークスーツに蝶ネクタイを合わせたコーディネートです。あえて蝶ネクタイを合わせて、ポケットチーフの色をベストに合わせると上級者コーデが楽しめます。

(5)ダークスーツにスカーフで大人コーデ

Trait-110225-1

出典:http://www.andyhouse.co.jp/

ブラックスーツに白シャツでスカーフを合わせることで、大人なコーディネートを楽しむことができます。ポケットチーフにもさりげなくスカーフに合わせた色をプラスする事で統一感が出ます。

7、もし持ち合わせのスーツで適したものがない場合に!おすすめショップ5選

スーツカンパニーやスーツセレクトなどの量産スーツ屋がもっとも手にしやすい価格です。質感やファッション性などが気になるのであれば、Urban Research Doors、green label relaxingなどだとセレクトショップのなかでもかなり購入しやすい価格です。

(1)スーツを購入する場合

①SUIT SELECT

スクリーンショット 2015-03-20 17.53.57

URL:http://www.suit-select.com

選ぶ・着る・楽しい等のシステムからコストパフォーマンスまで合理的に貫かれたスーツの開発にこだわったブランドです。比較的、リーズナブルにスーツを購入することができます。

②TOMORROWAND

スクリーンショット 2015-03-20 17.51.15

URL:http://www.tomorrowland.co.jp

20代から30代に人気のセレクトショップです。清楚でありながら、ファッション性を求める方にオススメのセレクトショップです。

③BARNEYS NEW YORK

スクリーンショット 2015-03-20 17.57.13

URL:http://www.barneys.co.jp/

マンハッタン17丁目に、男性用スーツの安売り店として開業したセレクトショップ。現在では米国に30店舗、日本に11店舗あります。

(2)スーツをレンタルする場合

①タキシードレンタル.com

スクリーンショット 2015-03-11 17.47.54

URL:http://www.kashiisyou.com

スーツを試着した上でレンタルすることのできるサービスです。※1泊2日限定、お1人様1回、1着のみ ※和装着物の場合は試着料¥2,000(税別)

②東京KIRKMENS

スクリーンショット 2015-03-11 17.50.29

URL:http://www.kirk-mens.co.jp/father/index.html

SS~4Lと豊富にサイズを揃えているサイトです。袖丈・パンツ丈のサイズ調整可能なため、直接来店できない場合でも安心です。

Faxでのお申し込みも可能です。

まとめ

これまでお呼ばれ結婚式でのスーツについて知っておきたいことをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

お呼ばれ結婚式は華やかな衣装を着たくなるものです。しかしながらしっかりと結婚式でのマナーを抑えた上で、オシャレができるように準備をしておきましょう。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ