芳名帳の代わりにウェディングツリーでゲスト参加型の演出を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゲストが会場に到着して最初に目にするアイテムと言えばウェルカムボードですが、最近は、ゲストも一緒に参加できるウェルカムツリーという演出も人気を集めています。

ウェルカムボードを自作したいけどちょっぴりハードルが高いかも……とお悩みのカップルはお手軽に作れるウェルカムツリーに挑戦してみては?

今回はウェルカムツリーの作り方と、アイデアをまとめてご紹介していきます。

目次

1、ウェディングツリーとは

0041_21

出典 http://www.fino-bouquet.jp

ウェディングツリーとは、もともと欧米で芳名帳(ゲストブック)の役割として使用されていた演出で、一般的には枝だけが描かれたイラストに、参列したゲストが指印やサインなどをして1本の木を完成させるというもの。

ちなみに、芳名帳とは出席してもらったゲストに氏名や住所、連絡先などを記入してもらい、参加してくれたゲストのリストと、どこに住んでいるのかを知って、その後のお礼やお便りの送付先を主催者が把握することを目的に用意されています。

ウェディングツリーやゲストカードでも参列者リストはわかるので、、最近ではこうしたアイデアを取り入れる結婚式も増えてきています。

そんなウェディングツリーですが、日本国内では芳名帳というよりはウェルカムボードとして使用されることが多く、ゲストを楽しませる演出の一つとしてウェルカムスペースに設置するカップルが多いようです。

2、ウェディングツリーの作り方

kansei2

出典 http://weddingtree-shop.com

日本ではまだまだ認知度の低いウェディングツリーですが、海外では一般的な演出として定着しています。

その理由は何といってもゲストと一緒にひとつの思い出を作れること。

ウェルカムボードやペーパーアイテムの自作は、新郎新婦で作る楽しみはあってもゲストと共に作る一体感や喜びは得られません。

しかしウェディングツリーであれば準備に手間がかからず、結婚式の思い出を作ることができるので、おすすめですよ!

(1)準備するもの

ウエディングツリーブログ

出典 http://zexy.net

・ウェディングツリー

・額縁

・説明カード

・スタンプ、シール、ペンなど

・ウェットティッシュ

・くず入れ

・新郎新婦用のペン

(2)ウェディングツリーをダウンロードする

ceremonydecoranddetails-550x412

出典 http://www.weddingchicks.com

ウェディングツリーを自分で描く方法ももちろんありですが、絵に自信がない方はネットでウェディングツリーのテンプレート素材をダウンロードすることをおすすめします。

特に「Wedding Chicks」というウェディング専門サイトは無料でダウンロードできる素材が充実している上にとってもお洒落。

演出に迷った時のお手本にもなります。

(3)ウェディングツリーを配置する

sumple

出典 http://onemovie.jp

ダウンロードしたウェディングツリーを印刷したら後は、ウェルカムスペースに台紙を配置。

先に新郎新婦が指印とサインをしておいた方が、後から描く人が要領をつかみやすく、綺麗なウェルカムツリーに仕上がります。

指印をする時は思いのほか圧力がかかるので、テーブルの上に直接おいてウェディングツリーがズレないように固定しておくことおすすめします。

(4)ウェディングツリーを作る際の注意点

当日は失敗したり、壊れたりすることも想定して、予備のウェディングツリーを1枚用意しておいてください。

カラフルな色にするのか、それとも一色にするのか、ウェディングツリーの完成をイメージしてそれに合うインクを用意しておきましょう。

繰り返しになりますが、ウェディングツリーは日本国内ではまだまだ知名度の低い演出です。ウェディングツリーを初めて見るゲストにも理解してもらえるよう、分かりやすくやり方を説明したカードをツリーの横に置いておきましょう。

3、今どきのウェディングツリーアイデア20選!

shutterstock_216117694

ここからは最近の結婚式のウェディングツリーのアイデアをご紹介していきます。

結婚式のテーマやイメージに合うウェディングツリーの参考にしてくださいね。

(1)カラフルなウェディングツリー

E794BBE5838F20004

出典 http://zexy.net

(2)ふたりのイラスト入り

7a32f699f524ac21d4bfd1c383ad22da53555ad8

出典 https://minne.com

(3)立体的なウェディングツリーで迫力満点

wishing-tree-style-me-pretty-by-daniel-usenko

出典 https://english-wedding.com

(4)ガラスでできたウェディングツリー

nic and rich wedding tree

出典 http://colourfuldaysbyannabennett.blogspot.jp

(5)手作り感があって温かいウェディングツリー

IMG_0939

出典 http://zexy.net

(6)ディズニーの大人気映画「塔の上のラプンツェル」のイラストに指印したアイデア

307135-image

出典 http://bridalbox-shop.net

(7)ゲストの指印が揃うとバルーンが完成するロマンチックなアイデア

il_570xN.487414856_6s0v

出典 https://www.etsy.com

(8)ブラックとピンクのコントラストが美しい

img14.shop-pro.jp

出典 http://paperdance.info

(9)結婚誓約書とウェディングツリーがひとつに!

0143_08

出典 http://www.fino-bouquet.jp

(10)ハートモチーフのキュートなツリー

86ed08f9cf3decafadedcc5467808eaa

出典 http://wedding.thank-smile.jp

(11)葉っぱのスタンプでナチュラルに

stamp-shimon1

出典 http://paperdance.info

(12)たくさんのシールを貼ればウェディングバルーンの完成!

cfd0e04d5b53839918df753cfee8e9cbc5191370

出典 https://minne.com

(13)木で作った世界にひとつだけのウェディングツリー

05220028_537cc62c4aeac-2

出典 http://treat.carocara.com

(14)リースに指印するアイデアも!

1_11d35ca6dd18e04847b6ab456efaaeaa8424b7aa_583x585

出典 http://www.creema.jp

(15)まるで本物の花びらのよう

79711d1ed2b5ebc5897bb27e80e2bfc5d27ad25c

出典 https://minne.com

(16)今にも飛んでいきそうな巨大バルーン

it-5603aa896b98d-1200-2

出典 https://www.iichi.com

(17)絵本のようなウェディングツリー

img14.shop-pro.jp-2

出典 http://paperdance.info

(18)参列したゲストのサインもしっかり入っています

ATK00930523

出典 http://zexy.net

(19)みんなで1本のサクラの木を完成させるアイデア

5aec6532fa2cb194ace15c792e905f3e1

出典 http://www.bonmariage.jp

(20)こんなウェディングツリーがあればウェルカムスペースも華やか

45435247

出典 http://paperdance.info

まとめ

いかがでしたか?

ウェディングツリーは色んな材料を使ってツリーに見立てることができます。

消しゴムハンコ、指印、葉っぱ、型紙、シール、ペンなど様々なアイテムを使ってゲストと共にツリー作り上げましょう。

中にはネイルをしているために指印に抵抗がある方や、ドレスにインクが付着することを気にされる方もいらっしゃるので、指印以外にもスタンプやシールといった手が汚れないものを用意しておく配慮があると、ゲストの心証も格段によくなるはず。

ウェディングツリーはまだまだ認知度の低い演出。それゆえにウェルカムスペースに説明カードと共に設置していてもゲストは気付かず素通りしてしまうケースも多々あります。

ウェルカムツリーの存在を知ってもらうためにも、積極的にアナウンスで声掛けをしたり、事前にウェルカムツリーの存在をお知らせしておいたりすると、ゲストも興味を持って集まってくれるでしょう。

世界にひとつしかない特別な宝物をゲスト共に作成して素敵な思い出にしましょう。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ