プロポーズとは?女性が憧れるプロポーズから具体的な方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
couple, love, proposal and holiday concept - close up of man hiding red box behind from woman at restaurant

couple, love, proposal and holiday concept – close up of man hiding red box behind from woman at restaurant

そろそろ結婚を意識し始めているけれど、どうやって結婚に踏み出せばよいのか分からないという方、その始めの一歩となるのが“プロポーズ”です。

今回は、プロポーズの起源から、タイミング、プロポーズにおすすめの場所、さらには女性がキュンとくるプロポーズの言葉や演出方法をご紹介します。

 目次

1、プロポーズとは?

2、プロポーズが成功すると婚約?

3、女性が憧れるプロポーズは?

4、プロポーズはどのようにすればいい?

1、プロポーズとは?

そもそもプロポーズとは、言わずと知れた『求婚』のことです。男性から女性に、あるいは女性から男性に、さらに想い合っているカップルなら同性に、結婚を申込む行為です。一生に一人の運命の相手に結婚を申し込むのですから、どれだけ相手を愛しているか想いの丈を相手に伝えます。

プロポーズの歴史を遡ると、古墳時代から存在したようです。その後平安時代には、万葉集などで知られる通り、想いを歌に込めて相手に送り求婚しています。江戸時代は、庶民の間でも手紙や和歌でプロポーズしていました。さらに明治時代に入ると、男性が女性の親に結婚を申し込んでいました。今ではここまで格式張った求婚も珍しいですが、女性のご両親に「お嬢さんをください」と男性が挨拶するのは、この頃からの名残なのです。

2、プロポーズが成功すると婚約?

プロポーズが見事成功すれば、2人は結婚の約束をした仲。つまり『婚約』をしたこととなります。ここから、2人の結婚生活に向けた準備が始まるのです。

まずは、男性が女性のご両親に挨拶に行き、結婚の承諾を得ます。そして次は、女性が男性のご両親に挨拶に行き、男性の家族に婚約者として紹介してもらいます。

プロポーズの際に婚約指輪を渡す男性もいますが、まだ用意をしていないカップルは婚約指輪の準備も忘れずに。

それぞれの家族に挨拶が済んだら、両家の顔合わせや結納を行い、新しい家族となる親族同士を紹介しましょう。

結婚式を挙げるつもりであれば、式場探しのためのブライダルフェア巡りを。場所が決定したら、ドレス選びや招待状の作成など、本番に向けた怒濤の準備の日々が始まります。

※プロポーズ後の流れについて詳しくは「プロポーズされたら?その後の流れと相手の親への挨拶を成功させる方法」をご参照下さい。

3、女性が憧れるプロポーズは?

ここでは、どのようなプロポーズをしたらよいかをお考え中の方向けに女性が憧れるプロポーズをご紹介していきます。

(1)自宅でくつろいだ雰囲気の中プロポーズ

静かな場所でかつ、他に人がいないので、シャイな男性も想いを伝えるのに最適なのが自宅。自分のタイミングでプロポーズできるのもいいところ。

自宅で寛いでいたら不意に『一生一緒にいよう』なんて言われたら、驚きと喜びで女性はテンションが上がる事間違いありません。

中には、差し出されたマグカッップのコーヒーを飲み干すと、底に ”Will you marry me?”と書かれていたという、かわいらしい演出でプロポーズされた方も。

(2)おしゃれなレストランで正統派プロポーズ

夜景のきれいな特別感のある高級レストランでディナーを楽しむ2人。最後に運ばれてきたデザートプレートには、彼女の名前と『僕と結婚してください』という愛のメッセージが添えられていて…。王道ながら女性ウケは鉄板の演出。言葉にして伝えるのが恥ずかしい方でも、キザに決めることが可能です。

デザートプレートの他にこのシチュエーションでは、シャンパングラスに指輪を沈める、という凝った演出もニクいです。

(3)花束を添えてプロポーズ

婚約指輪を差し出され、プロポーズされるのはもちろんうれしいのですが、ダメ押しの花束があると女性は至福です。

女性はお花が大好き。花は高級嗜好品なので、プレゼントされるとぐっと特別感が増しますし、温かい気持になれます。

一昔前のトレンディドラマのように、両手にいっぱいの花束を車のトランクから出したり、季節の花をおしゃれにアレンジしたり、花言葉で選んだ花をプレゼントしたりと、あなたのプロポーズを花で彩ってはいかがでしょうか。

(4)2人の記念日に、思い出の場所でプロポーズ

2人が付き合い始めた記念日に、思い出の場所でプロポーズされるのは女性の憧れ。始まりの場所で永遠の愛を誓うのは、2人のこれまで歩んで来た道のりと未来への希望を感じさせ、とても感慨深いものです。学生時代からの交際していた付き合いの長いカップルは、特に胸キュンですよ。

出会った頃の初心に戻れば、改めてお互いの存在を大切にしようと思えるのでは。

(5)チャペルを貸切って神聖な空間でプロポーズ

教会や式場のチャペルを貸切って、プレ結婚式のようなプロポーズは感動的。女性にとって忘れ難いプロポーズになります。

チャペルの荘厳で神聖な空気の中、永遠の愛を誓うのですから、男性の結婚への真剣さが女性に伝わります。仮に結婚後に喧嘩することがあっても、神様に誓った愛をそう簡単に覆すこともできないため、結婚生活の良い戒めともなりそうです。

4、プロポーズはどのようにすればいい?

次は実際にプロポーズをするための準備の流れについて書いていきます。

(1)プロポーズのタイミングは?

結婚したカップルの交際期間は1年以上2年未満が最も多いそうです。

結婚に踏み切るきっかけとなるのは、女性の妊娠、男性の転勤、女性の年齢、親の病気など。

女性は、誕生日やクリスマス、2人の記念日などのイベントには内心ドキドキしながらプロポーズを期待しているもの。

交際期間も長くなり、「そろそろ結婚しようかな?」と思っている方は、上記のタイミングを逃さずに、思い出に残る素敵なプロポーズを彼女にプレゼントしてあげてください。

※プロポーズのタイミングについて詳しくは「プロポーズのタイミングは? プロポーズを成功させるために知っておきたいこと」をご参照ください。

(2)プロポーズの場所は?

生涯の愛を誓うのですから、落ち着いて話のできない場所や、暑い、寒い、騒音がするなど集中できない状況ではおちおち余韻にも浸れません。

女性はムードを大切にしたい生き物。2人で落ち着いて話せる快適な空間、しかも特別な日らしい雰囲気のある場所だとなおいいですね。

夜景の綺麗なレストランやホテル、くつろげる自宅、神聖な空間である教会、2人が出会った場所や思い出のお店などがおすすめです。

※詳しくは「プロポーズをする際の参考に!オススメの場所8選」の記事をご参照ください。

(3)プロポーズの演出は?

日常の何気ない時間の中でのナチュラルなプロポーズや、ヘリコプターやリムジンを貸切った異空間でのプロポーズ、さらには業者や友人知人を巻き込んでサプライズ演出を敢行するなど、プロポーズの演出方法は趣味・嗜好によって様々。

自分の性格はもちろん、彼女が一番喜んでくれるプロポーズを熟考の上、プランを練りましょう。

※プロポーズの効果的な演出方法については「プロポーズを成功に導く演出アイディア15選」の記事でもご覧いただけます。

(4)プロポーズの言葉は?

ストレートながら、男らしさにキュンとすること間違い無しの、

『僕と結婚してください』

茶目っ気たっぷりに、

『名字、お揃いにしませんか?』

女性の憧れである、“永遠”を誓うロマンティックなプロポーズ

『このままずっと、一生一緒に暮らそう』

など、正統派な男らしいプロポーズから、遊び心ある変化球プロポーズまで、女性が思わず『はい!』と答えたくなるプロポーズのフレーズ集は「プロポーズを成功に導く言葉30選!」をご覧ください。

(5)プロポーズのプレゼントは?

『プロポーズには婚約指輪を用意しなくては』と思い込んでいる男性も少なからずいると思いますが、指輪はサイズや好みなど事前に調べる必要があり、一人で購入するのは勇気がいるもの。実際に結婚したカップルの多くは、婚約指輪はプロポーズの後に2人で選んでいるそうです。

プロポーズの際におすすめのプレゼントは、前述の通り花束や、サイズを聞く必要の無いネックレスやピアス。2人で一緒に時を刻んで行こうというメッセージをこめて、時計もおすすめですよ。

※プロポーズのプレゼントについて詳しくは「サプライズプロポーズのために!おすすめプレゼント6選」をご参考になさってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「プロポーズなんて恥ずかしいし、今更口にするほどのものでも…」なんて考えていてはダメ!いい加減なプロポーズをすると、結婚後もパートナーに禍根を残すこととなります。

プロポーズがかっこよく決まれば男性の格も上がるというもの。2人の結婚への第一歩であるプロポーズで気持のいいスタートを切り、幸せな結婚生活へ歩み始めましょう。

今回の内容がそんな結婚生活を迎えて頂くための参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ