fbpx

高品質ダイヤモンドの指輪が欲しいならヘリカルコード表参道がおすすめ

プロポーズ

    婚約指輪は自分にとってひとつだけの宝物だからこそ、「婚約指輪はダイヤモンドの質にこだわりたいし、誰かと同じようなデザインになるのは嫌だな」とか「結婚の記念の品だから、想いやストーリーを感じられる指輪がいいな」などと思っている女性も多いのではないでしょうか。

    そんな方におすすめなのが、質とセンスを兼ね備えたHELICAL CHORD(ヘリカルコード)というジュエリーブランドです。

    ヘリカルコードのADEVE(アデヴェ)という新サービスでは、ひとつのダイヤモンドをふたりで分け合うことができます。愛するパートナーとの絆を象徴する唯一無二の指輪と作れるなんて素敵ですよね!これぞまさしくふたりの愛と絆の究極形と言えるかもしれません。

    カップル応援キャンペーン

    1、ヘリカルコードとは?

    ヘリカルコードは2005年にデビューし人気を博した「Art of Inspiration(アートオブインスピレーション)」をデザイナーのkang氏がリブランディングし、一生を共にできるブランドとして2020年にデビューさせた新進気鋭のジュエリーブランドです。

    「想い」や「ストーリー」から生まれたジュエリーブランドで、ファッション好きな女性たちやトレンドに敏感な女性たちから注目されています。

    ヘリカルコードのアクセサリーには男性デザイナーならではのクールでモードなデザインが多く、既にたくさんの女性を魅了していっています。ヘリカルコードの高品質かつおしゃれなデザインのジュエリーはハイセンスな女性たちの憧れの的!

    リング

    出典:HELICAL CHORD(ヘリカルコード)公式オンラインショップ

    ヘリカルコードの指輪は少し太めで大きめのデザインが特徴的。若いうちは細身のデザインの指輪もよく似合いますが、年齢を重ねた肌には太めのデザインのほうがよく馴染んだりもします。また、厳選された質の高いダイヤモンドの輝きは人生経験を積んだ大人の女性によく似合います。

    とくに婚約指輪や結婚指輪は一生身につけるものだからこそ、「今の自分に似合うかどうか」だけでなく、何年後、何十年後まで見据えたデザインの指輪を選ぶのがおすすめ!ぜひとも「未来の自分に似合うかどうか」を見極めたいところです。

    2、4つのジュエリーコレクションをご紹介します!

    (1)HELICAL(ヘリカル)

    ヘリカルコードで最もアイコニックなデザインといえば、やはり螺旋をかたどったデザインですが、これがヘリカルというコレクションになります。

    この螺旋状のデザインには生命の奇跡そして他の誰とも違う「あなたという奇跡」を大切にしたいという想いが込められています。また、ジュエリーの中央に位置する「H」のロゴはHUMAN(人)の頭文字で、身につけるひとの“そのひとらしさ”をイメージしているのだそうです。

    ヘリカルは個性の象徴であるDNAの螺旋の形状から着想を得たコレクションです!

    (2)CHORD LINKS(コードリンクス)

    コードリンクスは感情の繋がりを表現したコレクションです。

    リング2種
    リング2種

    大切なひとが静かに寄り添ってくれた日、とても幸せで笑顔がたえなかった日、羽が生えそうなくらい嬉しかった日、それらの感情を繋いでいくかのような、ひとつひとつ紡がれたデザインが特徴的です。

    (3)EMOTIONAL CHORD(エモーショナルコード)

    コードは「音」を意味する言葉で、エモーショナルコードのデザインコレクションには「人生が奏でる音色」の美しさを表現したいという想いが込められています。

    絶え間なく刺激を受け続けて年齢とともに変化し続ける自分の考えかたや気持ち。日々魅力をアップデートしていく自分に誇りを持っている方にピッタリのコレクションです。

    (4)ADEVE(アデヴェ)

    ヘリカルコードではダイヤモンドをより美しく輝かせるカット技術についても妥協することなく追及しています。しかし、あえて”美しく輝くカット”ではなく”原石を大切なひとと分かち合うこと”に重きを置いたダイヤモンドの加工方法を取り入れたADEVE(アデヴェ)というサービスも行っています。

    これは正八面体をしたラフダイヤモンドの原石を半分にカットし、それをふたりで分け合うという斬新なダイヤモンドのカタチで、既存のダイヤモンドの価値感覚とはひと味違うヘリカルコード独自のサービスです。

    離れていても近くにいても、大切なひととは常に繋がっていたいし、同じ方向を向いて歩んでいきたいものですよね。そんな願いを表すかのようなダイヤモンドのあり方って、とても素敵だと思いませんか。
    もともとひとつだった原石をふたつに分けて結婚指輪にセットすれば、常にお互いを感じることができる唯一無二の指輪になること間違いなし!

    自分自身、そして人生をともに歩んでいく大切なひとと紡いでいくストーリーとリンクするかのようなデザインの指輪を身につけたら、自分の人生にも、大切なパートナーにも、そして指輪に対しても愛おしさが増しそうですね!

    3、独自の基準で厳選したこだわりのダイヤモンド

    ヘリカルコードで使用されるのは、全て独自の基準をクリアした高品質なダイヤモンド。カラーは無色透明に近いFカラー以上、クラリティは透明度の高いVS2以上と世界最高レベルのダイヤモンドのみを提供しているのが特徴です。

    ある程度の大きさがあるセンターダイヤモンドだけでなく、メレダイヤモンド(0.2ct以下の小さなダイヤモンド)にも独自の品質基準を設けています。

    株式会社ESP総研が発表した「メレダイヤモンドの品質基準」に関する市場調査にて
    婚約指輪のセンターストーンの品質基準が高く、かつメレダイヤモンドの品質基準が高い」企業/ブランドに選ばれました。

    このことからも、ヘリカルコードのダイヤモンドの品質の高さを伺い知ることができますね。

    なお、ヘリカルコードではダイヤモンドのカットは「ハート&キューピッド」のみを採用しています。ハート&キューピッドのダイヤモンドを作り出すためには高い加工技術が必要で、これは国内トップクラスの職人によって生み出される熟練のカット技術なくしては作り出すことができません。

    ハート&キューピッドは特殊なルーペを当ててみるとキューピッドの矢を思わせる8つの光と8つのハート型が浮かび上がる複雑かつ繊細なカット技術です。

    矢のような光とハートの形は特殊なルーペでしか見ることができませんが、ハート&キューピッドのダイヤモンドは通常のダイヤモンドよりもより一層強く美しい輝きをまとっていて、この違いは肉眼でも一目瞭然です。

    4、自分たちらしさをブライダルリングに投影できる特別感

    ヘリカルコードのジュエリーは全て受注生産となっています。全てのジュエリーがオーダーしてから約4週間以降に届くスケジュールとなっていて、石選びから納品までをkang氏が一括して管理するという徹底ぶり。一切の妥協を許さず、細部まで行き届いたジュエリー作りに邁進するというのもまたヘリカルコード”らしさ”なのですが、その中でもとりわけ特別感があるのが一から作り上げてもらえるブライダルジュエリーです。

    なんと、婚約指輪や婚約指輪を自分たちだけのオリジナルストーリーをテーマにkang氏が直接デザインしてくれるというのです!

    もちろん既存のラインナップからふたりの指輪を選ぶのも良いですが、オーダメイドで作り上げてもらう特別感もまた格別の良さがあります。
    自分たちにとっての最良を選択できる自由度の高さも「想い」や「ストーリー」を重要視しているヘリカルコードならではの心配りだと言えそうです。

    表参道にあるヘリカルコードの店舗には専用のブライダルルームが完備されていて、相談は無料で行うことができますよ。オンラインでも対応してもらえるので、遠方で店舗に直接足を運ぶことができない方も安心です。

    5、生涯無料のアフターメンテナンスが嬉しい!

    長く使用するジュエリーにはアフターメンテナンスが欠かせません。ヘリカルコードなら、メンテナンスは一生涯フリー!壊れた箇所や傷ついてしまった箇所の修復はもちろん、サイズ直しなどにも随時対応してくれるので、快適な状態のまま長く身につけることができます。

    保証内容は石の留め直し、石の紛失保証、サイズ直し、変形直し、仕上げ直し、クリーニングとなります。ダイヤモンドを紛失してしまっても無償で新しいダイヤモンドを用意してもらえるのは安心感がありますね。

    ただし紛失した石が一度に5個以上の場合は有償となる場合があるとのこと。
    また婚約指輪のセンターストーン紛失については無料保証の対象外なので、
    修理する場合は有償での対応となりますので注意してください。

    さらに、完全に潰れてしまっているなど変形の程度や具合によっては修理を受け付けてもらえないこともあります。

    6、熟練の職人と専任コンシェルジュによる抜群の安心感

    ヘリカルコードのジュエリーは全てが国内にて生産されています。そして、制作に携わるのはたしかな技術を有する職人のみ。たとえばヘリカルコードの高品質なダイヤモンドを土台にはめ込んでいるのはこの道数十年のベテラン職人です。接着剤などを使用せずにダイヤモンドをセットするその技術は圧巻です。この一流の技術も、ヘリカルコードのダイヤモンドをより魅力的にしている理由のひとつなのですね。

    また購入者ひとりひとりに対して専任のコンシェルジュがつき、商品選びはもちろん、各種トラブルや相談事に至るまで随時対応してもらうことができます。

    大切な買い物だからこそ、高いサステナビリティとホスピタリティを感じられるのは嬉しい!

    7、デザインだけでなく想いの詰まった指輪を探している方におすすめ

    それぞれ違うひと同士が出会い、共鳴し合って生きています。恋愛も結婚もそれらの延長線上にあるものです。

    ヘリカルコードが掲げる想いとストーリーは永遠の愛を誓い合ったふたりが持つジュエリーにピッタリ。お互いにとってのたったひとりに出会うことができた奇跡をオンリーワンの指輪で表現することができたら、ふたりの絆はより一層深く確固たるものになる気がしませんか。

    婚約指輪や結婚指輪はふたりにとって特別な意味と想いとストーリーをもつ指輪です。自分たちらしさを大切にしたい方は、ぜひヘリカルコードの婚約指輪や結婚指輪を検討してみてはいかがでしょうか。

    世界にひとつしかないものを、自分にとってたったひとりの大切なひとと分かち合う奇跡。
    結婚指輪はお互いの繋がりを感じることができる唯一の指輪とも言えますが、
    ADEVEのダイヤモンドならその感覚がさらに高まる予感がします。

    ダイヤモンドは長い年月をかけていくつもの条件が重なって自然が作り出した奇跡の石。人工的につくられたものではない天然のダイヤモンドは、色、大きさ、形、どれをとっても世界に同じものはふたつとありません。

    嬉しいときも悲しいときも、どんなときもそばに寄り添い続けていくと決めたふたりを見守り続けるADEVEのダイヤモンド。きっと、おふたりの新しい門出にふさわしい指輪になることでしょう。

    8、ヘリカルコード ジュエリーカフェ 店舗情報

    2021年7月、表参道に総額3億円のジュエリーを自由に手にとって試せるヘリカルコードのジュエリーカフェがOPENしました!ここでしか味わえないスイーツやコーヒーを楽しみながらジュエリーを試着することができます。

    購入を検討している方は、ぜひHELICAL CHORD JEWELRY & CAFEで試着体験をしてみてはいかがでしょうか。


    HELICAL CHORD JEWELRY & CAFE

    住所:東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R 1F
    営業時間:11:00-20:00(L.O.19:30)
    公式 HP:
    HELICAL CHORD 公式オンラインショップ
    HELICAL CHORD JEWELRY & CAFE

    婚約指輪・結婚指輪探しにオススメ
    結婚指輪・婚約指輪を探している方に人気の記事をピックアップしました!
    • 婚約指輪・結婚指輪の相場
    • 婚約指輪・結婚指輪の人気ブランド
    • 賢く婚約指輪・結婚指輪を手に入れるには?
    など、以下の記事で詳しくご紹介。 理想通りの婚約指輪・結婚指輪を手に入れる一助になると思いますので、あわせてお読みください。
    ・ハウツーマリー経由の来店予約で1万円の商品券など豪華特典プレゼント実施中
    ・婚約指輪人気ブランドランキング【価格帯別】【世代別】
    ・婚約指輪・結婚指輪ブランドの格付けとブランド一覧
    ・婚約指輪・結婚指輪ブランド徹底比較!ブランド選びに欠かせないポイントとは?
    ・低予算でも後悔なし!安い婚約指輪ブランド12選と安く抑えるコツ
    ・賢く婚約指輪を購入するために!婚約指輪の来店予約をする前に読むべき6項目
    ・20代の婚約指輪の相場と人気について!悩んだ際の解決方法もご紹介
    ・20代前半の憧れ【2大】婚約指輪ブランド!平均購入価格は?
    ・30代の女性に選ばれる婚約指輪の相場・デザイン!
    友だち追加数
    友だち追加数
    指輪のパンフレット請求ページへ
    指輪のパンフレット請求ページへ

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ