ドレスを捨てる覚悟で!?美し過ぎる水中フォトウェディング

    様々な場所でフォトウェディングを楽しむカップルがいらっしゃいますが、ドレスを汚さないよう撮影されている方がほとんどではないでしょうか。そんな中、アメリカでは、Trash The Dress (トラッシュ・ザ・ドレス)と呼ばれる、ドレス姿で水に浸ったり、泥まみれになる撮影方法が人気です。

    今回はその中でも、美しい水中フォトウェディングをご紹介します。

    目次

    1、ディープダイブで2人だけの思い出を
    2、神秘的!?マーメイドブライドに変身!
    3、波の音を感じるフォトウェディング
    4、自然を満喫するフォトウェディング
    5、プールで楽しむフォトウェディング

    1、ディープダイブで2人だけの思い出を

    水中フォトウェディングといえばやっぱり海の中。海中で2人だけの思い出を作ってみませんか?

    (1)水中に舞うドレスが美しいショット

    w1

    出典:http://www.weddingideabox.com/

    (2)アクティブなカップルにおすすめ、スキューバーでフォトウェディング

    w2

    出典:http://bali.mehthesheep.com/

    (3)サーフィンが趣味のカップルにおすすめ

    w3

    出典:http://moncheribridals.com/

    (4)チャンスは1回だけ!2人で水中にダイブ!

    w4

    出典:http://moncheribridals.com/

    水中フォトウェディングを思いっきり楽しみたいカップルにおすすめの海中での撮影。2人だけの思い出が詰まったフォトウェディングになること間違いありません!

    2、神秘的!?マーメイドブライドに変身!

    素潜りが得意な花嫁さんなら、マーメイドのように華麗に水中を舞ってみてはいかがでしょうか?

    (1)まるでダンスをしているかのようなドレス姿にうっとり

    w5

    出典:http://webidea40.blogspot.jp/

    (2)自然を生かしたパノラマショット

    w6

    出典:http://www.boredpanda.com/

    マーメイドのように水中を自由自在に泳いでみましょう。神秘的なマーメイドショットが期待できます。

    3、波の音を感じるフォトウェディング

    水中は苦手というカップルにおすすめなのが、波打ち際での撮影です。

    (1)浅瀬で思いっきり水遊び

    w7

    出典:http://www.karenlisa.com/

    (2)ウェディングドレスで砂浜に寝そべって

    w8

    出典:http://www.mandjphoto.com/

    (3)海をバックにロマンチックフォト

    海をバックに

     

    海はフォトウェディングの人気スポットです。波の音を感じながら2人だけの世界を撮影してみては!?

    (5)海の中に半身浸かってフォトウェディング!

    shutterstock_210268957

    新郎新婦が海の中に浸かってのフォトウェディングも新しい!

    (6)夕日をバックに!

    夕日をバックに!

    夕日をバックにロマンチックなフォトウェディングを!

    4、自然を満喫するフォトウェディング

    水中フォトウェディングは何も海だけではありません。海より山や川派!におすすめのフォトウェディング。

    (1)川遊びをしながら

    w10

    出典:http://moncheribridals.com/

    (2)自然をめいっぱい感じる1枚

    w11

    出典:http://www.jesshunterphotography.com/

    自然の中でのフォトウェディングなら、気分もリフレッシュされ素敵なショットが撮れること間違いありません。

    5、プールで楽しむフォトウェディング

    もう少し手軽に水中フォトウェディングを楽しみたいならハネムーンなどの滞在先のホテルのプールを使う手もあります。

    (1)プールで思いっきり遊ぶ

    w12

    出典:http://www.stylemepretty.com/

    (2)ちょっぴりコミカルなストーリー作り

    w13

    出典:http://www.praisewedding.com/

    [column] フォトウェディングのドレス・着物。レンタル?買い取る?
    →汚れを気にせずアクティブに振舞える「買取」も賢い選択。

    写真がメインのウェディングの場合、基本的にドレスを着たまま外出し、カメラマンの指示に従いながらいろいろなロケーションで撮影を行っていきます。
    レンタルドレスの場合、汚れを気にして天候や撮影場所を狭めてしまうということもあるかもしれません。

    買取はレンタルに比べて金額が「高い」イメージもありますが、レンタルがブームである事から逆に大幅値下げを行っていたり、手頃な価格で購入できるウェディングドレスもあります。
    まずはショップサイトや自分の好きなブランドのウェディングドレスをチェックして、相場の感覚をつかんでみるのも良いでしょう。案外レンタルで汚してしまうより、買取の方が賢い選択になる可能性もありますよ。

    <ハウツーのおすすめショップ3選>
    オシャレ・上品ドレス・レディースファッション通販【Doresuwe】


    国内外のウェディングドレスが驚きの割引率で手に入る通販サイト。相場は、支払額ベースで1万円後半〜4万円程度のものが多く掲載されている。価格表示はすべて日本円。シンプルで上品なデザインのドレスが多い事、またラインナップの豊富さに好感が持てます。

    MIMATSU GLOUP ONLINE STORE(三松グループオンラインストア)

    全国で122店舗で展開中のアパレル・ジュエリー・着物の総合ブランドで有名な三松のオンラインストア。マギーさんでおなじみの人気ブランド「AIMER-エメ」、 ドラマ「逃げ恥じ」で新垣結衣さんが着用した「TIENS ecoute-ティアンエクート」などウェディングに適した着物・ドレス・ジュエリーを始め、カジュアルアパレルも多岐にわたるカテゴリーをラインナップ。

    Taidobuy.comレディースファッション
    (タイドバイ)

    中国では最大卸売インターネット通販ストア。最近では日本のユーザーも増加しているのだとか。お呼ばれドレスやカクテルドレス等も種類が豊富。普段使いもしやすそうなサイト。

    まとめ

    いかがでしたか?水中フォトウェディングの魅力を感じていただけましたか。

    水中フォトウェディングは、 Trash The Dressと呼ばれる通り、ドレスをゴミ箱に捨てる覚悟が必要です。捨てないまでも、撮影後、ドレスの縫い目に入り込んだ砂はドライクリーニングで落とすことができませんので、やはり覚悟が必要です。しかし、ずぶ濡れになって撮影された写真は、何度も見返したい一生の大切な宝物になるでしょう。これからフォトウェディングを考えているお二人も是非、水中での撮影を検討してみてはいかがでしょうか。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ