内容は?相場は?結納品について知っておきたい6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

婚約して結納をすることになったけれど、結納品がどのようなものか分からないという方もいらっしゃるでしょう。中には、そもそも結納とは何をすることか詳しくは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 結納品の内容は?
  • 結納品を揃えるためにかかる金額の相場は?
  • 結納品の他に準備すべきもの

についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

1、結納とは?
2、結納品とは?
3、結納品にはどのようなものがある?
4、結納品を揃えるのにかかった金額の相場は?
5、結納品はどのように用意する?
6、その他結納で必要なものとは?

1、結納とは?

結納とは?

結納とは、婚約したカップルとその両家が親類となって「結」ばれることを祝い、贈り物を「納」め合う儀式のことです。一昔前までは必ずと言っていいほど行われていた儀式ですが、近年では結納を行わず両家の顔合わせ食事会で済ませるカップルや、ホテルや料亭で簡易的に結納を行うカップルも多くなってきています。

2、結納品とは?

結納品とは?

結納品とは、贈ることで相手に感謝の気持ちや喜びの気持ちを伝えるための品です。結納時に贈ることが習慣とされてきました。

結納品は以下の「3、結納品にはどのようなものがある?」で紹介する9品目揃えるのが正式な形ですが、簡易的な場合、または地域によっては7品目もしくは5品目など二つに割れない奇数の品数で用意をする場合もあります。

ゼクシィ結婚トレンド調査 2014」によると、首都圏で結納を行ったカップルで、結納品の品目数は5品目であったと答えたカップルが22%と最も多く、次いで3品目と7品目と答えたカップルが17%と多かったようです。

3、結納品にはどのようなものがある?

ではいよいよ、結納品にどのような品があり、それぞれどのような意味や思いが込められているのかを詳しくご紹介してきます。

(1)家内喜多留 (やなぎだる)

imi-yanagidaru

出典:http://mizuhiki.jp/

本来は柳の木でできた酒樽のことで、「我が家に喜び事が多く集まり、いつまでも続きますように」と想いが込められた贈り物です。鶴と亀の装飾がされた物を対で送るのが一般的です。

(2)結納金(ゆいのうきん)

imi-yuinoukin

出典:http://mizuhiki.jp/

男性から女性に対して贈る金封のことです。昔は着物の小袖を送っていたことから「小袖料」、地域によっては「宝金」「御帯料」ともいいます。

なお、結納の際は、結納品に加えて結納金の準備も必要となります。「ゼクシィ結婚トレンド調査 2014」によると結納金を送ったカップルの中で結納金の全国平均は92.7万円でした。

「小袖料」または「御帯料」とも呼ばれる結納金の金額は決められているわけではありませんが、嫁ぐ側の準備金といった意味合いがあります。贈る側の家や本人の実力に合った金額を贈るようにしましょう。

Untitled

(3)優美和(ゆびわ)

imi-yubiwa

出典:http://mizuhiki.jp/

婚約の証として贈る品のことです。婚約指輪を用意することが一般的で、華やかに飾ることで一層想いの込められた贈り物になります。婚約指輪全般について詳しくは「婚約指輪|一生大事にしたい婚約指輪を購入するための全知識」をご参照ください。

(4)友白髪(ともしらが)

imi-tomoshiraga

出典:http://mizuhiki.jp/

白い麻糸の束の贈り物です。麻糸は切れにくいのが特徴なため、長寿の願いと新郎新婦の二人が末永く強い絆で結ばれるようにと願いが込められた贈り物です。

(5)末広(すえひろ)

imi-suehiro

出典:http://mizuhiki.jp/

純白の扇子の贈りものです。末広がりに両家に福が訪れますようにと願いが込められた贈り物です。

(6)長熨斗 (ながのし)

imi-naganoshi

出典:http://mizuhiki.jp/

鮑(アワビ)の肉を伸ばして乾燥させた贈り物です。延命に通じ長寿の願いや、魚介の独特な生臭さから魔除けの意味も込められた贈り物です。

(7)寿留女 (するめ)

imi-surume

出典:http://mizuhiki.jp/

するめは昔から祝辞の際には必ず用いられていた贈り物で、噛めば噛むほど旨みが増し日持ちすることから、「変わらず末永く」という想いが込められています。

(8)子生婦 (こんぶ)

imi-konbu

出典:http://mizuhiki.jp/

昆布はするめ同様、昔から祝辞の際には必ず用いられていた縁起物です。「よろこんぶ」の語呂合わせから、立派な子供を産んで欲しいという子宝反映の意味も込められています。

(9)目録(もくろく)

mokuroku

出典:http://e-shirokiya.com/

結納品の内容の詳細が記載された送り状のことを指します。地域によって品目数に入れる所やそうでないところがあります。さらに包み方も異なるため用意をする場合は両親にも相談してみましょう。

4、結納品を揃えるのにかかった金額の相場は?

ゼクシィ結婚トレンド調査 2014」によると、結納品を揃えるのにかかった金額の相場は全国平均で18.0万円でした(結納金と婚約指輪などの結納品を除く)。しかし結納品にお金をかける文化がある地域とあまりかけない地域の差がかなりあります。具体的には下記のデータの通りですので、相場を判断するにあたっては、全国平均よりもご自身がお住まいの地域をご参照してみて下さい。

Untitled1

5、結納品はどのように用意する?

結納品は百貨店やブライダルサロン、インターネット等で購入することが出来ます。

インターネットの方が実店舗に行くより簡単に結納品を揃えることができますが、百貨店やブライダルサロンを利用する事で結納品の品目数についてより詳しい説明を聞くことができるメリットがあります。

6、その他結納で必要なものとは?

その他結納で必要なものとは?

結納品や結納金の他にも男性側と女性側で準備する品があります。以下では、男性女性に分けて結納時に必要な品をご紹介していきます。

(1)その他男性が用意すべき必要なものとは?

①受書

受書とは受領書のようなもので、先方から受け取った品目と同じ品目を記載したものです。結納の際に受け取った事を証明するために捺印することで受書は完成します。

②家族書/親族書

家族書と親族書は、両家ともに家族や親族を紹介し合うためのものです。結婚後に両家の付き合いをより円滑なものにするためにも、しっかりと準備するようにしましょう。

(2)その他女性が用意すべき必要なものとは?

①結納返し

結納返しとは、新郎側に頂いた結納品のお礼としてお返しする贈り物のことです。

結納品返しには「袴料」と呼ばれる現金もしくはブランド物の時計や洋服、ネクタイなどが贈られるパターンがあります。婚約指輪のお返しについて詳しくは「婚約指輪のお返しはどうする?彼に喜んでもらう方法」をご参照ください。

②受書

受書とは新郎側同様、先方から受け取った品目と同じ品目を記載したものです。結納の際に受け取った事を証明するために捺印し、受書は完成になります。

③家族書/親族書

女性側も家族や親族を紹介するために家族書や親族書を用意します。結婚後に両家の付き合いをより円滑なものにするためにも、しっかりと準備するようにしましょう。

まとめ

今回は、結納品をメインに結納についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。結納品で用意する品目数や内容は、地域や家庭によって少しずつ異なります。結納を行う際は新郎新婦お互いの家族の意見も参考にするようにしましょう。両家の結びつきを祝福するための儀式をより充実したものにするためのご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ