結婚指輪の相場は?結婚指輪を購入する前に知っておきたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

shutterstock_38882572結婚指輪の購入を検討されている方が気になることの一つに結婚指輪の価格の相場があるのではないでしょうか。

今回は、結婚指輪の相場を含め、購入する前に知っておきたい結婚指輪にまつわる5つのことをご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

1、結婚指輪とは?
2、結婚指輪の相場や予算は?
3、結婚指輪の選び方は?
4、結婚指輪の人気ブランドは?
5、結婚指輪を購入するタイミングは?

1、結婚指輪とは?

結婚指輪とは、夫婦であるカップルが「誓いの証」としてお互いに交換し、身に付けるペアリングのことです。

古代ローマ時代にローマ教皇が約束事を誓約する証である鉄の輪を結婚の誓いとして使用し始めたのが始まりで、日本では50年程前から結婚指輪を交換する習慣が定着し始めたそうです。

結婚指輪の円には繋ぎ目がないことから「永遠のシンボル」とさも言われています。ですので、結婚式で行われる指輪交換はまさに永遠の愛を誓い合う儀式なのです。

また、結婚指輪には身につけることで周囲の人に既婚者であることを知らせるという役割もあります。

2、結婚指輪の相場や予算は?

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪購入金額の全国平均額は2人分で22.6万円だそうです。

ring0

また、夫の結婚指輪の全国平均額は10.9万円で、一方妻の結婚指輪の全国平均金額は13.0万円となっています。夫より妻の方が購入金額が高い傾向にあります。これは、夫の結婚指輪よりも妻の結婚指輪の方が装飾性の高いものを購入するためでしょう。

3、結婚指輪の選び方は?

ここでは、結婚指輪をどの様に選ぶか?についてご紹介していきます。

(1)結婚指輪を購入する際の決定者は?

同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、全国統計で82.1%のカップルが「2人」で決めているようです。

結婚指輪は、婚約指輪とは異なり夫婦で身につける「永遠の愛の証」であるため、夫婦で納得いったものを購入するカップルが多いようです。

ring2

(2)結婚指輪の選び方のポイントは?

結婚指輪を選ぶ際の重要視ポイントは同じく「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、「デザイン」が93%で最も高く、「価格」が46%、「リングの素材」が35%と続き、デザインを重視して結婚指輪の購入を決定しているカップルが一番多いようです。

  • デザイン
  • 価格
  • リングの素材
  • ブランド
  • リングの品質

(3)どの様な基準で選ぶ?

次は、結婚指輪をどのような基準で選ぶかをご紹介していきます。

①デザインで選ぶ

結婚指輪には、下記のようなデザインがあります。

  1. ストレート
  2. S字カーブ
  3. V字カーブ
  4. 極細・繊細
  5. 幅広
  6. イニシャル・モチーフ入り
  7. メレダイヤ付き

ここでは、各デザインについて詳しくご紹介していきます。

  • 1.ストレート

ring3

ストレートとは、リングのアーム部分が真っ直ぐに作られているデザインの結婚指輪です。シンプルを好む方におすすめです。

  • 2.S字カーブ

ring4

S字カーブとは、リングのアーム部分が緩やかなSのような形に作られているデザインの結婚指輪です。さらに細かく分類すると、うねりを加えたようなものとひねりを加えたデザインの2種類に分けられます。

  • 3.V字カーブ

ring5

出典:http://girlschannel.net/

V字カーブとは、リングのアーム部分が指の付け根に向かってV字型に作られているデザインの結婚指輪です。V字の加工が縦のラインを強調してくれるので、指の短い方や手が小さい方におすすめのデザインです。

  • 4.極細・繊細

ring6

極細・繊細とは、リングの幅が細くて繊細なデザインの結婚指輪です。手の小さい方や指が細い女性向けに手元をより華奢で女性らしく演出したい女性におすすめです。

近年では、結婚指輪の重ね付けをされる方も多くなってきており、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けをしたい方やおしゃれを楽しみたい方にもおすすめのデザインです。

なお、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けについて詳しくは「婚約指輪と結婚指輪の重ね付けに適したデザイン画像10選」をご参照下さい。

  • 5.幅広

ring7

幅広とは、リングの幅が広目に作られているデザインの結婚指輪です。細身のリングを「女性らしい」という理由で好まない男性や、関節や指の太さにコンプレックスを感じている女性におすすめのデザインです。

  • 6.イニシャル・モチーフ入り

ring8

イニシャル・モチーフ入りとは、リングのアーム部分にイニシャルや繊細な彫刻や装飾が施されたデザインの結婚指輪です。個性的なデザインがお好きな方や、世界で二人だけのデザインの結婚指輪が欲しいという新郎新婦におすすめのデザインです。

  • 7.メレダイヤ付き

ring9

0.1カラット以下のダイヤモンドのことをメレといい、メレダイヤがあしらわれているデザインの結婚指輪です。

メレダイヤはアーム部分に埋め込まれているデザインのものがほとんどなため、日常使いにも問題がないため、華やかなデザインがお好きなカップルや、婚約指輪を購入しなかったカップルにもおすすめのデザインです。

②リングの素材で選ぶ

結婚指輪のリングの素材は、大きく分けて主に下記の4種類に分けられます。

  1. プラチナ
  2. イエローゴールド
  3. ピンクゴールド
  4. パラジウム/チタン

各種類について、ご紹介していきます。なお、結婚指輪の素材はお二人の好みやライフスタイルに合わせて素材を選ぶようにしましょう。

  • 1.プラチナ

プラチナとは白い貴金属で、耐久性が高く変色にも強いため、ブライダルリングに適している素材です。また、プラチナは酸化しにくい素材でもあるため、変色にも強いという特徴もあります。

  • 2.イエローゴールド

イエローゴールドはアクセサリーに使用されることの多い金属で、ヨーロッパでは結婚指輪として一番多く身につけられている素材であると言われています。

  • 3.ピンクゴールド

金に銅を混ぜた素材がピンクゴールドで、強度がとても強いのが特徴ですが、一方で加工しにくくサイズ調整が難しい素材です。

イエローゴールドより優しく女性らしい色味のピンクゴールドは、近年日本で女性にとても人気のカラーですが、変色に弱いため温泉などに入る際は外して入るなどの注意が必要です。

  • 4.パラジウム/チタン

強度が高く変色もしにくい素材で、他の素材より比較的値段設定も低い金属です。

パラジウムはプラチナと同じ位の輝きを持つ素材で、プラチナの2分の1の重さであることが特徴ですが、摩擦に弱くすり減りやすいことが欠点として挙げられます。

また、チタンは金属アレルギーの方でも身に付けることができる金属です。重さもプラチナの4分の1ととても軽く身につけやすい素材ですが、少し暗めの素材であるため華やかさや輝きを重視される方には物足りないかもしれません。

③テイストのイメージで選ぶ

結婚指輪は新郎新婦の好みのファッションスタイルに合わせて、テイストのイメージから選ぶこともできます。以下に例として挙げたようなテイストのイメージをお店の人に伝えてみましょう。

  • シンプル
  • エレガント
  • ゴージャス
  • カジュアル
  • クラシック
  • キュート
  • 個性的

④ジュエリーブランドで選ぶ

日本国内外にはブライダルジュエリーを取り扱っているブランドが多くあります。

結婚情報誌やインターネット等を利用してお二人の気になるブランドをチェックし、候補のブランドを絞り込んだ上で実際にお店に足を運んで結婚指輪を決めるのもおすすめです。

なお、結婚指輪の人気ブランドについては「5、結婚指輪の人気ブランドは?どこで購入している?」をご参照下さい。

⑤石の種類で選ぶ

結婚指輪についている石の種類から選ぶ事もできます。

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪の石の種類は夫と妻それぞれ以下の通りでした。

【夫】

夫の場合は、「石はついていない」が72.4%と一番多く、次に「ダイヤ」が17.4%と続いています。

ring10

【妻】

妻の場合は、「ダイヤ」が75.1%と最も多く、次に「石はついていない」が20.8%と続いています。

ring11

結婚指輪の購入を検討する際には、まず男女ともに「石がついているかいないか」という選択をした後に「石の種類は何か」という選択になるようです。

4、結婚指輪の人気ブランドは?

次は結婚指輪の人気ブランドを海外ブランドと国内ブランドに分けてご紹介していきます。

(1)結婚指輪はどこで購入している?

そもそも、皆さんが結婚指輪をどこで購入されているのかについて見ていきましょう。

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪の購入店舗は「(路面店など)独立した店舗の国内ブランドショップ」が33%で最も多く、「百貨店内の海外ブランドショップ・コーナー」が14%、「(路面店など)独立した店舗の海外ブランドショップ」が13%、「百貨店内の国内ブランドショップ・コーナー」が12%と続いています。

路面店などの独立した国内外の店舗で購入するカップルが比較的多いようですが、結婚指輪の検討を行う際にはどの様なデザインの結婚指輪があるのか、どこのブランドがいいかなど、百貨店内にあるお店を見て回ることで比較、検討しやすくなります。

ring17

(2)購入するお店の探し方は?

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪を検討する際の情報源として「結婚情報誌」を利用しているカップルが52.9%と最も多く、次に「インターネット(パソコン)」を利用して情報を集めているカップルが34.6%と続いています。

スマートフォンやタブレットの普及とともに近年では、結婚情報誌や今回の記事のようなインターネットでの情報を元に、結婚指輪の品定めや購入するお店を探しているカップルが増えてきているようです。

ring19

(3)海外人気ブランド3選

まずは、結婚指輪の海外人気ブランドを3つご紹介していきます。

①Tiffany & Co.(ティファニー)

ring12

URL:http://www.tiffany.co.jp/

②Cartier(カルティエ)

ring13

URL:http://www.cartier.jp/

③BOUCHERON(ブシュロン)

ring

URL:http://jp.boucheron.com/

(4)国内人気ブランド3選

次は結婚指輪の国内人気ブランドを3つご紹介していきます。

①4℃(ヨンドシー)

ring14

URL:http://4-bridal.jp/

②俄(ニワカ)

ring15

URL:http://www.niwaka.com/bridal/

③STAR JEWELRY(スタージュエリー)

ring16

URL:http://www.star-jewelry.com/bridal

(5)結婚指輪を購入するために何店舗くらいお店を回る?

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪を購入する際に回ったお店の店舗数は「1店舗」が35%で最も高く、次に「3店舗」が22%でした。

全国的に平均検討店舗数は、3.0店舗となっています。

この調査結果からもわかるように、一般的に3店舗程回って購入を検討しているカップルが多いようです。

ring18

5、結婚指輪を購入するタイミングは?

ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると、結婚指輪の検討開始時期は平均で挙式の7.2ヶ月前、実際に購入したタイミングは挙式の5.5ヶ月前のようです。

結婚式当日までに用意されていれば問題はありませんが、デザインやサイズの変更や、指輪の検討期間などにも時間がかかります。早めに検討して購入しておくことをおすすめします。

ring20

まとめ

今回は、結婚指輪の相場についてご説明していきましたがいかがだったでしょうか。お二人の満足いく結婚指輪を見つけるためのご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ