Cartier(カルティエ)の結婚指輪人気モデルの価格と特徴

     

    savannah cat isolated on a brown background結婚指輪のブランドをカルティエでお考えのカップルも少なくないでしょう。

    美しいエンジと、パンテール(ヒョウ)で強い印象を残しているカルティエ(Cartier SA)。フランスのジュエリー・高級時計ブランドであり、1847年の創業以来、フランス、ロシア、ポルトガルやエジプトなどの王室御用達となったブランドです。

    有名なのはグレース・ケリー。1956年1月の婚約式当日、未来の大公妃の指には、その後生涯寄り添うこととなるカルティエのダイヤモンドが輝いていました。グレース・ケリーはこのリングをこよなく愛し、最後の出演作となったチャールズ・ウォルターズ監督の映画『上流社会』の中で、このリングを身に着けたいと自ら申し出たと伝えられています。

    今回はこのようなカルティエについて、

    • カルティエの特徴
    • カルティエの結婚指輪の相場
    • カルティエで選ぶ結婚指輪
    • カルティエでカスタムオーダー

    を、お伝えします。ご参考になれば幸いです。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    ハウツーマリーで観覧の多いブランドTOP5
    previous arrow
    next arrow
    previous arrownext arrow
    Slider

    カルティエの特徴

    ブランドロゴを全面に出さないユニセックスなデザイン

    カルティエのデザインは、トリニティやラブシリーズなど「見る人が見ればカルティエと分かる」ような、少しばかり通でユニセックスなものが主流です。時計でも知られるブランドであるため、手元をカルティエでかためるのもいいかも。カルティエはブランドロゴが全面に出ず、質感の良さで勝負しているため、「いかにも感」が出づらいのです。

    王妃カルティエ、姫ティファニー

    結婚指輪の日本における人気ブランドの2トップがティファニーとカルティエ。そこでティファニーと比較すると、カルティエの方がエレガントなイメージがあります。そのイメージの違いは、王妃カルティエ、姫ティファニーといったところ。 カルティエは、もともとフランスの貴族御用達のブランドだったため、ラグジュアスなイメージがあります。

    結婚指輪をカルティエで選んだ芸能人

    日本だと、安室奈美恵さんが結婚指輪にラブリングを選んだことでもさらに人気が出ました。

    カルティエの結婚指輪の価格帯

    ごくシンプルなものであればひとつ7万円前後から、ダイヤモンド付きであれば50万円以上と想定しておきましょう。高いものになると600万円するものも。

    価格のレンジが広いので、「カルティエというブランドを手にしたい。でも値段が気になる」とハイブランドのイメージにおされている方でも、いちどお店をのぞいてみては? 価格は時節や、デザインで大幅に変わってくるので事前に相場を掴んでおきましょう。

    詳しくは、「カルティエの結婚指輪のページ」をご参照下さい。

    カルティエで選ぶオススメの結婚指輪

    結婚指輪として使うなら、耐久性とデザインのバランスから、幅が2.0mm〜4.0mmのエタニティリングがオススメ。ダイヤモンドが付いている場合は、ダイヤモンドが剥き出しになっているものではなく、爪がしっかりしているものか、レールがしっかりと石を留めているものにしましょう。

    カルティエ バレリーナ ¥110,700

    石のついていないシンプルなリング。美しいカーブが指を華奢に長く見せます。幅2mm。

    01
    バレリーナ カーブ ウェディング リング

    カルティエ ラブリング ¥124,200〜

    1970年代にNYで生まれたLOVEコレクションは、挑発的なお守りのような存在であり、情熱的な愛の象徴でもあります。他のリングに比べると、カジュアル且つ、アグレッシブな印象です。プラチナの幅4mm。

    02
    カルティエ ラブ ウェディング リング

    カルティエ ダムール ¥375,300(ダイヤモンド付き)

    ダムールが意味するのは、愛。永遠の愛の証を、途切れることのない環の形が象徴するウェディングリング。ダイヤモンド付きで幅2.3mmです。

    なお、もっともシンプルなものであれば、¥91,800(2018年12月末現在)で買うことができます。

    03
    カルティエ ダムール ウェディング リング

    カルティエ トリニティ リング ¥483,300(一連にダイヤが入ったもの)

    愛を意味するピンクゴールド、忠誠を示すイエローゴールド、友情を象徴するホワイトゴールドのリングが絡み合うリング。ジャン・コクトーはトリニティ リングを自身の一部のように身につけて、彼の詩的な世界で光輪となるアイコンに列し愛しつづけました。

    なお、以下に紹介したもの以外にもダイヤモンドの配置が様々なバリエーションがあります。一番リーズナブルなリングは126,900円からあります。


    カルティエ トリニティ リング

    セットフォーユー バイ カルティエ(セミオーダーサービス)

    希望のダイヤモンドを選び、カルティエを代表する10のデザインから好みのデザインにセットしてもらえるセミオーダーサービス セットフォーユー バイ カルティエは、予算に余裕があり、ダイヤモンドにある程度、目がきくのであればオススメです。

    まとめ

    時計でも知られるカルティエは、シンプル且つ質感で勝負しているため、男性にとってもつけやすいブランドで二人でお揃いのデザインにもしやすく長く愛用できることから結婚指輪としても人気があります。

    今回の内容がお二人の結婚指輪選びの参考になれば幸いです。

    指輪をお探しの方によく読まれている記事

     

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    ブランドランキング