新しい結婚式の準備の方法?ウエディングドレス選びから始める結婚式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚が決まった!さあ何から準備をすればいいのか?初めての結婚式は、分からないことだらけですよね。悩める花嫁さんの多くは、とりあえずは式場案内の無料相談に顔を出してみたり、結婚情報誌を買って見るのではないでしょうか。

結婚式準備の流れとして、最初に結婚式場を決めた後、招待状の準備をしたりウエディングドレスを決めたりするのが主流です。しかし、最初に結婚式場を決めなければいけないというルールはありません。

結婚式は文句なしに花嫁が主役になれる一生に1度の機会です。式場選びの前に、まずは、憧れのウエディングドレスから選んでみませんか?

この記事では、式場選びより先にウエディングドレスから選ぶことのメリットを説明した上で効率的に自分にとっての最高のドレスを選ぶ方法についてもご紹介していきます。

1、ご存じでしたか?結婚式の準備をウエディングドレス選びから始めるメリット

まず、結婚式場より先にウエディングドレスを決めるメリットについてご紹介していきます!

結婚式会場によって異なりますが、ドレスに関するルールは以下のように決められているケースがあります。

  • 式場が提携している業者のドレスのみ着用可
  • 式場が提携している業者以外のドレスも着用可だが、ドレス持ち込み料(※)が必要
    (※持ち込み料の相場は5万円〜15万円)
  • 式場が提携している業者以外のドレス着用不可

結婚式場を契約する際には、ドレスについて、持ち込み料などの詳しい説明は無いので、着たいドレスがあるにも関わらず、涙を飲んで式場提携の業者の中から探した方や、高額な持ち込み料を支払った方も多いのでは無いでしょうか。

そもそも、ドレスの持ち込み料とは、式場が提携している業者から式場へ支払われる紹介料と言えます。外部業者からドレスを持ち込まれてしまうと、その分の紹介料が式場に入らないので、結果的に「持ち込み料」という形で新郎新婦が負担することになってしまいます。

ここで、提案したいのが、「式場選びの前にウエディングドレスを決めてしまう」という手なんです。そのメリットは、以下の3点です。

(1)ウエディングドレスを「自由に」選ぶことができる

上記でご説明した通り、式場によって着用できるウエディングドレスのブランドや業者に制限があります。式場を決める前で制約が無い状態だと、好きなブランドの好きなドレスを時間をかけて選ぶことができます。

インターネットを駆使して好きなドレスを見つけ、そのドレスが置いてあるサロンを予約して試着するも良し、好きなブランドがあればそのサロンで好きなだけ試着するも良し、です。一般的に試着は無料(要予約)なので、納得がいくドレスが見つかるまでこだわってみてください。

shutterstock_245091016

(2)「持ち込み料」が不要になる可能性がある

結婚式場は、新規で結婚式を契約する新郎新婦の獲得を最重要視しています。初めて式場見学に来た日に契約したら10万円オフ、など、数10万円単位の割引もよく見られるほど、様々な手を使って新規顧客の獲得に努めています。

まずは、契約時に「絶対着たいドレスがもう決まっている」旨を伝えてみましょう。もしそのドレスが式場の提携先のドレス業者で手配できるなら、何の問題もありません。しかし、もしそのドレス業者で用意できなかった場合、ドレス持ち込み料が発生する可能性があります。

式場契約時は、費用に対して新郎新婦の発言力が強いので、「持ち込み料がかかるなら、持ち込み料がかからない他の式場も検討する」と式場側に伝えれば、「持ち込み料不要でもいいので、契約してほしい」と言ってもらえることがあります。

これだけ聞くと、邪道のように思えるかもしれませんが、そもそも花嫁が自分の好きなドレスを着たいと思うのは当然のことです。一生に1度の晴れ舞台を飾るドレスですから、「これだけは譲れない!」と強い意思を持って契約に臨みましょう!

shutterstock_326432795

(3)ドレスに合う雰囲気の式場選びができる

式場を選ぶ前にドレスを決めると、ドレスの雰囲気に合う式場を選ぶ、という式場選びの軸が新たにできます。

例えば、ディズニープリンセスのイメージに沿った可愛らしいドレスを選んだのに、和風の式場は似合わないかもしれません。先に会場を決めてしまうと、どうしても会場の雰囲気から外れないようなドレス選びになってしまいますが、このように、全く逆のアプローチもできるのです。

shutterstock_353042435

2、実は式場を1番重視している人はそこまで多くない?

すぐ婚naviのアンケート結果では、新郎新婦が結婚式において一番重要視しているのは、

  • 1位 料理、ドリンク、ケーキ
  • 2位 新郎新婦の衣装
  • 3位 引出物、ギフト
  • 4位 演出
  • 5位 会場施設、アクセス

という結果になっていました。

出典:すぐ婚navi

普通に考えれば1番重視している事柄を主軸にその他を選んでいきたいところですが、会場施設(式場)の重要性は5番目にランク付けされていました。このため、式場選びから始めてしまうと、その式場で用意できる料理や衣装、演出の選択肢が狭まってしまうことになります。結果、本当に重要視している物(料理や衣装)をないがしろにすることになってしまいます。

3、ウエディングドレスの探し方

それでは、式場選びの前に、どうやって実際にウエディングドレスを選べばいいのでしょうか。主な方法は以下の3つです。

(1)ドレスレンタルショップでドレスを契約

ドレスレンタルショップでドレスを契約

「ウエディングドレス レンタル」でインターネット検索すると、沢山のレンタルショップが出てきます。ドレスを無料試着できる店舗も多いので、品揃えが多そうな店舗を検索し、まずは試着に足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、ショップにもよりますが、新郎のタキシードをセットで契約すると安くなるプランもあるので、彼氏さんと一緒に見にいくといいでしょう。

ただ、レンタルとなると、挙式の日に着たいドレスに予約が入っていないか確認する必要があるので、挙式予定日を予め決めておく必要があります。ただ、この時点ではその日に式場が空いているかわからないので、事情を話して複数日程で予約を取るか、かなり先の日程でドレスを予約しておくのがベターでしょう。

(2)オーダーメイドで自分だけのドレスを作る

オーダーメイドで自分だけのドレスを作る

この方法は、結婚式の日にちに縛られなくていいので、その後に控える式場選びも余裕を持ってできるおすすめの方法です。

ドレスのオーダーメイドと言うと、高いイメージがありますが、最近は

  • 格安ドレスオーダーメイドショップの出現(1着5万円〜)
  • 結婚式で着た後にリサイクルショップで高く売る

など、結果的には意外と安く自分だけのドレスを手に入れる方法が沢山あります。

また、海外で挙式してから日本でもパーティーをする方や、披露宴と2次会で2回以上同じドレスを着る方は2回分のレンタル費用を払うよりもオーダーメイドの方が安くなることがあります。自分の挙式スタイルをよく考え、ドレスの用意の仕方についても考えましょう。

また、ブランド物のドレスはリサイクルサイトで想像以上に高く売れますし、手元にずっとドレスを置いていた場合でも、赤ちゃんが生まれた時のセレモニードレスにリメイクしたり、娘が結婚する時まで保管し寸法直しをしてまた着せてあげる、という方もいらっしゃいますね。

(3)ウエディングドレスのファッションショーなどに行き、とにかく色んな情報を吸収する

リアル花嫁ファッションショー

レンタルが良いかオーダーメイドが良いか分からない、そもそもドレスのブランドなんて何も知らない、という方は、いきなりドレスショップなどに行くよりも、様々なドレスが一気に生で見れるファッションショーに行ってみるという手をおすすめします。

ファッションショーは式場やドレスブランドが主催していたりしますが、中でもおすすめは
Emarie Designer Wedding主催のファッションショーです。

このイベントでは、先輩花嫁さんが自らモデルになってウエディングドレスのファッションショーを見せてくれます。背の高いモデルさんばかりのファッションショーと違い、「実際に自分が着てみたらどんな雰囲気になるか」がとても分かりやすいと好評のようです。

さらに、先輩花嫁さんの経験談・アドバイスをざっくばらんに聞けるティーパーティーを同時開催しているので、式場選びから、写真、ブーケに至るまで、不安なことを気負わずに聞けるというメリットも大きいです。結婚が決まったばかりの時期は、未定の事項が多すぎて、知り合いの先輩花嫁さんに話を聞くのに気が引けてしまいがちなので、この時期に何でも話せる機会があるのはありがたいと思います。何から始めればいいか迷っている花嫁さんは、是非参加してみてはいかが?

『Emarie Designer Wedding主催のファッションショー』詳細はこちらから!

ウェディングドレスから始める結婚式まとめ

今回は、ウエディングドレス選びから始める結婚準備の大事さについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

ドレス選びから始めると、上記でも述べたように、思わぬところでお得に結婚準備が進められるかもしれませんし、何よりも自分が一番着たいドレスを着ることができます。

花嫁さんには、妥協したドレス選びでこれから先ずっと心残りを感じるより、一目惚れしたドレス、憧れているドレスへの思いを1番大切にしてほしいと思います。

今回の記事が、ウエディングドレスに憧れる花嫁さんのお役に少しでも立てたなら幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ