fbpx

みんな悩んでる!花嫁の汗対策とおすすめアイテム

    一生の思い出に残る結婚式は、最後まで綺麗な花嫁姿でいたいもの。しかし、そんな花嫁の大敵となるのが「汗」です。特にこれからの季節は気になりますよね。せっかくの晴れ舞台である結婚式、汗で化粧が崩れたり、べたつきで不快な思いをしたりするのことは避けたいものです。

    そこで今回は、結婚式での花嫁の汗対策について解説します。おすすめアイテムもあわせてご紹介しますので、気になるものがありましたら是非取り入れてみてくださいね。

    来館予約+ウェディングで商品券10万円プレゼント実施中!

    1、真夏でなくても花嫁は汗をかく

    「過ごしやすい季節だし」「会場内はエアコンが効いてるし」と思っている人もいるかもしれませんが、実は結婚式は汗をかきやすい要因がたくさんあるのです。事実、季節を問わず、多くの花嫁が汗問題に直面しています。

    結婚式での花嫁は、常にゲストから注目されているため、緊張から汗をかいてしまう人も少なくありません。さらに、高砂席で新郎新婦を照らしているスポットライトの熱は思った以上に暑く、ウェディングドレスや和装など、重く身体を締め付ける衣装を着ている花嫁は、いつも以上に汗をかきやすいのです。

    汗をかくことで自分自身が不快になることはもちろんですが、メイクが崩れたり、ドレスに汗じみができてレンタルドレスショップに迷惑をかけてしまうことも。普段はあまり汗をかくことがないという人も、結婚式では念のために汗対策をしておくと安心です。

    2、花嫁の汗対策

    (1)汗に崩れにくいメイクをする

    普段でも夏場などは汗によるメイク崩れをしないよう対策をしている人が多いですよね。同じように、結婚式で汗をかいたときにもメイクができるだけ崩れないように、汗に強いメイクを施しておくことが大切です。

    もともと顔汗をかきやすい、メイク崩れが心配という方は、メイクリハーサルの時などにメイクスタッフさんと相談しておくと良いでしょう。ファンデーションやマスカラなど、ウォータープルーフの化粧品を取り入れることをおすすめします。

    顔汗で悩んでいる花嫁さんは、顔汗用の制汗クリームを塗っておくと、メイクが落ちてしまう心配が少ないでしょう。制汗クリームはのちほどご紹介します。

    (2)制汗剤を塗っておく

    汗の量や匂いを抑える効果のある制汗剤。そんな中でも特におすすめなのが、汗腺をふさぐことで汗を出にくくする効果がある塩化アルミニウムやフェノールスルホン酸亜鉛が配合されたもの。ただし、これらの制汗剤は効果が期待できる反面、痒みや痛みを感じることもあります。敏感肌の方は、慎重に検討した方が良いでしょう。

    また、制汗剤の成分によってはドレスに付着した際、シミの原因になる可能性があります。事前にドレスコーディネーターの方へ相談しておくと安心です。

    おすすめの制汗剤はのちほどご紹介します。

    (3)冷却シートで身体を冷やす

    暑くて汗をかいているときは太い血管が集中しているところやリンパ節を冷やすことで汗を抑えることができます。一番効果的な場所は脇ですが、ドレスのデザインによっては見えてしまうこともありますよね。そんな時は、見えないように気を付けて背中、膝裏、股関節の付け根などに貼っておくと良いでしょう。これだけでも身体が冷やされ、汗がスーッと引いていきますよ。

    (4)汗脇パットを活用する

    脇の汗が心配な花嫁は、脇汗パッドを活用するのがおすすめです。袖があるタイプのウェディングドレスならば、脇汗防止パッドを装着していても外からは目立ちません。肩や背中が大きく開いたビスチェタイプだと目立ってしまうので、内側にだけ汗脇パットを貼っておくと良いかもしれません。

    汗脇パットの種類は、服に貼り付けるタイプのほか、直接肌に貼ったり着けるタイプなどさまざま。色もベージュや白、透明などもあるので、ウェディングドレスを着たときに目立ちにくいものを選んでみましょう。

    汗脇パッドのおすすめはのちほどご紹介します。

    (5)ベビーパウダーを塗る

    ベビーパウダーは赤ちゃんのあせも対策などに使われていっますが、実は大人の汗対策としても使えるのです。赤ちゃんの肌にも優しい粉なので、敏感肌の方の汗対策にもおすすめ。使い方は、脇や背中といった汗をかきやすい部分にベビーパウダーを塗るだけと簡単です。

    ベビーパウダーが汗を吸収してくれるので、汗をかいてもべたつかず、結婚式が終わるまでサラサラの状態が続きます。

    (6)汗ふきシートや制汗スプレーを用意しておく

    汗をかいた後のべたつきや匂いが気になることもあるでしょう。そんな時は、汗ふきシートでさっと拭きとったり、制汗スプレーをかけることで、不快感を減らすことができます。結婚式当日、お色直しの時にケアできるようにこれらのアイテムを控室に用意しておきましょう。背中やデコルテ、脚部分に吹きかけるだけで冷却して汗を抑えてくれます。

    (7)ハンカチやタオルを用意しておく

    控室はもちろん、高砂席に座っている時にもさっと汗を拭けるように、手元にハンカチやタオルを用意しておきましょう。こまめに汗を拭くことで、メイク崩れやべたつきの不快感が軽減されるだけでなく、ドレスが汗で汚れるのを防いでくれます。

    結婚式では1日中、介添人の方がついてお世話をしてくれます。その方にもタオルを持っておいてもらうと、より安心かもしれません。

    (8)替えの下着を用意しておく

    汗をかいて濡れた下着のまま過ごすのは不快ですよね。そうならないために替えの下着も用意しておくことをおすすめします。着替えは、お色直しや二次会前のタイミングなどで行いましょう。下着だけでなく、伝線してしまった時のためにストッキングなども替えがあると安心です。

    3、汗対策したい花嫁におすすめのアイテム

    (1)制汗剤(顔・全身):サラフェプラス

    出典:ハーバーリンクジャパン

    顔にも身体にも使えるのが「サラフェプラス」。サラフェプラスに含まれる成分「フェノールスルホン酸亜鉛」は、肌を引き締め、汗の出口を小さくし流れ出ないようにする働きがあります。肌全体に膜を張る従来の制汗成分と違って、敏感なお顔にも使えます。汗を抑えることで、臭いやテカりも抑えることができます。

    茶エキス、海藻エキス、タイムエキス、アミノカプロン酸エキスなど、肌に優しい成分が26種類配合されているのも嬉しいポイント。

    5年連続モンドセレクション受賞を始め、海外でも評価されてい人気商品です。

    (2)制汗剤(脇):デトランスα(パースピレックス)

    出典:楽天

    脇の汗に効果的な制汗剤がこちら。塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)が、汗腺にフタをして汗を止めます。塩化アルミニウムは、医療機関での多汗症の治療でも使われているため、汗を止める効果が強いですが、かゆみなどの副作用が出る場合があります。

    肌がデリケートな方には、敏感肌用がおすすめですが、通常のものと比べると効果も弱まります。

    (3)汗ワキシート:サラクラリ

    価格:1,078円

    出典:楽天

    ドレスの露出が大きく、インナーや衣類につけるタイプの汗パッドでは対策できない場合に役立つのがこちら。極薄のシートを直接脇に貼って汗ジミを防止します。シートは透明で、マット加工されているので、手を上げても目立ちません。

    ただし、汗の量によっては剝がれてしまうこともあるので、効果が期待できる人は限定されているかもしれません。

    (4)汗取パッド

    価格:1,100円

    出典:楽天

    吸水速乾素材に防水シートをプラスした汗取パッド。肩ストラップで固定するタイプなので剥がれ落ちたりしません。

    ストラップは調整可能なクリアタイプで、目立たずシッカリ着用出来ます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    今回は結婚式での花嫁の汗対策とおすすめアイテムをご紹介しました。

    結婚式で絶対に汗をかかないようにするのはなかなか難しいですが、べたつきや匂いを抑えたり、汗をかいてしまった後でも対策をすることはできます。是非、取り入れられる対策から試してみてくださいね。

    今回の記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

    友だち追加数
    友だち追加数

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    カップル応援キャンペーン