賢い花嫁さんは知っている!上司、目上の方への引き出物に適したブランドは??

    引き出物として選ばれることの多い、グラスやペアカップ。特に、良いものをよくご存じの上司や目上の方には、相応なブランドを選びたいところです。そんな引き出物に最適なブランドのその成り立ちや歴史をご紹介します。

    上司や目上の方への引き出物に最適な海外食器ブランドを簡単解説

    1.バカラ(フランス)

    ブルボン朝ルイ15世の時代にまで遡り、ロレーヌ地方のバカラ村に設立されたガラス工場が発祥です。2014年に創設250年を迎えたバカラは世界最高峰のクリスタルブランドとして知られます。バカラを代表するアンクールシリーズは、アンクール公爵の注文により誕生したもので、当時のフランスの食卓を飾った食器が、金銀器から陶磁器へ、グラスはガラス製のものが好まれるようになってきた流行をいち早く取り入れたものと言われています。どっしりとした台座に、美しく力強いフォルムが特徴で当時の貴族の間で大ブームとなりました。

    image

    出典  https://www.baccarat.jp/

    image

    出典  http://pin.it/vUJ7FDv

    2.マイセン(ドイツ)

    名窯マイセンは、1710年、東洋の伊万里や景徳鎮にあこがれたドイツのザクセン公国アウグスト強王の命によって研究を重ねた技術者により創設されました。ヨーロッパで初めて磁器の製造に成功した磁器製造メーカーで、以来300年以上にわたりヨーロッパ最高の磁器を世の中に送り出してきました。

    image

    出典  http://pin.it/TAM3BuF

    image

    出典  http://pin.it/ya-bPCq

    3.ビレロイ&ボッホ(ドイツ)

    1748年にフランソワ・ボッホにより創業し、ルクセンブルグに工場を設立します。当時のルクセンブルグはオーストリア領で、ハプスブルグ家のマリア・テレジアの援助を受け、王室御用達の陶磁器メーカーとして発展しました。フランス革命の影響で一旦は解体されるものの、その後再設立、ライバル社のビレロイ社との合併を経て現在に至っています。現在ではホームウェアのトータルコーディネートによりライフスタイルを彩ります。

    image

    出典  http://pin.it/hp9KjSZ

    image

    出典  http://pin.it/6jPVKOk

     

    4.ウェッジウッド(イギリス)

    1759年創業のイギリスを代表する陶磁器ブランドで、当時まだ難しかった白い陶器を開発し「クリームウェア(乳白色の器)」を完成させ成功を納めた創業者のジョサイア・ウェッジウッドにより発展します。「クリームウェア」は当時の国王ジョージ3世の妃、シャーロット王妃がとても気に入りティー・サービスの注文を賜ります。これによりウェッジウッドは「女王陛下の陶工」と呼ばれ、以後、ロシア帝国のエカチェリーナ2世へも献上されるなど各国の王侯貴族から愛されてきた歴史を持っています。

    image

    出典  http://pin.it/yJEB5Nc

    image

    出典  http://pin.it/UePbzGd

     

    5.ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)

    1775年にデンマークのジュリアンマリー皇太后からの支援により設立されたThe Royal Danish Porcelain Manufactory社がルーツです。約100年にわたり王室に所有され、1868年に民間に経営が委ねられましたが、王室と深い関係をもっています。その後、ライバル社と合併し1987年にロイヤルコペンハーゲン社となりました。白い磁器にブルーの柄を熟練した職人がハンドペイントする、ブルーフルーテッドは世界的に知られています。

    image

    出典  http://pin.it/GhoTGws

    image

    出典  http://pin.it/WovddfE

     

    まとめ

    いかがでしたか。どれも引き出物には定番のブランドばかりで、詳しくは知らなくてもなんとなく良い品だろうということはご存知と思います。

    上司の方も満足いただけたかな?と思っていると、
    (上司)「○○さん、先日の結婚式よかったね。引き出物にバカラなんていただいて、君もフランスのものづくりの職人のよさが分かってるんだねぇ」
    (新婦)「喜んでいただけて光栄です!・・・(バカラってフランスのメーカーだったんだ)(汗)」
    なんて、焦ることのないよう、上司へ送るものについては内容をある程度把握しておきましょう。

    後日、会話で話題になったときはこれを機に上司とのコミュニケーションもうまくいって、仕事の調子もあがる・・・かも⁉︎

    masayo
    フリーランスネイリスト 2014年11月1日 卒花嫁です♡ 現在は育児と仕事に奮闘中の毎日です。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ