何を着ていく?!おすすすめの入園式コーデで人気ブランド7選  

    もうすぐ幼稚園の入園式、ママも子供も期待に胸を膨らませている頃でしょう。

    入園式に向けて子供の準備はばっちり!さて、次はママの番だけど、何を着ていこう?!と悩む方は多いものです。

    そこで今回は、ママにおすすめの入園式コーディネートとおすすめブランド7選をご紹介いたします。

    1、入園式コーデQ&A?

    ①色はネイビー?!

    入園式ではネイビーコーディネートのママが多いのは確かです。どんな色の洋服を着ていこう?と悩んでいるようでしたら、無難な紺色がおすすめですし、何より「きちんと感」が出る色と言えます。

    また、入園後には保護者会や講演会など幼稚園行事がありますので、ネイビーのアイテムを1枚持っておくと重宝します。

    幼稚園によっては、「必ずネイビーでないといけない」というところもあるようですが、そうではない限り、ネイビー以外の色でも問題はありません。

    明るい色のスーツやセットアップで春らしいコーディネートにしてみるのも良いでしょう。

    色については、幼稚園のカラーによるところが大きいかもしれません。

    入園前に行われる入園説明会での周りのママのコーディネートを参考にすると良いかもしれません。

    ②スーツが基本?!

    入園式というとスーツがお約束!と思いますよね。確かにスーツ率は高いですが、幼稚園の入園式はそれほどかしこまる必要はありません。

    スーツ以外に、ワンピース、スカートやパンツとのセットアップなどもおすすめ。

    ただし、色同様、幼稚園によってはジャケット着用が暗黙のルールというところもあります。

    やはり、入園前に行われる入園説明会で様子を伺いながら、入園式の洋服を選ばれると間違いないかもしれません。

    ③小物は?

    靴:ブラックが基本です。ベージュや紺色などのベーシックカラーも良いでしょう。洋服とのバランスを考えて選んでみましょう。

    素材はカジュアルなイメージのあるエナメルは避け、レザーが無難です。スエードのパンプスもおしゃれ感がありますね。

    普段パンプスを履く機会がないという方でも、入園式はパンプスに挑戦しましょう。5㎝くらいのヒールがあるとスタイル良く見せてくれますよ。

    バッグ:靴同様、ブラックが基本ですが、洋服とのバランスでコーディネートしてくださいね。素材もやはりレザーだと、きちんとした落ち着きのあるコーディネートに仕上がります。

    アクセサリー:パールのネックレスやイヤリング(ピアス)があるとより華やかになります。パールは冠婚葬祭で使えだけでなく、流行りのない一生使えるアイテムです。お持ちでない方は、入園式を機に購入すると良いかもしれません。

    ④メイク

    普段メイクはあまりしないという方も、入園式の時はきちんとメイクすることをおすすめします。ファンデーション、アイシャドウ、チーク、アイブロウ、口紅は最低限のメイク道具ですので、揃えておくと良いでしょう。

    ダークカラーのコーディネートの方は特に、暗い印象にならないよう、春色のアイシャドウや上品な明るさの口紅をつけるよう心掛けると華やかな雰囲気になります。

    2、入園式コーデ4選

    ①定番のスーツ

    出典:veryweb

    入園式でハズさない選択肢といえば、紺色のツイードスーツです。

    特別な日に着たい一着ですよね。

    ノーカラーなら、単品使いもできるので、着回しも◎。

    出典: Very Web

    仕事にも使えるデザイン性のあるジャケットで格好良く決めると、他のママと一味違う雰囲気に。この場合、小物はシンプルにまとめると良いでしょう。

    ②ワンピース

    出典: Very Web

    紺色ワンピースは1枚あると幼稚園の保護者会や行事にも重宝するので、着回し重視で選びたいママにはスーツよりワンピースがおすすめです。

    シンプルな七分袖丈ワンピースなら、季節を問わず使える万能アイテム。

    バッグや靴もブラックで統一して、入園式コーデの完成です

    ③セットアップ

    出典:Very Web

    単品としての活用度も高いセットアップは、デイリーにも使えるので◎。

    ネイビーでまとめることで、入園式のコーデになります。

    下のお子さんがいらっしゃる方は、抱っこやよだれで洋服のシワや汚れが気になることもあるので、シワにならない、自宅で洗える素材というのもポイント高いですね。

     

    出典:veryweb

    パンツ派なママには、ブラウスとパンツのセットアップを。こちらも単品使いでデイリーに、セットでセレモニーに使えるので、1セットあると重宝します。

    ④きれいめコーデ

    出典:MAGASEEK

    入園式はあえて洋服を買わず、手持ちのアイテムで組み合わせるのもアリです。

    ジャケットやワンピース以外の服装で上下バラバラのアイテムだとカジュアルになりがち。入園式には向かないのでは?!と思われる方も多いと思いますが、組み合わせ次第では素敵な入園式コーデが完成します。

    ツイードのプルオーバーに紺色のスカートというコーディネートできちんと感を出すことが可能。ボトムにダークカラーを持ってくるのがポイントです。

    是非、自宅のクローゼットをチェックして、コーディネートしてみてくださいね。

    3、おすすめブランド

    ①セオリーリュクス

    出典: theory luxe

    出典:theory luxe

    シンプルなデザインで様々なシーンで着こなしができるアイテムが揃っているブランドです。入園式を始め、子供の幼稚園行事にぴったりとママの間でとても人気なのです。

    セオリーリュクスはセオリーの姉妹ブランドですが、セオリーリュクスは日本独自の展開。日本人女性の好みやスタイルに合わせた商品展開がされているのも人気の秘密と言えます。

    ②ベイジ

    出典:BEIGE,

    出典:BEIGE,

    凛とした気品、媚びない艶やかさ、洗練された上質さを提案するブランドとあって、大人の女性に人気のブランドです。

    オンオフどちらにも使えるだけでなく、飽きのこないデザインで長く愛用できるアイテムが揃っています。

    ③ルネ

    出典:Rene

    出典:Rene

    「優しさと美しい緊張感で背筋をすらりとのばして歩き続けたい」というスピリットのもと、心までも豊かにするような上質なモノづくりで生み出されたアイデアを提案しているブランドです。

    構築的なシルエットや洗練されたフェミニティを追求したアイテムが特長です。

    ネイビーアイテムを多く揃えているブランドなので、幼稚園ママの人気の高いブランド。

    ⑤UNTITLE

    出典:MAGASEEK

    出典:MAGASEEK

    The Body is Your Canvas(自分を自由に描く服)をテーマに、上質でシンプルでいつでも心地よく、からだをきれいに見せてくれる服が魅力的なブランドです。

    日常着からお出掛け着まで、素敵なアイテムを幅広く取り揃えています。

    ⑥23区

    出典:MOGASEEK

    出典:MOGASEEK

    どこまでもシックで美しいシンプルなデザインで、「Japanese woman’s Standard」をコンセプトに、スタイルに本質を求める女性に向けて、幅広い世代に愛されているブランドです。

    ⑦EPOCA

    出典:EPOCA

    出典:SANYO iSTore

    エポカは自分自身のセンスでファッションをとらえる、ポジティブでアクティブな都会を生きる女性のためのブランド。モダンなスタイルと繊細なディテール、こだわりぬいた素材と、丁寧な仕上げにより完成するアイテムは、多くの女性から支持を得ています。

    ⑧Mylan

    出典:Mylan

    出典:Mylan

    マイランのデザイナー佐々木さん自身が「本当に着たいブラックフォーマル」:を目指し、2017年新ラインを立ち上げました。お受験や入園式にも使えるアンサンブルスーツやワンピースがママに人気。

    いかがでしたでしょうか。

    今回は入園式におすすめのコーデとブランドをご紹介いたしました。

    入園式の洋服というと、お式で一度袖を通したっきり箪笥の肥やしになってしまうイメージがありますが、選び方次第ではデイリーや仕事着、幼稚園行事にも使える万能アイテムにもなります。

    ママのライフスタイルに合わせた洋服選びをしてみてくださいね。

    今回の記事が皆さまのお役に立ちましたら幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO