ゲストもときめく!賢いウェディングドレスの選び方のポイント5つ

    ウェディングドレスは女性の憧れであり、結婚式は一生に一度の晴れ舞台。だからこそ、ウェディングドレスは選び抜いた特別なものを着たいという声も聞かれる中、数あるドレスの中から自分にピッタリ似合うものをどうやって見つけたら良いのかわからないと迷われる方も多いようです。

    そこで今回は、新婦はもちろん、ゲストの方々からも絶賛して貰えるような納得出来るウェディングドレス選びのポイントをご紹介します。

    目次

    1、会場の雰囲気や広さに合わせる

    会場の雰囲気や広さに合わせる

    結婚式の会場が荘厳な雰囲気のチャペル、披露宴会場も大広間となると、王道のプリンセスラインやAラインでトレーン(ドレスの裾)が長めのものが映えます。

    ガーデンウェディング

    一方、ガーデンウェディングやレストランウェディングのようなカジュアルテイストの会場なら、ボリュームのあるドレスはゲストが新婦さんの周りに集まりにくいので避けた方が無難です。

    エンパイアドレス、マーメイドライン、ミニ丈のドレスなど、動きやすさ重視のドレスをセレクトすると、ゲストとの接点を持ちやすく好印象を持たれます。

    2、予算の範囲で選ぶ

    予算の範囲で選ぶ

    ドレスショップのドレスを端から順番に試着してもなかなか自分の理想のドレスに巡り会えず、時間を節約することもできません。

    そこである程度、予算を決めておきその範囲内のドレスから選ぶのがおすすめです。

    3、体型に合わせる

    shutterstock_154296197

    ウェディングドレスを着た姿を最も美しく見せるには、自分の体型の弱点を知り、それをうまくカバーできるドレスを選ぶこと。

    よく、ウェディングドレスを決めてからダイエットを始める方や、逆に決めた時よりも太ってしまう方もいますが、できるだけ試着したときの体型を維持するのが最も綺麗に見えるコツです。

    4、肌の色や肌悩みに合わせて選ぶ

    shutterstock_162295334

    白のウェディングドレスといっても、実はいろいろなパターンがあり、肌の色で似合うドレスのカラーが多少変わります。

    一般的に色白な女性なら純白やオフホワイトのドレスが似合い、日焼けした健康的な肌ならアイボリーやシャンパンゴールドが合うと言われていますので、これを参考に自分に合うドレスを絞っていきましょう。

    また、肌トラブルがある場合もドレス選びは慎重に。背中のニキビがファンデーションでも隠せないなら背中の露出が少なめのドレスにしたり、お腹周りの贅肉が気になるならウェスト下からボリュームのあるプリンセスラインのドレスを選んだりするなど、ドレスショップにも相談ながら決めると良いでしょう。

    5、理想と現実の落としどころを知る

    shutterstock_238055365

    賢いウェディングドレス選びで最も大切なことは、理想と現実のギャップを知ることです。

    ウェディングドレスに限らず、着たい洋服と似合う洋服は違うと言われるように自分のイメージ通りのドレスを着ることが理想ですが、その理想のイメージが強すぎて実は似合っていない場合などもあります。会場にあわせた最適なドレスを選ぶこと、新婦が最も輝ける似合うドレスを選ぶこと、この2つを両立できれば列席して頂いたゲストにも好印象を持たれることができるでしょう。

    まとめ

    いかがでしたか。設定した予算内で、会場の雰囲気に合う、体型の短所を隠し長所を生かすことのできるドレスを選び、理想と現実の落としどころを探る、これがウェディングドレス選び成功のポイントです。最高の一着を選ぶ際の参考になれば幸いです。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ