結婚式終了後のブーケを押し花として永久保存する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式当日に使ったブーケをせっかくだから押し花にしたい・・・

これをお読みの方の中には、そのようにブーケを押し花に加工したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブーケは、結婚式で使用する花嫁のアイテムとして重要なものであるからこそ、できることなら結婚式終了後も綺麗に保存しておきたいものです。

そこで今回は、結婚式終了後のブーケを押し花として保存するための加工方法についてご紹介していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

1、結婚式のブーケを手作りで押し花にする方法とは?

ここでは、ブーケを手作りで押し花にする4つの加工方法についてご紹介していきます。

(1)本に挟んで押し花にする方法

【用意するもの】

  • ブーケ/押し花にしたい花や葉
  • 分厚い本や雑誌、電話帳など
  • ティッシュ

①仕上がりをイメージして花と葉を分けておく

②用意した本や雑誌の間にティッシュを敷き、その上に花や葉を並べる

c00e1fc5ad34231f4f959d9149f3cc97

出典 https://jp.pinterest.com

③並べた花や葉の上にさらにティッシュを重ねる

④花や葉がいっぱいある場合には②と③を繰り返す

⑤本を閉じて、閉じた本の上にさらに重しを乗せる

⑥3日~4日経過して、花や葉がピンッと乾燥していれば完成!

3c56b961eb036a1256fbcd3492d7d1b7

出典 https://id.pinterest.com

(2)ダンボールと電子レンジがあればできる!簡単押し花の作り方

【用意するもの】

  • ブーケ/押し花にしたい花や葉
  • ダンボール
  • ペーパー
  • 輪ゴム

①ダンボールの上にペーパーを敷いて、その上に花や葉を並べる

tts56nbadhg6xbl5fpse51a9b6da413f8

出典 http://www.hometalk.com

②並べた花と葉の上に更にペーパーとダンボールを重ねて、輪ゴムで止める

0ie8e7isumpc81qfy8gh51a9b7356c00d

出典 http://www.hometalk.com

③レンジに入れて、まずは1分加熱します。一度レンジから取り出し、花がパリッとしていれば完成!

④ペーパーを剥がす際には花を傷つけないように気をつけましょう

押し花

押し花

(3)アイロンで作る押し花

【用意するもの】

  • ブーケ/押し花にしたい花や葉
  • 雑誌
  • 新聞紙
  • ティッシュペーパー
  • アイロン
  • ピンセット

①押し花にしたい花や葉をそれぞれに分けておく

②雑誌の上に厚みのある新聞を重ね、その上にティッシュを重ねる。下に熱が伝わらないよう、なるべく厚めに重ねるように

b2706fa07a856f130d0dd3deba2af8aa

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp

③ティッシュの上に花と葉を並べ、その上に更にティッシュを重ねる。アイロンのサイズに合わせて、なるべくコンパクトに配置するのがポイント

④低音に設定しておいたアイロンをティッシュの上から30秒程度当て、一度アイロンを外す

c3497201662af3b8f5b306766824df83

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp

⑤熱が冷めたら再度アイロンを10秒当てる

⑥熱を飛ばす→アイロンを10秒当てるを3~4回、花が乾くまで繰り返します

0393947a5c56f894363b4c4e3c98d962

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp

⑦最後に花が乾いたのが確認できたら完成!目安は、ピンセットで花を持ち上げた際に形が崩れず持ち上げられるようになるまで乾かす

(4)乾燥シートを使った押し花の作り方

【用意するもの】

  • ブーケ/押し花にしたい花や葉
  • 乾燥マット
  • ティッシュ
  • 輪ゴム
  • 重し

①押し花にしたい花と葉をそれぞれに分けておく

②乾燥マットの上にティッシュを重ねて、その上に花を下向きに並べていきます

atelier31792_4-2

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp

③並べた花の上に更にティッシュと乾燥マットを重ねて輪ゴムで止めます。上からおもしを乗せて、1週間放置したら花の自然な色を保った、綺麗な押し花の完成!

atelier31792_5

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp

押し花を手作りする際のポイントは、花の下処理を丁寧に行なうことです。

まずは花と葉、場合によっては茎にしっかりと分けましょう。その後、花の厚みごとに分けて押し花を作ることで、しっかりと水分を抜くことが出来綺麗な押し花にすることができます。

2、結婚式後のブーケを加工してくれるおすすめ専門業者をご紹介

ここまで自分でブーケを押し花にする方法について説明してきましたが、よりクオリティが高いものにしたいならやはり専門業者に相談するのがおすすめです。

ここでは、結婚式後のブーケを加工してくれるおすすめ専門業者をご紹介していきます。

(1)MOLEK(モレク)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-13-46

URL:http://www.molek.jp/

デザインを重視して加工したブーケをアートフレームに入れてくれる専門業者です。

アートフレームには様々なデザインがあり、ご自宅の印象と合わせて選ぶことができます。

(2)kannax(カナックス)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-15-03

URL:http://www.kannax.net

ウェディングブライダルブーケを永遠に保存するために加工してくれる専門業者です。

押し花タイプとドライフラワータイプの加工の仕方があり、結婚式という思い出と幸せの瞬間を永遠に閉じ込めてくれます。

(3)花ぐるま

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-15-43

URL:http://www.hanaguruma.com

ウェディングブーケの押し花、ドライフラワーの専門店です。

花ぐるまが独自に開発した立体押し花ブーケは、お店でも人気の商品です。

(4)AQUA ROSE

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-16-22

URL:http://aqua-rose.shop-pro.jp

東京の自由が丘にあるブーケとブーケ加工の専門店です。

バリ島挙式を行うカップルも、現地の在住スタッフにより現地での受け取りが可能なため、バリ島挙式でのブーケ保存も可能です。

(5)Art リーヴ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-17-07

URL:http://leavejapan.com

愛知県にあるブーケ保存専門店です。

保存方法は押し花タイプとドライフラワータイプがあり、中でもガラスのケースにはいったドライフラワーは人気の保存方法です。

(6)Wedding Flower kasho(ウェディングフラワーカショウ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-16-17-52

URL:http://kasho.cart.fc2.com

宮城県仙台市にあるブーケとブーケ加工の専門店です。

ブーケとブーケトニアがセットでお手頃な値段であることと、ブーケの保存加工までしてくれるため安心です。

結婚式のブーケを押し花として保存する方法まとめ

これまで、結婚式終了後のブーケを押し花に加工する方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

結婚式で使用しブーケは、結婚式終了後も結婚式の際の思い出として大切に保管しておきたいと考える方も多いはずです。

今回のこの記事が、アフターブーケを押し花として綺麗に保存しておくためのご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ