結婚式や誕生日などで活用できちゃう!キャンディブーケで記念日を彩ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャンディブーケという名前は聞いたことがあるけど具体的にどういうものなのか?どんな場面で活用できるのか?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

キャンディブーケはお菓子を集めて作るブーケですが、作り方もとってもシンプルで簡単!プレゼントとして贈ることはもちろん、結婚式にも活用できるアイテムなのでぜひアイディアの1つとして検討してみてくださいね。

目次

1、キャンディブーケの始まり

2、キャンディブーケを活用できるシーン

3、キャンディブーケの作り方

1、キャンディブーケの始まり

キャンディブーケの始まり

キャンディブーケとはお花の代わりにキャンディなどのお菓子を集めて作った、食べられるブーケのこと。

全米ではごく一般的に販売されているギフト商品の1つですが、このキャンディブーケの始まりはわずか1000ドルとたった1つのアイディアから生み出されました。

キャンディブーケの生みの親であるマーガレットさんはビジネスをスタートさせる以前から趣味でキャンディブーケをよく作っていたそうです。

そして友人や家族の誕生日に、このブーケを贈っていました。次第にブーケは評判を呼び、次から次へと依頼が舞い込んでくるようになり、全米にその名を広げるに至りました。

2、キャンディブーケを活用できるシーン

(1)結婚式

shutterstock_127233770

結婚式と言えばブーケは欠かせないアイテムの1つ。生花で鮮やかなブーケを作る方が多いと思いますが、一味違うアイテムを!という方におすすめなのがキャンディブーケです。

キャンディブーケはキュートな演出ができ、挙式後も楽しむことができる注目のアイテムにもなりますね。

(2)結婚記念日

candy3

出典:http://japasta.com/

結婚記念日に結婚式で使用していたブーケと同じお花の色や形をしたキャンディブーケを贈れば特別感もさらにアップ!プレゼントをきっかけに結婚式の日を思い出してくれることでしょう。お相手の好みに合わせたお菓子をトッピングすれば、その後食べるときにも喜んで貰えますね。

(3)誕生日

candy4

出典:http://sc.imagemore.com.tw/

誕生日の贈りものにアクセントを!と考えている方は、キャンディブーケを添えてみてはいかがでしょうか?キャンディブーケ+プレゼントを組み合わせることで華やかさもアップします。

(4)母の日

candy5

出典:http://fanblogs.jp/

母の日と言えばカーネーション。しかし毎年贈るものだからこそ、少し変わったプレゼントを渡したいものですよね。そこでお花の形に見立てたキャンディブーケを母の日に贈ってみるのはいかがでしょうか?いつもとは違ったプレゼントになり、長く楽しめるお花としてお母さんにも喜んでもらえますよ。

(5)バレンタイン

shutterstock_247117147

最近ではバレンタインデーに友達にチョコレートを渡す方も増えてきていますよね。

これまで日本では「バレンタイン=好きな人にチョコをあげる」が一般的でしたが、時代と共に変化してきています。友達や職場など多くの方にプレゼントする際には、キャンディブーケにたくさんのチョコレートを詰め込んで渡してみてはいかがでしょうか?美味しいだけではなく可愛さも抜群なので、女の子からも喜ばれること間違いなしです!!

3、キャンディブーケの作り方

candy7

出典:http://wki.taloka.com/

キャンディブーケは購入して送ることもできますが、特別な日だからこそ手作りをしてプレゼントしてみるのもいいのでしょう。

手作りといっても作り方はとっても簡単!必要な材料は百均でも購入できるものばかりなのでぜひ試してみてくださいね!

(1)材料を揃える

必要な材料は以下の通りです。

  • お菓子
  • カプリコ
  • パラフィン
  • フローラルテープ
  • 針金
  • はさみ
  • セロハンテープ
  • ペンチ

(2)お菓子と針金をつける

candy8

出典:http://hpplus.jp/

針金を2つに折って先を90度に曲げましょう。針金をお菓子の箱に通した状態で90度曲げておくと針金が取れる心配がありません。

あとは、パラフィンを適当な大きさにカットしてお菓子を包み込んでいきます。棒状のお菓子以外はすべて針金を取り付けて茎の部分ができる状態にしていきます。

(3)土台を作る

candy9

出典:http://blog-imgs-72.fc2.com/

カプリコはブーケの土台になります。カプリコの円形状を軸にして先程パラフィンを包んだお菓子を付けていきます。

一度に全部を付けてしまうとバラバラになり易いので、まずは数カ所ずつセロハンテープを張ってお菓子を固定させましょう。

お菓子を固定したら中心になる位置を決めていきます。位置が決めたら周辺をほどよく散らしていくとブーケの形になります。

(4)仕上げ

candy10

出典:http://www.netprice.co.jp/

茎の部分の針金をパラフィンで覆います。何種類かのパラフィンを使用するとゴージャス感を出すことが出来ます。

最後に持ち手のところにリボンを結べば完成!可愛くて美味しいブーケの出来上がりです。

まとめ

いかがでしたか?キャンディブーケは花嫁だけでなく、様々なお祝い行事にも活用できるプレゼントですので、イベントを控えている方はぜひお試しになってください。

プレゼントに添えるお花としても最適ですし、手作りすることでより気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ