おしゃれで素敵な港町!関西・神戸の結婚式場ベスト6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関西の中でもおしゃれな街を代表する神戸

その神戸で素敵な結婚式を挙げたいとお考えのカップルも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、神戸で今おすすめの魅力的な結婚式場をエリア別にまとめてご紹介します。

1、神戸ハーバーランド周辺エリア

神戸といえば港町。

首都園でいえば横浜のイメージに似ていますが、特に港町らしい風情があるエリアといえば、神戸ハーバーランド周辺です。そこで、この周辺で人気の結婚式場をご紹介します。

(1)ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランド

出典:https://www.l-s.jp

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドは、JR神戸駅から徒歩10分の場所にある、ラグジュアリーホテル。

全室スイートルームでオーシャンビューが売りの宿泊でも大人気のホテルでもあります。そのラグジュアリーなホテルで1日1組限定の結婚式が新郎新婦に人気です。

ガラス張りのチャペル、海を一望できるロケーション、美しい夜景、スイートルームの宿泊特典、ホテルならではの美味しいお料理など、花嫁さんの「やりたい」を叶えてくれる理想のホテルです。

(2)神戸コンチェルト

出典:https://kobeconcerto.com

港町神戸をゲストも存分に楽しんでもらえる上に、とにかく珍しい結婚式がしたいとお考えなら、船上ウェディングがおすすめです。

ハーバーランドから出航する神戸コンチェルトをチャーターし、クルージングしながらの挙式&披露宴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2、三宮・北野エリア

続いて、神戸の中心部にある三宮、そしてその北側の旧居留地・北野異人館エリアにある素敵な結婚式場をご紹介します。

(1)生田神社

出典:https://ikutajinja-kaikan.jp/bridal-plan

神戸っ子から「生田さん」と呼ばれ、親しまれている「生田神社」。

生田神社は、三宮から徒歩3分程度ととてもアクセスがしやすくい立地にあるのが特徴の由緒正しい神社です。

神前式を選択すると、披露宴会場は別の場所ということが多く、移動に困ることが多いのですが、生田神社では10人〜250人まで対応可能な披露宴会場も併設しているところが魅力的です。

(2)神戸メリケンパークオリエンタルホテル

出典:http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/wedding/

波の形をイメージして作られた神戸のランドマークとも言うべきホテル。

この特徴的なデザインは、関西の人だけでなく遠方から来られたゲストにも見つけてもらいやすいメリットがあります。もちろんホテルウェディングなので色々な挙式スタイルを選べますので選択の幅が広がるのも魅力!

(3)北野異人館旧レイン邸

出典:http://kitanorein.com/wedding/gallery/

神戸北野エリアといえば異人館。

たくさんある異人館でもウェディングができる邸宅がいくつかありますが、その中でも旧レイン邸は美しい白亜の洋館を利用できるのが魅力です。

室内で西洋ゲストハウスの雰囲気を楽しむのも良いですし、広々とした庭園でガーデンウェディングを楽しむのも良いですよ。

3、その他エリア

最後に、神戸中心部からは少し離れるもの、阪神間野魅力をたっぷり堪能できる素敵な結婚式場を2ヶ所ご紹介します。

(1)神戸迎賓館 須磨 兵庫県指定の重要有形文化財

出典:https://www.vizcaya.jp/wedding/gallery/

神戸迎賓館は神戸から少し郊外になる須磨にあります。

「華麗なる一族」で一躍有名となった須磨離宮公園周辺エリアですが、そのゴージャスな雰囲気を味わえるのが神戸迎賓館でのウェディングです。

和と洋の両方の良さを存分に感じたい方におすすめです。

(2)芦屋モノリス

出典:http://zexy.net

芦屋モノリスは、逓信省時代からの歴史ある建物。

憧れの芦屋で、そしてアール・デコとモダンが融合した豪華な建物でのウェディングも魅力的です。

まとめ

いかがでしたか。今回は、魅力たっぷりな神戸の結婚式場をご紹介しました。お二人にぴったりの結婚式場が見つかりますよう、今回の記事が参考になれば幸いです。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ