化学流産とは?原因と症状、その後の妊娠の可能性

    妊娠検査薬で「陽性」と判定されたにもかかわらず、産婦人科で妊娠が確認されなかったり、その前に生理が始まってしまったりする場合を「化学流産」といいます。

    赤ちゃんを望むすべての女性にとって、妊娠検査薬での陽性判定から一転して、妊娠に至らなかった場合、とてもつらいものです。そして、妊活や不妊治療をしている女性にとっては落胆も大きいものでしょう。

    化学流産が起こる原因とはどのような状態なのか、症状はあるのか?その後の妊娠への影響について解説します。

    妊娠初期のガイド(無料ダウンロード)

     妊娠初期ガイドP3より

    妊娠、出産は人生の一大イベント。 初めての妊娠では、ちょっとした体調の変化などで不安になることも多いと思います。

    ・妊娠初期に食べちゃダメなもの、食べていいものがわからない ・妊娠初期で気をつけた方がいいことは? ・妊娠初期に揃えておくべきことや、やっておくと良いことは?

    そんなあなたのために、今すぐ使える、妊娠初期ガイドをご用意しました。あなたの楽しい妊娠生活のお役に立てましたら幸いです。

    ※体調の変化などについては自己判断せず、不安なことはすぐに主治医の先生に相談されることをおすすめします。

    1、化学流産とは?

    はじめに、化学流産にまつわる様々な疑問についてお答えします。

    ①化学流産とはどんな状態のこと

    精子と卵子が出会ってできた受精卵は、子宮内部に移動して子宮内膜に着床します。化学流産は、受精しても、その後着床が継続しないで、妊娠に至らなかった状態のことです。病院で超音波検査をすると、妊娠5~6週目になっても赤ちゃんを包む胎嚢が確認できません。化学流産が起きる時期は、胎児がそこまで成長していないので、妊娠確定対象にはなりません。そのため、医学上では流産としてカウントもされません。

    ②化学流産って自覚症状があるの?

    流産では、下腹部痛や出血などの症状がみられることがありますが、化学流産の場合、受精卵がいつもの月経のように自然に体外に排出されるため、自覚症状は見られないことがほとんどです。

    しばらくすると生理と同じくらいの出血がある程度で、痛みなどはなく、生理が予定日から1~2週間程度遅れる程度なので、単に「生理が遅れた」と思う人も少なくありません。

    ③化学流産の原因は?

    化学流産の原因の多くは、受精卵の染色体異常です。「重いものを持ったからでは?」「仕事で無理をしてしまったからでは?」と自分の行動や生活が原因ではないかと考える人も多いですが、それは関係ありません。妊娠が分かる前に薬を飲んでしまった場合も同様です。

    染色体異常以外の原因としては、子宮内膜ポリープや子宮筋腫、子宮内膜の慢性的な炎症、ホルモンや抗体に異常がある場合が挙げられます。

    ④化学流産が起こる時期とは?

    通常、精子と卵子が出会って誕生した受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、5日程かけて子宮内膜に到達します。これを着床といい、妊娠3週ごろに起こります。

    つまり、理屈上では「着床(妊娠3週ごろ)~超音波検査で胎嚢を確認(妊娠5週ごろ以降)するまで」の間に化学流産が起こるということになります。

    ⑤化学流産後の生理とは?

    流産の場合は、受精卵が着床して子宮内膜が厚くなっているため、通常の生理より出血が多くなるのが一般的です。しかし、化学流産の場合、着床したとしてもごく短期間なので、出血量や期間は普段の生理のときと変わらないことが多いです。

    生理にともない下腹部痛が強くなることも少ないでしょう。ただし、生理が2週間ほど遅れた時は、いつもより症状が重くなることもあります。

    ⑥化学流産したときの基礎体温の変化

    一般的に、女性の基礎体温は、排卵日を境として高温期になり、生理が始まるころに下がって低温期になります。受精卵が着床して妊娠が成立した時は、体温を上げる働きのある黄体ホルモンが分泌され続けるため、高温期がつづきます。

    化学流産すると黄体ホルモンが分泌されなくなり、基礎体温は下がりますが、基礎体温は体調やストレスにも影響されやすいので、すぐには下がらないこともあります。

    1日だけで判断することは難しいので、1~2週間ほど計ってみると良いでしょう。

    基礎体温は継続して測ることで、排卵日や生理日の予想もできるようになりますので、妊活を始めるタイミングで基礎体温の測定を始めるのもおすすめです。

    ⑦化学流産の確立はどれくらいで起こる?

    化学流産がどれくらいの確立で起こるのかは、残念ながらはっきりと分かっていません。ただ、健康的な30歳の女性であっても、受精する卵子の約25%に染色体異常があると言われていますので、決して珍しいことではないということです。

    そもそも化学流産が多く知られるようになった背景には、市販の妊娠検査薬の普及や不妊治療をする人が増えたためと言われています。

    それにより、ごく初期の妊娠も分かるようになったということです。

    ⑧化学流産した時の処置は?

    妊娠検査薬で陽性判定となり産婦人科を受診した場合、その時点で超音波検査で胎嚢が確認できなければ、もう少し様子をみることになります。

    1週間後に再受診し、そこでも胎嚢が確認できばければ、化学流産の可能性が高くなります。化学流産の場合、受精卵が流れていることが多く、一般的な流産後の処置である掻爬手術などを行うことはありません。

    2、化学流産後の妊娠の可能性について

    自覚症状のない化学流産といっても、その後の妊娠に影響があるのか気になりますよね。化学流産後の妊娠の可能性について解説します。

    ①化学流産後にまた妊娠はできる?

    化学流産を経験すると「また化学流産するかも」と不安になる人も多いでしょう。原因の多くは受精卵の染色体異常のため、予防することはできませんが、一度化学流産したからといって、次回以降も化学流産を繰り返すとは限らないので心配しすぎる必要はありません。

    染色体異常がある受精卵は、運よく着床できたとしても出産に至ることは非常に少なく、成長途中で流産や子宮内で亡くなってしまうことがほとんどです。

    つまり、化学流産したときは、最初から成長していくことができない運命の受精卵だったということです。化学流産は年齢に関係なく、若いカップルでも高い頻度で起こるものです。

    化学流産が起きるということは、少なくとも排卵や受精には問題がなく、妊娠が可能であるという証拠でもあります。

    化学流産したからといって、あまり深刻にならないようにしましょう。

    ただし、子宮内膜に問題があったり、ホルモンや抗体異常が原因の場合には、受精卵が着床しにくい「着床障害」を起こしやすくなることもあります。普段の生活ではなかなか気づかないことも多いので、赤ちゃんが欲しいと思ったら、一度病院で検査を受けておくと安心です。

    ②化学流産後に妊娠しやすい?!妊娠しにくい?!

    化学流産後は「妊娠しやすい」「妊娠しにくい」という話を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、これはただの噂です。化学流産が子宮内環境や卵子の質に影響を及ぼすことはありません。

    ③妊活を再開するタイミングは?

    化学流産後、生理が1回くれば、妊娠できる体に戻っていると考えられますので、すぐに妊活を始めても問題ありません。

    とはいえ、妊活は夫婦ふたりで進めるものです。夫婦で話し合って、再開は女性の心の回復を見ながら、無理しないことが大切です。

    ④化学流産を予防する方法は?

    最初にお伝えした通り、化学流産の原因のほとんどが受精卵の染色体異常であることから、これを防ぐ手立てはありません。どんな人にも起こる可能性がありますので、あまり気を落とさず、妊娠しやすい健やかな身体づくりを心掛けましょう。

    いかがでしたでしょうか。

    今回は化学流産の疑問について解説しました。

    化学流産という言葉は、不妊治療をきっかけに、その存在を知る人も多いのではないでしょうか。また、早期妊娠検査薬などで早めの妊娠チェックを行った人が気付くものです。

    赤ちゃんを心待ちにしている気持ちとは裏腹に、陽性反応から化学流産が起きると大きなショックを受けるかもしれません。ですが、化学流産は妊娠を望む多くの女性に起こる可能性があるものです。不安になることもあるかもしれませんが、焦らずゆっくり赤ちゃんを待つという姿勢が大切です。

    今回の記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ