人前式で感動を呼ぶ「誓いの言葉」の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミニチュアで再現した結婚式大切な家族や親戚、新郎新婦をよく知る友人達を招待して人前式を行うことを決めたものの、「感動を誘う誓いの言葉を言いたいけどどの様に考えたらいいの?」
とお悩みの方も少なくないのではないのでしょうか?

そこで今回は、

  • 人前式とは?
  • 人前式での誓いの言葉の意味とは?
  • オリジナルの誓いの言葉作成にあたっての考え方は?
  • 人前式での誓いの言葉文例5選
  • 誓いの言葉はどのタイミング?人前式の流れ事例

について書きます。

新郎新婦お二人らしい、特別なオリジナルの人前式にするために参考にして頂ければ幸いです。

目次

1、人前式とは?

2、人前式での誓いの言葉の意味とは?

3、オリジナルの誓いの言葉作成にあたっての考え方は?

4、 人前式での誓いの言葉の文例5選

5、 誓いの言葉はどのタイミング?人前式の流れ事例

1、人前式とは?

人前式とは、宗教や形式、格式にとらわれず、神仏の代わりに列席者に対して結婚を誓い、かつ証人となってもらう結婚式のスタイルです。

衣装なども含めて、式自体も特に決まった形式はないので二人だけのオリジナルの結婚式にできることが魅力です。

また、費用をリーズナブルにおさえられることも人前式の魅力といえるでしょう。

近年、このような人前式が人気となっています。

2、人前式での誓いの言葉の意味とは?

人前式での誓いの言葉は、神前式が神様に結婚を誓うのものであるのに対して参加者に対して誓うという意味があります。

3、オリジナルの誓いの言葉作成にあたっての考え方は?

誓いの言葉作成にあたっての考え方ですが、大きくは以下の流れで考えましょう。

  1. どのような形式で伝えるか
  2. 誰に対して誓うのか
  3. 誓う相手に対してどのような気持ちを伝えたいか

具体的には以下の通りです。

(1) どのような形式で伝えるか

誓いの言葉の伝え方の形式には以下の4パターンがあります。
まずはどのパターンにするか考えましょう。

  • ① 二人で一緒に言うパターン
  • ② 一人ずつ交互に言うパターン
  • ③ まずは交互に一人ずつで途中から二人で言うパターン
  • ④まずは二人で言って途中から一人ずつ言うパターン

(2)誰に対して誓うのか

人前式での誓いの言葉は特に決まりはありませんが、多くの場合大きく分けて2つのパターンに分けられます。
お二人のオリジナルの言葉を組み合わせ、お二人だけの誓いの言葉を考えてみましょう。

  • ①新郎新婦お互いに対して誓いを述べるパターン
  • ②新郎新婦のご両親やゲストの皆さんに対して誓いを述べるパターン

(3)誓う相手に対してどのような気持ちを伝えたいか

人前式では、参列して下さっているゲストの皆さんが証人となります。

新郎新婦お互いに相手の好きなところを伝え、その後の人生を共に過ごしていくといったような決意や、
今まで育ててくれた、見守ってくれて来たご両親やゲストの皆さんに対して感謝の気持ちを述べるなど、
お二人の素直な気持ちを率直に表現してみましょう。

4、 人前式での誓いの言葉の文例5選

実際にどのような誓いの言葉が使用されているのか、以下、参考文例を5つご紹介していきます。

(1) ベーシックタイプ

(ふたり一緒に)
私たちは本日ここにご列席の皆様の前で結婚式を挙げます。
これからは永遠に変わることなく、幸せな時も、困難な時も、心をひとつにして乗り越え、笑顔に満ちた明るい家庭を築いていくことを皆様の前で誓います。

(2)家族への感謝を強調する誓いの言葉

(ふたり一緒に)
本日 私たちは 皆様の前で結婚の誓いをいたします。

(新郎)
私は、優しい気配りができ、また決心をしたら一途に頑張る〇〇さんを好きになりました。
これからは私がいつも〇〇さんの味方になり守っていくことを誓います。

(新婦)
私は、ユーモアを忘れず、どんなときも前向きに努力する〇〇さんを好きになりました。
これからは私が〇〇さんの支えとなり助けていくことを誓います。

(ふたり一緒に)
私たちをこれまで大事に育ててくださったお互いの家族を大切にし、
幸せを分かち合い、苦しみを共に乗り越え、愛し合い、温かな家庭を築くことを誓います。

(3)お互いへの気持ちを強調する誓いの言葉

(ふたり一緒に)
私たちは本日お集まりいただいた皆様へ結婚の誓います。
私たちはこれまで共に時間を過ごして、お互いがとても大切でかけがえのない存在になりました。
これからも大切な人と一緒にいられる幸せに感謝し、互いに尊敬しあえる夫婦になれるよう努力しながらずっと一緒に生きていくことを誓います。

(4)5箇条の誓いの言葉

(ふたり一緒に)
私たち二人は 皆様の前で結婚式を挙げることができ感謝いたします。
ここに結婚の誓いをします。

  1. お互いの両親を大切にします。
  2. 相手を思いやる気持ちを忘れません。
  3. 笑顔の絶えない家庭を築きます。
  4. 喧嘩してもその日のうちに仲直りをします。
  5. 結婚記念日には美味しいものを食べに行きます。

今日の誓いを心に刻み、力を合わせていくことをここに誓います。

(5)プロポーズをもう一度。二人だけの誓いの言葉

(新郎)
○○さん、初めて出会ってから○年、楽しいことやつらいことを共にして、こうして一緒にいられる今が幸せです。
今まで泣いた分、笑った分、過ごした時間を大切にこれからも一緒に歩いていきましょう。○○さん、僕と結婚してください。

(新婦)
○○さん、私はあなたと結婚します。
初めて出会ってから○年、楽しいことやつらいことを共にして、私もこうしてあなたと一緒にいられることが今とても幸せです。
これからもたくさん笑いながら一緒に歩いていきましょう。

(ふたり一緒に ゲストの皆様へ)
私たちは、今日ここに集まって下さった皆様の励ましや友情、そして両親の深い愛情と理解のおかげで、この場所に立つことができました。
初めての出会いが、第一のスタートライン。そして今日この日が第二のスタートラインと考え、
いたわりと尊敬と笑顔に満ちた家庭を築けるようふたりで努力していくことを皆様の前に誓います。

5、 誓いの言葉はどのタイミング?人前式の流れ事例

人前式のメリットは、「形式の決まりが一切ない事」ですが、ここではご参考までに人前式の流れをご紹介します。

  1. 列席者入場
  2. 開式の辞
  3. 立会人代表の紹介
  4. 新郎新婦入場
  5. 誓いの言葉拝読
  6. 指輪交換
  7. 結婚契約書/婚姻届に署名・捺印
  8. 証明書披露
  9. 新郎新婦退場・閉会の辞

それぞれの場面について詳しくご紹介していきたいと思います。

(1)列席者入場

列席者は、受付で結婚の証人として結婚証明書にサイン(記帳)を済ませてから会場へ入ります。

(2)開式の辞

司会者が挙式の主旨(人前式の意味)の説明を行います。
ゲストの中には人前式をよく知らない人もいるはずなので、ここでしっかりと説明をしておいた方がよいでしょう。

(3)立会人代表の紹介

司会者が立会人代表を紹介します。
立会人は父親であったり、親友であったり、主催者によって様々です。式のテーマを伝える部分でもあるので、新郎新婦との関係を明確に説明しましょう。

(4)新郎新婦入場

新郎新婦の入場のタイミングです。

(5)誓いの言葉拝読

新郎新婦のお二人で考えたオリジナルの誓いの言葉を読み上げます。
お二人らしい演出を!

(6)指輪交換

全員の賛同を得て、結婚指輪を交換します。

(7)結婚契約書/婚姻届に署名・捺印

列席者が見守る中、新郎、新婦、立会人代表などが署名をします。
式場の受付であらかじめゲスト全員にサインをしてもらった証明書を使用するのもおすすめです。

(8)証明書披露

結婚証明書または婚姻届を列席者に見せて、ふたりが結婚したことを宣言します。

(9)新郎新婦退場・閉会の辞

新郎新婦の退場と閉会の言葉です。

まとめ

ここまで「感動を呼ぶ人前式の誓いの言葉」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
形式や格式がないからこそお二人らしい演出で、特別な思い出となるのが人前式です。

普段はなかなか伝えられないけれど、伝えるべき人へ、伝えるべき言葉をきちんと伝える機会にしてみてはいかがでしょうか。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ