親族のみの結婚式ってどうやるの?常識外れと思われないための前知識!

    親族のみで結婚式をすることになったあなたに、押さえておきたいマナーと演出のアイディアをご紹介します。

    1.親族のみの結婚式を挙げる理由って?

    カップルにより理由は様々ですが、

    • 妊娠したため、大々的なお披露目はしたくないが、けじめとして親族のみで結婚式を執り行う
    • 結婚式に呼ぶような友人が多くいない
    • リゾート地で結婚式をするため大人数は呼べない
    • 親族の人数が非常に多い
    • そもそも結婚式自体する気はなかったが、親から言われて結婚式をすることになった

    などが多いでしょう。
    ゼクシィ結婚トレンド調査2015によると、招待客が40人以下の小人数結婚式をしたカップルは、全体の14.3%、首都圏では17%と、意外と多いことが分かります。
    それだけ前例も多いポピュラーな結婚式ということになるので、一人で頭を悩まさずに、会場の担当者にどんどん聞いてみましょう!

     

    2.どう準備すればいいの?

    親族のみで結婚式をする際は、常識や慣習など、より気をつけたいものです。
    後々、「良い結婚式だった」と親族から言われるためにも、押さえておきたい準備のポイントをお伝えします!

    招待状は必要?

    少人数の親族のみなのだから、かしこまる必要はないのでは?と考える方ももちろんいますが、親族のみとはいえ、通常の集まりとは違う正式な「結婚式」なので、招待状を作られる方が多いです。
    招待状が届くことで、いつも集まっている親族のメンバーだとしても、特別な気持ちで参列してくれるのではないでしょうか。
    少ない部数の用意になるので、手作りした方がコストが抑えられますね。

    ご祝儀と引き出物は?

    友人を呼ぶような結婚式でも、親族からのご祝儀は少し多めが常ですよね。
    いくらもらえるか事前に分からない場合も多いと思いますので、その時は、当日持ち帰る引き出物としては引き菓子を用意し、後日、いただいたご祝儀の額に合った引き出物を自宅に贈るという手があります。
    もちろん、式当日に「引き出物は後日郵送します」の旨をきちんと伝えておかないと、「多額のご祝儀を包んだのに、お返しはこれだけ?」と思われてしまう可能性がありますので注意しましょう!

    受付は誰がするの?

    親族のみの結婚式の場合、受付は特段設ける必要はありません。
    ホテルで披露宴まで行う場合は、受付はホテルの担当者がしてくれます。その場合、お心づけなど渡すと良いでしょう。

     

    3.おすすめの演出は?

    ケーキ入刀

    通常の結婚式でも定番の演出ですが、「これが無けりゃ結婚式感が無い!」という年配の人も多く、親族のみの結婚式でも人気の演出となっています。

    新郎新婦のウェルカムスピーチ

    来賓(会社の上司など)のスピーチが無い分、少し長めに新郎新婦が喋ることが多いようです。親族のみの結婚式だからこそ、結婚に向けての決意表明など、深い話ができそうですね。

    新郎新婦(両)親からの感謝の挨拶

    通常の結婚式では、新郎の父のみ挨拶をするパターンが多いですが、他の演出をあまり入れないのであれば、一言だけでも、両親からの挨拶を入れると会場が和んで人気のようです。
    ただし、母親の中には挨拶は荷が重く感じる人もいるので、あまり両親に大きな負担を与えないようにしましょうね。

     

    4.まとめ

    上記のように、親族のみの結婚式での演出は、キャンドルサービスやダンスなど、派手なものはあまりなく、スピーチ中心に組み立てている方が多いようです。その目的は、新郎新婦の親族の紹介や、親族同士の交流を重視しているからです。
    親族のみの結婚式は、決して珍しいものではありません。
    親戚から後々「非常識だ」なんて言われないように、会場の担当者を頼りつつ、新郎新婦の親族同士が仲良くなれるような、素敵な結婚式をしてくださいね。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ