彼が結婚を意識しているサインと「この人と結婚したい!」と思う瞬間とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

つき合って1年と少し。彼と結婚して、早めに子どもを産みたい。けど、彼は結婚したいと思っているのかしら? 彼に話してみたいけれど、結婚するつもりがあるのかどうか確信が持てなくて躊躇してしまう…。でも彼の本心、知りたいですよね? 気持ちって、言葉だけじゃなくて、態度や仕草や、そんなちょっとしたことにたくさん現れているものです。そこでこの記事では、彼の行動や言葉から結婚への意識があるかどうか、そのサインを見つけていくヒントをご紹介します。

1、男性が結婚を「決意する」きっかけとは

では最初に、男性が結婚を「決意する」きっかけ、タイミングについて考えてみましょう。例えば、こんなきっかけが考えられます。どれだけ今のお二人と当てはまるか確認してみましょう。

(1)年齢や、節目を感じたとき

例えば30歳までには結婚していたい、子どもは2人欲しい等、人生を計画的に考えている男性の場合、その時期が来たときにお付き合いしている女性がいれば自然とその人との結婚を考えるようになります。お相手に不足や不満がなければ、結婚を決意するタイミングになりえるでしょう。

(2)転勤、転職、昇進等、仕事のきっかけ

転勤で長距離恋愛になる場合や、転職、昇進なども、二人の付き合いを改めて考えるきっかけとなりやすいですね。

(3)子どもが欲しくなった

男性も「いつかは子どもが欲しい」と思っている人は多いものです。友人や親戚に子どもができるようなことが周りに起きてくると、自分にも…ならば結婚を、と思うきっかけになるでしょう。

(4)彼女が妊娠した

お付き合いしているお相手が妊娠したら、必然的に考えることになりますね。

(5)彼女からの「結婚したい」アピール・年齢

女性の方からの「結婚したい」気持ちを何となくでも感じキャッチしていれば、「彼女のためにもそろそろ考えようかな」というきっかけとなっていきます。また子どもを持つことなど考えた場合の女性の年齢なども、結婚を真剣に考えるきっかけとなるでしょう。

(6)周りの人からの影響

親しい人が結婚するのも、自然と自分もそろそろ…と考えるようになってくるものです。ご両親との関係が良好であれば、これは無意識なことが多いですが、ご両親の結婚年齢に近づいてくると、意識し始める人も実は多いものです。

(7)彼女を他の人に取られたくないと感じたとき

彼女に他の男性が言い寄ってきたり、お見合いの話がきたり。そんな時、大切な人であればあるほど「他の男性に彼女を取られたくない」と結婚を考えるきっかけとなるかもしれませんね。

(8)二人の未来が想像できたとき

上に上げた1〜7をきっかけに、またこれまでのお付き合いの中で、二人の未来を明るく想像できたとき、「結婚しよう」という決意を強く感じるのではないでしょうか・

2、男性がこの人と一緒になりたい!と思う瞬間

結婚を決意するきっかけはなんとなくわかってきました。しかし、みんながみんなそういうわけでもありません。そして「結婚しよう」「結婚したい」と決意する以前に、「この人と一緒にいたい!」「一緒になりたい!」と感じることがあり、そこから「結婚したい」と思うプロセスがあるものです。では男性は、どんな瞬間に「この人と一緒になりたい!」と思うのでしょうか

(1)彼女のふるまい、様子を見て

  • 体調が悪い時、看病してくれた。気遣ってくれた
  • 手料理が美味しい、味の好みが一緒
  • 知性、機転の良さ、周りへの配慮を感じる
  • 頼もしさを感じる
  • 責任感のある態度、行動
  • 辛いとき、弱っているとき支えてくれた
  • 弱い自分も見せてくれていると感じる
  • 見返りを求めない優しさ、思いやりを感じる

(2)自分の感覚で

  • 一緒にいることが嬉しい、苦にならない
  • 誰よりも心強い見方、理解者と感じる
  • 弱った自分をみせることができる
  • だれよりも自分が愛されていると感じる
  • 何でも話ができる
  • 彼女のお陰で自分の力を発揮できる

(3)二人の間で

  • 金銭感覚などの価値観が近い
  • 将来設計、理想が同じ
  • セックスの相性が良い
  • 趣味や好みが一緒
  • いくらでも話していられる
  • 沈黙が続いても不穏なムードにならない

などが挙げられるかと思います。
いかがですか? 実はこれって、あなたが彼と「一緒にいたい!」と思った瞬間と同じではないでしょうか?

3、彼は今結婚を意識している? していない?

では、今、彼はあなたとの結婚を意識しているでしょうか。それともしていないでしょうか。彼が結婚を意識しているならこんな言動が見られるかもしれません。

(1)以前にも増して子供のこと、生活スタイルについて話すようになった

あなたとの将来がイメージできるようになっていると、自然と「僕たちに子どもがいたらどんな感じかな?」「●年後にはどうしているかな?」といった言葉がでてくるかもしれません。あなたの方からそういう話題を振ってみて、自然と会話が繋がるなら、それも結婚を考えていると思ってよさそうですね。しかし逆に、真剣に考えている人、慎重な人はそういうことについて軽く話さないこともあります。

(2)家族や友人との関係を質問してくる、話す

結婚、プロポーズを考え始めたら、ご両親に挨拶に行くことにもなりますよね。あなたのご両親や友人との関係、付き合い方など細かいことまで聞いてきたり、探るような質問をしてくるなどの言動がでてくるかもしれません。
また自分自身の両親や友人のこと等も知ってもらいたいと思うようになりますから、自然と自分のプライベートな人間関係も話すようになっていることがあります。

(3)より立ち入った仕事やプライベートな悩みを話してくる

男性は女性に比べて自分の弱音や弱みを人にみせたくない、という気持ちが強いものです。ですから完全に心を許している人ならば、自分を知ってもらいたい、理解してもらいたいという気持ちから聞きもしないのにいろいろと話してくるなど、よりプライベートな部分、感情を見せてくるようになることもあります。
逆に、あなたの方から自分の仕事やプライベートでの立ち入った話などをしたときに、よく聞いてくれるようであれば「あなたを深く理解したい、知りたい」と思っているということでもあります。

(4)家族、友人に紹介する

ご両親への挨拶は結婚の意志が固まってからのことですが、その前に、彼の親しい友人、場合によっては仕事関係の人など、広範囲にあなたをことを「彼女」として紹介するというのは、周りからの公認を取り付けるようなもの。彼女であるあなたの友人に会いたがる、紹介して欲しがるということもあります。

(5)かっこ悪い姿を見せるようになった

あなたからみて「かっこ悪い」と感じるような言動が増えたとしたら、それは自分の弱音、弱点をあなたに見せている、ということであり、あなたに甘えているということでもあります。結婚したら、いつも格好良くはいられませんよね。そして、そんなかっこ悪い彼をあなたが気持ち良く受け入れ、時には励ましたり、活を入れてあげることができれば、より結婚への決意に変わっていくのではないででしょうか? またあなたがかっこ悪い姿を彼に見せた時、どんな反応が返ってくるかを見ることで、二人の関係をどう捉えているのか知ることも出来ます。

以上、6つの視点を挙げてみましたが、プロポーズよりも以前に、結婚を意識し始めるとマリッジブルーになる男性もいます。こちらの記事も参考になさってみて下さい。
男性のマリッジブルー 原因と乗り越えるための最適な対処法とは?

4、あなたは本当に結婚の準備ができている? 彼とよいパートナーシップを築くために必要な心構え

これまで読んでみていかがだったでしょうか? 男性が結婚を意識するとき、「この人と一生一緒にいたい!」と感じるとき、というのは、女性であるあなたがそう思うときとさほど変わりはないと思いませんでしたか?

では、どんなあなたでいることが「この人と一生一緒にいたい!」という気持ちに繋がっていくのでしょうか?
ちょっと考えてみて下さい。あなたはどうして彼と結婚したいのですか? 純粋に彼を愛し一緒にいたい、という気持ちももちろんあると思います。

しかし、その一方で、

  • 経済的な安心・安定を求めていたり
  • 出産のタイムリミットへの焦りがあったり
  • 一人でいることが寂しいと感じていたり
  • 独身が恥ずかしいと感じていたり
  • ご両親から離れたいがためだったり

そんな自分が抱えている不安や不満を解決するために結婚したい、と思っていないでしょうか? もちろんそういう理由もあって良いのです。彼の方にだってそういう気持ちは少なからずあるかもしれません。
ですが、彼の立場になったとき、このことをあなたが求められたら、あなたはその期待に応えられるでしょうか? 応えられたとしても決して気分が良いものではないかもしれませんね。

お互いがより良いパートナーシップを持ち続けるためには、もしそんな自分の気持ちがあることを自分で知っておくことは大事です。ですがそれを彼に全てを話す必要があるわけでもありませんし、罪悪感を持つ必要もありません。その気持ちを持っていることを気づいたことで、あなたは彼に精神的に依存ではない視点で、改めて彼との関係性をみていくことができるようになることでしょう。そしてその上で、彼との絆を深めていくために、あなたができることをするというのがとても大切です。

女性は体力や経済的なことで男性には適わないこと、助けてもらうことがたくさんあります。逆に男性は、女性を体力や経済で守りながらも、精神的なサポートや出産、育児によって家族をつくるという恩恵を受け取っているわけです。
男女平等の時代です。ですがすべての形が対等というわけでなく、女性として、男性としてのあり方をお互い尊重しながら平等、対等であろうと尽力することが何より良いパートナーシップをキープし続ける秘訣です。

彼とあなただけにしか創れないパートナーシップというものがあります。ぜひまずはあなた自身で「理想のパートナーシップとは?」と自らに問いかけ、また彼と話し合い、素敵なパートナーシップを育んでいってください。

まとめ

いかがでしたか?この記事が、あなたとお相手の方とのパートナーシップより深め、結婚へと繋がっていきますように、心からお祈りしています。

「HOW TO MARRY」編集部です。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ