「幸せな再婚をしたい」なら知っておきたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

離婚して数年、生活も気持ちもなんとなく落ち着いて来た頃。ふと「前の結婚は失敗だった。でも、このままずっと一人でいるのも嫌。できることなら、より自分に合ったパートナーとともに幸せに年を重ねたい」と思うことありませんか?

でも再婚は、初婚と時と違って子どもがいる場合もありますし、年齢的なことも気になったり、以前の結婚生活での経験などから躊躇することも多くなってくるのも事実かと思います。今度こそ良い人と巡り会い再婚をするために大切なことは何でしょう? そこでここでは幸せな再婚するために最初に考えておきたい大切なことをご紹介します。

1、再婚したい?

年々、結婚件数に対する離婚率が上がっている日本。今や3組に1組は離婚していると言われているのはよく知られていることです。

総合探偵社MR(エムアール)の離婚経験者へのアンケート調査で「また機会があれば結婚したいと思いますか?」という質問に対し、「再婚の可能性は「出会う相手次第」」と答えている人を含めると8割近くの人が「また機会があれば結婚したい」と考えていることが分かります。再婚について積極的に考えることはできなくても「いい人と巡り会えたら結婚したい」ということでもあります。

 

出展:https://seniorguide.jp/article/1024264.html

2、離婚、再婚は珍しいことではない。もはや当たり前?

厚生労働省の調査によると3組に1組が離婚する一方で、結婚する4組のうち1組は再婚(夫、妻のいずれか)という統計がでています。芸能人の結婚報道などを見ても再婚のケースはとても多く、世間的なイメージからも今や離婚はもちろんのこと、再婚も珍しいことではなくなってきています。

国立社会保障・人口問題研究所の調査でも再婚率は、男性75%、女性63%です。

もしも、あなたが再婚は難しいだろうと考えているとしたなら、数字から見てもそんなことはない、ということです。再婚をしている人はたくさんいますし、あなたがその一人になってもなんらおかしくはないのです。

参考)

国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2012.asp?

厚生労働省 平成 28 年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」結果の概要 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin16/dl/01.pdf

平成 28 年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」 概況版  http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin16/dl/gaikyo.pdf

3、どうやって相手を見つけているの?

では、再婚した人たちはどこで新しいパートナーに巡り会っているのでしょうか?

いくつものアンケート調査を調べてみると、実は初婚の人と同じような場面での出会いが多いようです。具体的に見ていきましょう。

(1)職場

初婚、再婚にかかわらず職場や仕事繋がりで出会うチャンスが一番多いと言えそうです。

「社内恋愛」はどの世の中でもよくありますし、仕事を通して相手を知ることできるため、相手の人となりを事前に知ることができる点でもメリットはあります。

また同じ職場じゃなくても、出入りしている営業担当者や同じビル内で良く会う人、研修や勉強会などで出会うこともありそうです。

(2)SNS

共通の趣味、考え方等でつながりやすい場ですが、なかには悪質な出会い系サイトもあるので注意が必要です。

(3)結婚相談所、婚活サイト

真剣に結婚を考えている人たちが集まっています。再婚OK、子連れOKなど、条件に合わせたパートナーを選ぶのにも適しています。再婚を専門にしている結婚相談所もあるので、そのような結婚相談所に相談するのがオススメです。

再婚専門の結婚相談所Prime Mariage   http://www.prime-mariage.jp/lp2/

(4)サークルや趣味の活動の場

登山サークルやバイクのツーリング、お料理やお菓子作りサークル、絵画教室、自転車やマラソンなど、趣味やサークルの仲間から恋人同士に発展し再婚に結び付いたケースも実にたくさんあります。

趣味を通しての集まりは普段のあなたを出しやすいですし、共通の趣味を通し相手と意気投合しやすいでしょうし、再婚後も同じ趣味を楽しめる点では非常に魅力的な出会いと言えそうです。

 (5)合コン、知人友人からの紹介、

友達からのお誘いがきっかけで再婚相手と出会うケースもたくさんあります。あなたの素性を分かっている人からの紹介ですと、お互いの事情など事前にある程度理解した上で会うことができるので、心理的な障壁が低そうです。気の合う友人からの誘いは積極的に乗ってみることをオススメします。

これら4つに加えて「子供の習い事や学校行事等、子どもを通じて」という子持ちの場合ならではの出会いの形もあります。

子連れの再婚は難しいというイメージがありますが、離婚時に子どもがいる割合は60%という調査結果が実際にあります(国立社会保障・人口問題研究所調べ)。先に書いた再婚率から考えても、男女どちらかが子持ちで再婚する可能性は非常に高いと言えます。

上記の出会いの形からわかることは、再婚も初婚も同じような出会いの場で相手に出会っているということ。つまり相手に出会う場面、タイミングというのは初婚も再婚もさほど違いはありません。

したがいまして、「再婚だから…」「子どもがいるから…」相手を見つけるのは難しい、と一般的に持たれそうなイメージと実際は違うようです。

ただし、子どもがいる場合、実際に出会いがあってもいざ結婚となると当人同士の意志はもちろんですが、子どもの気持ちや再婚に対する理解、子どもと新しいパートナーとの相性、パートナーが子どもを受け入れてくれるかなども大切なポイントとなります。ここを考慮することが、幸せな結婚生活を続けるためにも大切なことと言えそうです。

実際、子連れで幸せな再婚をするには、

  • 自分の気持ちと同等に子どもの気持ちに配慮できていたか
  • 子どもの年齢に関わらず子どもへのケアが上手くできるかどうか

が、その後の結婚生活での大切なポイントとなっているようです。

4 、幸せな再婚をするために大切なポイントとは?

再婚している人はとても多いし、出会いも世間で言われているほど難しいわけではないらしい、ということが分かってきました。ですが、今度は2度目。できることなら失敗することなく長く幸せな結婚生活を続けたいですよね。

ここではどうしたら幸せな再婚ができるのか、そして結婚生活を送り続けることができるか、についてお伝えしていきます。

(1)再婚前にすべきこと

①価値観についてすり合わせる

離婚の原因の多くは「価値観の不一致」です。完全に同じ価値観である人を見つけることは無理とはいえ、自分がどんな価値観を持っているのか伝えたり、聞いておくことは非常に重要です。ぜひ再婚を検討する前にできるだけ価値観についてすり合わせておきましょう。

②家族や親戚について伝えておく

家族や親戚についてもトラブルが発生しがちです。家族や親戚との関係やどのようなスタンスを取っているかなど、家族に対しての考え方を事前に確認しておきたいところです。

③家事や育児などの役割分担についての考え方を知っておく

今は夫婦共に仕事をすることが多い世の中です。そこで話し合っておきたいのが家事や育児についての役割分担について。かっちりと決めるというよりは、掃除や料理などに抵抗がないかなども含め知っておきたいところです。

④自分の欠点について相手に伝えておく

結婚生活において、相手を理解しようとしたり尊重することは大切ですが、だからといって自分の言いたいことを我慢したり無理をしすぎるのは破綻の原因です。ましてや自分の欠点などについて隠しているといつか苦しくなってしまうもの。

自分にはこんなダメなところや欠点がある、ということを伝え理解してもらうことで、ありのままの自分で結婚生活を送ることができるようになります。ぜひ怖がらず伝えてみましょう。

⑤お金のことをはっきりさせておく

価値観の不一致の次に離婚原因の上位に位置する「お金の問題」。お金に対してどんな考え方を持っているのかを含め、収支や借り入れ状況などについてもお互いに知っておくことで、お互いに協力し合いながら結婚生活を送ることができます。お金の話はしにくいかと思いますが、ぜひ乗り越えできる範囲で話し合ってみましょう。

⑥慎重に決断する

再婚はできるなら失敗したくはないはずです。そこで初婚以上に時間をかけ、上記のポイントを踏まえ焦らず慎重に検討することをオススメします。

(2)幸せな結婚生活を送り続けるための心構えとは?

再婚者は結婚生活の良いところも嫌なところもすでに経験し学んでいる、という利点があります。初婚の時には「こんな人、こんな生活でなくちゃ嫌」など理想を求めすぎたり、逆に「こんな人だったなんて」、「こんな生活になるとは(涙)」と甘く見すぎて結婚生活が破綻するなどありました。

しかし再婚の場合、最初の結婚での失敗をしっかりふまえた上で新たなパートナーとなる人を冷静に見ることができます。

また、結婚生活においての自分の欠点、改善すべきところも分かっていますので、結婚に対してあれもこれもと求めすぎることもなくなってきます。さらにパートナーに対しても譲れるところ、妥協できるところ、またそうではないところを良く分かった上で新しい結婚生活を送ることができるかと思います。

あなたが今「また結婚したい。再婚してもいいかな」と思っているなら、前回は破綻してしまったとはいえ、それだけ結婚生活には良い面もたくさんあるということを分かっているということです。

そのように前向きに考えることができるなら、1度目の結婚よりもずっと本来のあなたに合ったパートナーと幸せな結婚生活を創っていくことができる可能性がとても高いとも言えますね。

幸せ結婚生活を送り続けるために必要なことは、ここまでお伝えしたことを総合してまとめさせていただくと、

  1. 前回の失敗から学んでいる
  2. 相手と向き合いとことん話し合っておく
  3. 相手に求めすぎない
  4. 自分の改善点を分かっている
  5. 子どもがいる場合は子どもへの配慮・ケアができている
  6. 何よりも再婚に対してポジティブである

ということが言えそうです。

まとめ

以上、幸せな再婚をするために最初に考えてみたいこと、知っておきたいこと等をご紹介してみました。いかがだったでしょうか?

再婚はハードルが高いイメージもあったかもしれませんが、実は、より自分に合ったパートナーと幸せな人生を創るための大切な機会でもありますね。この記事をお読みのあなたが、素晴らしいパートナーと出会い、幸せな結婚生活を送れますよう願っております。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ