幸福な結婚生活への願掛け!サムシングフォーを取り入れよう

    サムシングフォーとは?

    西洋の慣習の一。花嫁が、何か古いもの(something old)、何か新しいもの(something new)、何か借りたもの(something borrowed)、何か青いもの(somethingblue)の四つを身につけると、幸せな結婚生活が送れるというもの。

    出典:コトバンク

    マザーグースの歌などによって語り継がれてきたサムシングフォー。

    せっかく結婚式をするのなら今後の新しい生活の幸せを願い取り入れてみてはいかがでしょうか。

    今回はサムシングフォーのそれぞれの意味や取り入れ方をご説明いたします。

    1.何か古いもの(something old)

    なにか古いものとはなんでしょう。

    これは先祖代々受け継がれてきたものや母から譲り受けた装飾品のことです。

    古いものには力があるとされており、祖先から伝わる経済的安定や豊かさを引き継ぐという意味が込められています。

    (1)アクセサリーを貰う

    出典:http://zexy.net

    アクセサリーはパールのネックレスやピアス、イヤリングなどをもらえば使いやすいですね!

    (2)ベールを貰って小物にリメイク

    出典:http://otonakon-saikou.seesaa.net/article/419294907.html

    母からもらったベールをそのまま着けてももちろんいいのですが、デザインが…という時は小物にリメイクしてしまいましょう。

    リングピローにしたり、リボンに作り変えてドレスにつけたりなど取り入れ方も広がります。

    (3)ドレスをリメイク

    出典:http://weddabroad.com

    母がドレスを大切に取っておいたという場合、娘が結婚式で使ってくれるなんてとても嬉しいことですよね!

    ただ、形がやはり昔のデザインであまり…という時はリメイクしてしまいましょう。

    2. 何か新しいもの(something new)

    何か新しいものとはなんでしょう。

    この新しいものというのは、結婚式当日に新しく下ろすものならなんでも大丈夫です。

    新しい人生の第一歩として、未来へ踏み出すという意味が込められています。

    グローブでもベールでも靴でも何でも大丈夫ですよ。

    3.何か借りたもの(something borrowed)

    借りたものとは誰から借りるのでしょうか。

    この借りる相手は親戚や友人の中で幸せな結婚生活を送っている夫婦です。

    幸せな結婚生活を送っている人から幸せをあやかろうという意味が込められています。

    借りるのであればリメイクなどはできませんね。

    どういうものが使われているのでしょうか。

    (1)ハンカチ

    出典:http://article.michi-gift.com

    友人が結婚式で使用したハンカチなら気軽に借りることができますね。

    (2)リングピロー

    出典:http://zexy.net/

    リングピローは保管している人が多いのではないでしょうか。

    (3)グローブ

    出典:http://granmanie.co.jp

    グローブもかさばらず貸してもらいやすいアイテムだと思います。

    4.何か青いもの(somethingblue)

    青いものはどう取り入れたら良いのでしょうか。

    青色は花嫁の純潔や清らかさの象徴を表す色です。

    その為、どこにでも青を入れればいいというわけではなく見えない場所や目立たない場所に身につけるのが良いとされています。

    (1)ガーターベルト

    出典:http://zexy.net

    イギリスではレースのガーターベルトに青いリボンを通して身に付けるのが一般的です。

    (2)結婚指輪

    出典:http://www.mwed.jp

    結婚指輪の裏側にブルーサファイアを埋め込みます。

    (3)ネイル

    出典:http://blog.navynail.com

    ブルーベースではなくブルーの石を目立たない程度につけるのがいいかと思います。

    ペディキュアにブルーを使ってもいいですね。

    5.幸せのコイン

    出典:http://www.may-fairy.jp/sixpences.html

    サムシングフォーは4つだけだと思っていましたか?

    実はサムシングフォーを歌ったマザーグースの詩の最後に「そして花嫁の左の靴に6ペンス」という歌詞があります。

    6ペンスコインはイギリスでは昔からウェディングだけでなくお守り代わりに持ち歩いたり、クリスマスプディングにいれてコインが入っていた人には幸せが訪れると言われていたり、誕生日プレゼントに使われたりしています。

    結婚式では花嫁の靴の中に入れておきます。

    ただこの6ペンスコインは製造終了しています。

    幸せのコインをやりたいという場合はインターネットなどで探してみてください。アンティークショップなどにありますよ。

    サムシングフォーについてのまとめ

    サムシングフォーは準備をする時間は必要ですが、意味と使えるものなどが分かっていれば揃えるのは難しくはないかと思います。

    是非二人でこれからの幸せを願って様々な人の思いを感じながら用意してみてくださいね。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ