ファブリックブーケだからできる!その魅力とイメージ別アレンジ10選

    ウエディングのマストアイテム「ブーケ」。

    最近、生花を使わないファブリックブーケが注目されています。美しいその魅力とイメージ別おすすめアレンジアイディアをご紹介します。

    結婚式準備完全マニュアル無料ダウンロード

    目次

    1.ファブリックブーケとは?

    2.ファブリックブーケ3つの魅力

    3.イメージ別!おすすめファブリックブーケ10選

    1.ファブリックブーケとは?

    ファブリックブーケとは?

    出典:http://www.projectwedding.com/

    ファブリックブーケとは、生花や造花ではなく「布」で出来たブーケのことです。材料はシフォン、レース、チュールなど様々です。

    2.ファブリックブーケの3つの魅力

    (1)枯れないブーケ

    ファブリックブーケは布製なので生花のように枯れてしまう心配がなく、前もって時間をかけて準備をすることができます。また、ウエディングの後も思い出として美しいまま保存できるのが大きな魅力です。

    (2)ブーケトスにぴったりの軽さ

    ブーケトスでゲストに向けて投げてもお花が傷ついたり散る心配がありません。

    また生花とは違い布製なのでとても軽く、ブーケトスでゲストに向けて投げた際、万が一ゲストに当たってしまっても安全です。

    (3)お花の色も形も思いのまま

    好きな素材、色の生地を使って、生花や造花ではなかなか出せない雰囲気のブーケも作ることができます。

    3.イメージ別!おすすめファブリックブーケ10選

    ファブリックブーケと言っても、選ぶ生地によって出来上がりは様々。イメージ別おすすめの美しいファブリックブーケを一挙ご紹介します。

    (1)ふんわりブーケ

    ファブリックブーケ

    出典:https://www.etsy.com/uk/listing/

    ファブリックブーケ

    出典:https://capclassique.wordpress.com/

    シフォンやオーガンジーを使ったブーケは、ふんわりとした優しい印象に。

    (2)布の質感を出したブーケ

    名称未設定

    出典:http://www.theoverwhelmedbride.com/

    ブーケ

    出典:https://www.etsy.com/listing/

    レースや麻など生地の質感がそのままお花の特徴になる素敵なブーケ。

    (3)ジュエリーブーケ

    名称未設定

    出典:https://www.etsy.com/

    名称未設定

    出典:https://www.etsy.com/

    ブローチやネックレスをアレンジに加えると、まるでジュエリーのようなブーケに仕上げることができます。

    名称未設定

    出典:http://www.jadevinedesign.com/

    ブーケの内側にも凝ったデコレーションを!ファブリックブーケならではの美しさ。

    (4)個性的なブーケ

    名称未設定

    出典:http://www.inspirasisongketaffairs.com/

    布で出来たリボンをアレンジに加えることで、可愛らしい印象に。

    名称未設定

    出典:http://www.rocknrollbride.com/

    ペーパー素材のお花を組み合わせたブーケ!

    名称未設定

    出典:https://www.etsy.com/listing/87385986

    フェルトを使ったブーケはとてもユニークで可愛い!

    名称未設定

    出典:http://www.weddingcolors.net/

    まとめ

    いかがでしたか?

    お気に入りの布地を使ってハンドメイドもできるので枠にとらわれずあなただけの素敵なファブリックブーケを作ってみてはいかが♡

    あなたのウェディングが思い出深いものになりますように。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    I-PRIMO