身につけて幸せに♡ サムシングフォーの意味と上手に取り入れるポイント

    サムシングフォーをご存知ですか?

    聞いたことがあるという花嫁さんは多いのではないでしょうか。

    結婚式をするなら、幸せな結婚生活のためのおまじないであるサムシングフォーを取り入れれば、より思い出深い結婚式にすることができますよ。

    ここではサムシングフォーの意味や、取り入れ方の例をご紹介します。

    1、サムシングフォーの意味とは?


    サムシングフォーとは欧米に古くから伝わる結婚式で行うおまじないのことです。

    幸せな結婚生活が永遠に続くようにと願いを込めて、4つのお守りを結婚式当日に身につける習慣です。

    「新しいもの(サムシングニュー)」「古いもの(サムシングオールド)」「借りたもの(サムシングポロウ)」「青いもの(サムシングブルー)」の4つを指し、サムシングフォーと呼ばれています。

    この4つと「6ペンス銀貨」は、イギリスの伝承童謡である「マザー・グース」の詩が由来となっています。

    (1)サムシングオールド(Something Old/なにか“古い”もの)

    伝統や家族の絆を受け継ぐ意味があるサムシングオールドは、ただ古いものを用意するのではなく、花嫁の母親や祖母から何かを受け継ぎ身に着けます。

    (2)サムシングニュー(Something New/なにか“新しい”もの)

    新生活の象徴となるサムシングニューは、なにか新品のものを用意します。
    サムシングニューは新品のものであれば、靴でもドレスでもなんでも大丈夫です。

    (3)サムシングボロウ(Something Borrowed/なにか“借りた”もの)

    サムシングボロウは幸せな結婚生活を送っている友人や親戚から何かを借りて、その幸せにあやかるという意味があります。

    (4)サムシングブルー(Something Blue/なにか“青い”もの)

    キリスト教では聖母マリアのシンボルカラーである青いものを身に着けるサムシングブルー。
    青は愛や純潔や貞節を象徴する色で、そのため目立たないようにどこかに青いものを身に着けるのがいいとされています。

    2、6ペンス銀貨(6ペンスコイン)とは?


    マザー・グースの詩の最後に出てくる「and a sixpence in her shoe 」が由来の6ペンス銀貨。

    経済的にいつまでも豊かに過ごせるようにと、この詩の通りに花嫁の左足の靴の中に6ペンス銀貨を入れておきます。

    イギリスではお守りにする人もいるほど人気のある6ペンス銀貨ですが、現在は流通していない硬貨です。

    もし6ペンス銀貨を用意するのであれば、アンティークショップやインターネットで探しましょう。

    6ペンスコイン(6ペンス銀貨)については、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

    6ペンスコイン(6ペンス銀貨)の意味とは? 人気デザインや発行年号もご紹介

    3、サムシングフォーを上手に取り入れるポイント


    サムシングフォーのそれぞれの意味を理解しても、いざ用意しようとなると何を用意すればいいのかわかりませんよね。

    そこで、それぞれ4つのものの取り入れ方のアイデア例をご紹介します。

    (1)サムシングオールドの例

    ①ジュエリー

    サムシングオールドはジュエリーを母親や祖母からもらい、身に着けるのが一般的な取り入れ方です。

    真珠のネックレスやイヤリングは、ドレスにも合わせやすく取り入れやすいのでおすすめです。

    ②衣装

    母親が着たウェディングドレスをリメイクして着るのもすてきです。

    自分が着たものを娘が結婚式で着るというのは、母親にとってもとても嬉しいことですね。

    また祖母から着物をもらって着れば、日本らしさを取り入れたサムシングオールドになりますよ。

    ③婚約指輪

    母親や祖母が使っていた婚約指輪を受け継いで、リフォームすれば婚約指輪をサムシングオールドとして取り入れることができます。

    (2)サムシングニューの例

    サムシングニューは結婚式当日に新品の状態で使用できるものであればなんでも大丈夫です。

    ストッキングや手袋やベールや靴などが用意しやすく人気があります。

    (3)サムシングボロウの例

    サムシングボロウは、友人や親戚からその人たちが結婚式で使用したものを貸してもらえるか聞いてみましょう。

    ヨーロッパではベールやティアラを借りることが多いそうです。

    その他には手袋やハンカチなどが借りやすいので、貸してもらえるか聞いてみましょう。

    (4)サムシングブルーの例

    ①インナー

    ヨーロッパではガーターベルトに青いリボンを結ぶのが一般的です。

    ガーターベルトをつけないという方はインナーに青いリボンを結べばOKです。

    ②結婚指輪に青い石

    指輪の内側にブルーサファイアがあしらわれた結婚指輪を用意すれば、サムシングブルーとして使うことができます。

    ③靴

    靴のインソールがブルーになったものや、靴底がブルーのものを使うのもおしゃれですてきです。

    ④ネイル

    花嫁さんはブライダルネイルをする人が多いかと思います。

    ホワイトや淡いピンクなどのブライダルネイルに、目立たない程度のブルーのラインストーンなどを1つ飾ればネイルもサムシングブルーとして使えます。

    まとめ

    サムシングフォーは1つ1つに絆や家族の想いなどが詰まっていて、用意している時に家族のありがたみや友人の大切さなどを思い出させてくれるすてきなおまじないです。

    用意するのに難しいものはないので、結婚式をするならサムシングフォーをぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

    「HOW TO MARRY」編集部
    「HOW TO MARRY」編集部です。ブライダル事業に10年以上携わってきた編集チームが集結し記事執筆+編集しています。業界のノウハウのみならず、すでに結婚という大きなイベントを終えた編集チームの体験を活かし、皆様に最高に幸せな結婚をして頂くべく信憑性のある情報提供を目指しHOW TO MARRYというメディアを運営しています。サイト運営者情報はこちら。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ