男女共通! 国内旅行で必要な持ち物まとめ

旅行は荷物が多すぎても大変ですし、必要なものを忘れてしまうと旅先で困ってしまいますよね。

自分でチェックリストを作っても、うっかりチェックリストに必要なものを入れていなければ気づかずそのまま旅行に出掛けてしまうかもしれません。

今回は国内旅行の際に必要な持ち物や、あると便利なものをご紹介します。

1、お金

(1)現金

お金はどのくらい必要かを確認し、少し余分に用意しましょう。

ちょっとした買い物用に小銭を分けて、すぐに出せるようにしておくと便利ですよ。

(2)クレジットカード

クレジットカードがあれば現金を多く持ち歩かなくても支払いができますし、現金が足りなくなってしまっても安心です。

(3)キャッシュカード

現金が足りなくなってしまった時のために用意しておくといいでしょう。

2、証明書

(1)運転免許証

レンタカーを借りるのであれば必要になります。

また、身分証が必要になるかもしれませんので持っていきましょう。

(2)健康保険証

旅行中に怪我をしてしまったり、体調を崩してしまうかもしれません。

なにかあった時、病院にかかることができるように用意しておきましょう。

(3)学生証

学生の方は学生証を持っていれば、学生割引がある場所で役立ちます。

3、乗り物

(1)乗り物のチケット

事前に乗り物のチケットを取っている場合は忘れずに用意しましょう。

(2)マイレージカード

マイレージを貯めている方は用意しましょう。

(3)ETCカード

車を利用するならあると便利です。

4、電子機器

(1)携帯電話

カメラ・地図・時計など様々な機能が役に立ちます。

(2)携帯電話用充電器

泊まりの旅行であれば忘れず持っていきましょう。

(3)カメラ

携帯電話のカメラよりキレイに撮影できるカメラがあるなら、持っていくと楽しめます。

(4)デジカメ用の予備電池や充電器

念のためにあると安心です。

(5)デジカメの予備メモリ

たくさん写真を撮るなら用意しておくと安心です。

5、日用品・洗面用具

(1)眼鏡・コンタクト用品

眼鏡やコンタクトを使用している場合は必ず用意しましょう。

特に使い捨てのコンタクトは予備を用意し、ケースと洗浄液を忘れずに持っていきましょう。

(2)タオル類

タオルは大抵のホテルに備え付けられていますが、備え付けられているもので足りないのであれば用意しましょう。

(3)シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

大抵のホテルに備え付けられていますが、コンディショナーはホテルによってはなく【リンスインシャンプー】が備え付けられているところもまれにありますので、心配であれば小さめのボトルに入れて用意しておくといいでしょう。

(4)カミソリ

アメニティの中にT字カミソリがありますが、肌が剃り負けしてしまいそうであれば普段使用しているものを用意しましょう。

(5)整髪料・ブラシ類

ワックスなどの整髪料を使用している方は忘れずに用意しましょう。

アメニティのブラシではうまく髪が整えられない方は、普段使用しているコームやブラシを持っていきましょう。

(6)洗顔料・化粧水等

洗顔料や化粧水などはアメニティにないホテルもあるので用意しておくと安心です。

(7)薬

普段飲んでいる薬がある方は忘れずに用意しましょう。

酔い止めや胃薬などはいざという時役立ちますので、あると便利です。

6、衣類

(1)下着・靴下

パンツ、ブラジャー、肌着、靴下など宿泊数に応じて用意しましょう。

(2)洋服

宿泊数に応じて用意しましょう。

旅行先の気温をチェックして、必要であれば上着も入れましょう。

寒がりの方は、夏でも冷房対策に軽く羽織ることができるカーディガンなどがあると安心です。

(3)パジャマ

宿泊するホテルに浴衣がない場合は用意しましょう。

また浴衣が苦手な人もパジャマを持っていくといいでしょう。

7、その他あると便利なもの

(1)小さなバッグ・小銭入れ

ウエストポーチや小さめのショルダーバッグに小銭入れを入れておけば、旅行先で観光中身軽に動くことができます。

(2)日焼け止め・虫よけ

日焼けを気にする方は日焼け止めを用意しましょう。

緑が多い場所に行くのであれば、虫よけがあると安心です。

(3)雨具

折り畳み傘やレインコートなど、小さく折りたためるものを用意しておくと安心です。

(4)アイマスク・耳栓

移動中に仮眠をとりたい場合には用意してくと便利です。

(5)サングラス・帽子

日差しが強い時にサングラスや帽子があると、とても助かります。

(6)オーディオプレーヤー・ゲーム機・本

移動中の暇つぶしなどで、あると便利です。

(7)マスク

花粉やウイルス対策として用意しておくといいでしょう。

(8)防寒具

寒い地域に行くのであれば、マフラーや手袋などの防寒具もあると安心です。

(9)延長コード

ホテルのコンセントの位置が使いづらい時に重宝します。

(10)筆記用具

手帳やメモ帳、ペンなどがあると地図に書き込みをしたりできるので便利です。

美術館などに行く場合はペンの持ち込みが禁止されていることもあるので、ペンではなく鉛筆を持っていれば安心です。

(11)地図・ガイドブック

あらかじめ行く場所にしるしをつけておくなど、当日使いやすいようにしておくと重宝します。

(12)予備の簡易バッグ

行よりも帰りの方がお土産などで荷物が増えていることが多いので、簡易バッグを持っていけば安心です。

(13)ビニール袋

使用済みの服や下着などを入れるために、数枚あると便利です。

(14)腕時計

携帯電話を時計代わりにしている場合、充電が切れてしまった時に時間が確認できなくなるので、腕時計もあると安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外と忘れてしまうものが結構ありますよね。

旅行当日の朝まで使用するものなどもあると思いますので、あとは家を出るだけという段階で最後にもう一度チェックしておくと安心ですよ。

国内旅行に行く際は是非このまとめを参考にして、チェックリスト代わりに使ってみてください。

忘れ物のない快適な旅行になりますように。

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ