バツイチ女性が婚活を成功させて幸せな再婚をするための7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

shutterstock_521175796-2こんにちは。HOW TO MARRY編集部です。

なんと、今は3組に1組の夫婦が離婚する時代。
そして婚姻届を出すカップルのうち4組の1組は再婚カップルに!
この記事を読んでいらっしゃるバツイチさんの中には
次こそは、教訓を生かして幸せな結婚をしたい!を考えている方も多いのではないでしょうか?

バツイチ女性が幸せな再婚を手に入れるため7つのポイントをご紹介します。

1.未練を断ち切り、マインドコントロールをかけよう

離婚の傷が癒えているか、癒えていないかは、意外と自分では分からなかったりするものです。傷が癒えていないというのは、簡単にいうと「未練がある人」。そうなると再婚を目指しても、なかなか上手くいきません。なぜならば、新たに出会う男性と、元の夫を比べてしまうのです。これは離婚の傷が癒えていないという証拠なのです。再婚は確かに条件も考えた方がいいですが、まずは相手の人間性をしっかり見ることができるかどうか?これも大切なことなのです。なんの比較もなく、純粋に相手をよく見ることができるようになっていたら、離婚の傷はきちんと癒えています。

過去の、元夫と比較するのは「未練がある証拠」。未来に「未練」を持っていてはいけません。あっても「ナイッ!」と自分に言い聞かせましょう。過去を反省はしても、未練タラタラでいるのはタチが悪いものです。前の結婚にとらわれていると、次の幸せはやってこないし、新しい人生をつかまえることはできません。自分自身に「幸せになる」とマインドコントロールをかけること。それが次の幸せをつかむことになります。

2.まずはウキウキしよう

この記事を読んでくださっているあなたは、「今度こそ幸せになりたい!」と希望を胸に持つ明るい前向きな方なのだと思います。でも、「また失敗したら・・・」「子どもの事が心配・・・」など再婚や再婚へのプロセスについて不安もいっぱいあることでしょう。そんな時は、なぜ「再婚したいのか?」自分で書き出してみましょう。人それぞれ理由は違うかと思いますが、理由が書けた!というのは、自分の心に素直な方。再婚において“素直な気持ち”がとても大切なのです。

再婚は新しい人生の第一歩です。「パートナーが見つからないかもしれない」という不安は捨てましょう。その代わりに、「次の人生のパートナーは、一体どんな人なのだろう?」とウキウキした明るい気持ちになればいいのです。楽しくて、明るい気持ちでいると自然と笑顔が多くなります。

表情が美しく輝けば、自然に人を惹きつけるようになります。眉間にしわを寄せて、不幸がにじみ出たような顔をしていては、幸せはやってきませんよ。まずは、思考を変えて内側から輝くような明るい気持ちを持ってみましょう。

3.アクションを起こそう!

婚活しているのに「出会いがない」という言葉をよく聞きます。初婚の方でも出会いがないという時代です。だとしたら、バツイチ女性で子育てをしていたり、仕事をしていれば、出会い時間は確実に少ないでしょう。30歳も過ぎれば、職場の人も既婚者が増え出会いの数は確実に減ってきます。その上、出会いがないからと、女子会や家に引きこもってばかりいては、新しいパートナーを見つけることは絶望的と言ってもいいかもしれません。

再婚を目指すなら自ら行動して出会いの数を増やしていきましょう。

・バツイチ専門の婚活パーティに参加する

・再婚専門結婚相談所へ入会する

・趣味を増やす

・婚活している事を周囲にアピールし独身者を紹介してもらう

など、自分に合った方法で出会いの場を増やしていくこと。これが大切です。

今現在、「出会いがない」いう方。この先2年、3年先も急激に出会いが増える事は難しいでしょう。今からでも出会いの数だけでも増やしていきましょう!お子さんがいらっしゃる方で、子供を預けられない方などは、同じシングルマザーのお友達を見つけてお互いに助け合いながら婚活をされるなど、協力を得られる環境作りから始めてみましょう。

4.見た目勝負!第一印象を良くしよう

「はじめまして!」と、初対面の時、あなたは男性のことをどこで判断しますか?見た目だけではどんな人か分からないのが当然ですし、人間、大切なのはもちろん中身です。でも残念ながら、男性も女性も最初に会った時に好印象かどうか、ジャッジするのは「見た目」なのです。

離婚した後というのは、「エネルギーキ切れ」の状態かもしれません。その場合、まずはエネルギーを充電しましょう。そしてその次のステップとして、“一番キレイな自分”になりましょう。できる範囲でも大丈夫です。男も女も異性に対して、見た目から入る以上、キレイでいることは大切です。キレイであればあるほどトクだし、異性を選ぶ範囲も広がります。そして、何よりも自分がキレイでいることで、自分自身の気持ちが明るくなり自信がつきます。カラダの中からもキレイになって、健康なカラダ作りも始めてみましょう。自分自身をいたわり、キレイになると自然と態度にもそれが表れて自信につながり、明るくポジティブになりますよ。

5.女は、“愛嬌” “明るさ” そして…“前向きさ”

離婚後の生活では、大変な思いをされている方が多いことでしょう。経済面、精神面、シングルでの子育てなど、苦労は絶えない毎日かもしれません。でも、出会いの場に行ったら、そんな日々の愚痴を持ち込んではいけません。「もう毎日大変で・・・」と疲れ切った表情でネガティブな発言をしたら、誰しも拒否反応を示すでしょう。

男性は特にネガティブに対してそう反応します。隣の芝生は青く見えても、この不況の時代、順風満帆という人は少な9、誰もが癒しを求めて生きています。つまり「同情作戦」を持ってきても、逆効果になってしまいます。

「シングルって大変でしょう?」と相手が労ってくれたら、

「そうですね。大変は大変ですけど、頑張ってます!」

と元気いっぱいに明るく前向きな言葉で返しましょう。そうすると、「苦労しているだろうに、愚痴もこぼさないで辛抱強い人だな」と相手は、思います。女の武器は、“愛嬌”“明るさ”“前向きさ”です。出会いの場に行った時だけではなく、日常生活から愚痴はやめて、ポジティブになってみませんか?出会いの場で、あなたが輝くこと間違えありません。

6.自分の魅力を知ろう

バツイチの方は、ついつい「自分なんて…」と卑下しがち。でもあなたは一度結婚という大きなプールに飛び込みました。想像してみてください。結婚生活で水の冷たさや疲れを、肌で、そしてカラダで知りました。その後の離婚で、水の中から上がった時の暖かさ、快適さも知りました。これらの出来事は「経験」という貴重な財産となっているのです。

離婚という経験を経て人の痛みがわかり、考え方が大人になり、人間としての幅も広がり、寛容さも身についているのです。水の中では、沈むところまで沈んで苦しみもがき、自分のことも分かっています。ですから、ずっとお湯に浸かっている人とは違っていて当然なのです。次の相手がいて離婚したわけではない人は、「一人になろう」という覚悟と決断をした強さを持っています。その潔さ、独りぼっちの孤独を乗り越えた強さは、 人としての“厚み”が自然ににじみでてきてます。自分では分からないかもしれませんが、セカンドシングルにはそんな魅力があるのです。あなたの魅力はどんなところにあるでしょう?一度書き出してみると良いかもしれませんね。

7.恥ずかしい、を捨てよう

再婚に向けて、出会いのパーティなどに足を運ぶのは、最初は慣れないものです。パーティ会場にいるということは、相手を探しにきたというのは、みんな同じ目的で集まっているのですから、必要以上に恥ずかしがっていてはもったいない!実際に婚活パーティをみていると、ほとんどの人がその場限りの間柄で終わります。

パーティで「いいな」と思う人がいたら、どんどんアピールをしないと!恥ずかしがって躊躇していたら、単に時間とお金の無駄です。「いいな」という方には、傍にいって話をして、どんな人か、自分と合う人なのかをよく確かめましょう。出会いを求めているのに、出会いの場で恥ずかしがっているようでは、再婚なんて、できません。恥ずかしい気持ちは横に置いて、自分の幸せのために行動しましょう。

世の中には様々な婚活パーティが開催されているので、自分に合ったパーティを選んで、恥ずかしい気持ちをどんどん捨てていきましょう。ちなみにそれぞれのパーティのルールや特徴をつかんで、全体の流れが分かっていないとマッチングが難しかったりしますので、事前に問い合わせてみましょう。

ちなみに…初婚の方が集まるような婚活パーティに参加される場合は、自分がイヤな思いをしないように「再婚者なんですけど大丈夫ですか?」と先に確認するようにしましょう。

<まとめ>

「バツイチ女性の婚活がうまくいく7つのポイント」は、いかがでしたでしょうか。
バツイチでも再婚し幸せをつかんだ女性はたくさんいらっしゃいます。

カラットパーティのように、バツイチ限定または、バツイチ理解者など、“離婚経験者”という共通点で集まっている年齢差を超えた楽しい出会いのパーティもありますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。
あなたも7つのポイントを実践して、ぜひ幸せな再婚をつかんでくださいね!

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ