ブライダルフェアで最低限聞いておくべき9つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の会場探しの時にブライダルフェアに行くと、そこの会場の雰囲気や特徴、何を売りにしているかなどがわかると思います。

しかしブライダルフェアに何も準備せずに行ってしまうと説明会で何を質問すればいいのかよくわからないままに見積もりを渡されて終わりなんてことになったり、後日式場を決めた際に「こんなに金額がかかると思わなかった!」「あれもこれもできないの?」なんてことになってしまいます。

今回はブライダルフェアに行った際に最低限確認しておきたいことをご説明いたします。

1.ブライダルフェアに行く前の準備

出典:http://www.hotelaomori.co.jp/wedding/fair/xmas.html

(1)式場の候補選び

まず式場の候補を上げる際にゲストが大勢来るのであればゲストがアクセスしやすい場所はとても喜ばれます。

また駅などを絞って探すことで無数にある式場を絞ることができます。

(2)式でやりたいことを決めておく

式でやりたいことをざっとまとめておきましょう。

これを決めておかないとせっかくの説明会がただ話しを聞くだけで終わってしまうので絶対にやると決めていない段階のものも候補としてあげておきましょう。

2.ブライダルフェア当日の注意点

出典:www.nikkowedding.jp

(1)ブライダルフェアの演出

ブライダルフェアでは模擬挙式を行っていたりします。教会式を実際に見てもらったりしてイメージを膨らませるものなのですが

模擬挙式を見ると楽器の生演奏や聖歌隊の生歌、スモークが焚かれて新婦入場…なんて夢膨らむ演出のオンパレード。

「ステキ!私もこんな式にしたいからここにしたい!」と思ってしまいますが、実はこれは全てオプションで別料金だったりするんですね。

なので模擬挙式をそのまま再現したような式をしたりすると挙式だけでとっても高額になってしまったりするんです。

美しい模擬挙式に見とれてしまいたいところですが、ここはこういうオプションがあるんだなと冷静にチェックしてみてください。

(2)相談会の見積もりに関して

ブライダルフェアでは料金について等、細かいことを質問できる相談会があります。

その際に人数や日にちなどを伝えて見積もりを出してもらいます。

しかしそこに書いてある金額は最低限の金額であるということを覚えておいてください。

一度見積もりをもらっても、さらにやりたいことなどを追加したり料理のコースや乾杯のシャンパン、ドリンクなどが見られる場合はそれも選んで見積もりを出してもらいましょう。

その時やりたいことに関してはやろうか迷っているものも見積もりに入れてもらいましょう。

3.相談会で最低限確認しておくといいこと

出典:enticeft.com

(1)希望日の空き状況

自分たちの希望日の空き状況を確認します。

第3候補くらいまで出しておくといいかもしれません。

「空いてるけれどお問い合わせを何件かいただいております」と言われる場合がありますがこれは「予約しなきゃ!」と焦らせるために言う場合もあるので焦ってはダメです。

もしもその式場がかなり気に入ってるという場合は仮押さえしておけば無料で日程を押さえておいてゆっくり検討できますので仮押さえしてもらいましょう。

(2)挙式会場と披露宴会場の許容人数

挙式会場と披露宴会場、それぞれ何人まで招待できるのかを知っておきましょう。

招待人数が多い場合、その時点で候補から外さなくてはならない場合もあります。

(3)ゲストの更衣室やクローク、喫煙所の確認

ゲストが式場で着替えができるかどうか、クロークがあるのかどうかとゲストの喫煙場所はしっかりと確認しておきましょう。

(4)着物レンタル・着付け・ヘアメイクの確認

式の当日に母親が着物を着たいけど持っていない、あるいは持っているけれど着付けができないなんてこともありますよね。

着物やモーニングがレンタル可能か、当日に親族の着付けやヘアメイクは頼めるのかを確認しておきましょう。

これだけ確認しておけば親に後々あれこれ聞かれてあたふたすることもありません。

(5)ドレス、タキシードの持ち込みについて

ドレスはこんなのが着たいと想像しているものがある方もいると思いますが、実はドレスの持ち込みが禁止だったり、持ち込み料がかかったりするところが多いんです。

筆者の場合購入したドレスの持ち込みは無料でレンタルのものは持ち込み1着10万円と言われ、ならそこの会場で借りれば高くならないかなと一度その会場からレンタルできるドレスを試着しに行きました。

しかし全く理想と合わないドレスしかない上にレンタル料もお高い…ということで必死にドレスを探し理想のドレスを見つけてカラードレスも合わせてそれを購入しました。

結果会場でレンタルするよりも安く自分が憧れていたドレスを着ることができました。

そういったことが打ち合わせが決まってから発覚すると非常にバタつきます。

持ち込みが禁止であれば可能ならパンフレットを見せてもらうといいでしょう。

(6)カメラマンの外注

カメラマンに関しても外注禁止であったり、外注するのであれば料金がかかる場合があります。

式場で頼んだ場合の大体の金額と外注した場合に料金が発生するかどうか聞いておきましょう。

(7)引き出物やプチギフトについて

引き出物やプチギフトも外注が禁止のところや外注の場合に料金が発生するところがあります。

外注禁止であれば可能ならパンフレットをもらい、外注した場合に料金が発生するのであれば金額を聞いておきましょう。

(8)ウェディングケーキについて

ウェディングケーキはここのケーキにしたい!と思っている方もいらっしゃるかもしれませんがケーキも外注できるかしっかりと確認しておきましょう。

(9)支払い方法

支払い方法は式場によって異なります。

  • 前払いで後日追加料金が発生したら追加分を支払う場合
  • 前払いで追加料金は発生しない(当日に料金が発生してしまう変更はしない)場合
  • 後払いの場合
  • 当日払いの場合

そして支払い方法も現金のみであったりカード払い可能であったりと違いがあります。

前払いの場合はいつまでに払うのかを確認しておきましょう。

ブライダルフェアで聞いておくべきことまとめ

ブライダルフェアは式場を見学できて質問ができる貴重な1日です。

せっかく予定を空けて行ったのによくわからなかったなんてことのないようにやりたいことや聞きたいことや疑問などを書き出して持参すると聞き漏れもなく安心です。

会場を決めてないのにこんなに質問していいのかな?なんて思わずになんでも聞きましょう。

一生に一度の結婚式が素敵な日になりますよう、この記事がお役に立てれば幸いです。

経験を生かして皆様に役立つ情報を発信できるように頑張ります。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ