人気ウェディングプランナーのブログ8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Fotolia_68858522_S結婚式をしたい方やウェディングプランナーに憧れる方が気になることの一つに「ウェディングプランナーの日常・人柄」があるのではないでしょうか。

そんな時に参考になるのがウェディングプランナーのブログです。

ウェディングプランナーと一口で言っても、大手のブライダルプロデュース会社に所属するウェディングプランナーから「人とは違うオリジナリティある結婚式にしたい、結婚式費用は抑えたい」を叶えてくれるフリーウェディングプランナーまで、様々なプランナーがいらっしゃいます。

今回は様々なタイプのウェディングプランナーさんのブログを8つご紹介します。

1、お姉さんのように明るく親しみ易い家倉呉実さん

家倉呉実さんはReal Wedddings代表。海外挙式を1000組取材したウエディング雑誌「BRIDES」元編集長で、家倉さんご自身も2014年に結婚したばかり。現在は多くのセレブの結婚式をコーディネートしています。

『海外ウエディングアイデアBOOK』(双葉社刊)の創刊に参加後、海外挙式の情報サイト『BRIDES-world』を開発。『Beach Resort Wedding』(エイ出版社)日本初男性向け結婚雑誌「Stag&Groom」(カンジ社)創刊など、さまざまな媒体にて、結婚、パーティ、ハワイ、リゾート、をテーマに、取材・執筆・編集統括で活躍。

40回以上のハワイ渡航をはじめ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ本土……世界中の結婚式を1000組以上レポートした経験を生かし、ライフスタイル提案サイトAll About海外ウエディング・ハネムーンガイドも担当しています。
kumi

URL:http://ameblo.jp/realweddings/

2、人生経験豊富な葉山泰子さん

葉山泰子さんは、大学卒業後、ブライダルプロデューサーとして結婚式のプロデュースとブライダルファッションショーのプロデューサーとして6年間日本で経験を積んだ後にアメリカへ渡米。

アメリカでは語学学校へ通いつつ、欧米風のブライダルの経験を積みました。その間に結婚、出産、離婚。 帰国後、日本企業で2年さまざまな業界で経験を積もうと決意し、不動産デベロッパー、人材会社、広告代理店で経験を積み、2009年2月3日「An-Style]を設立。女性向けの事業企画。商品企画、プロモーション企画、イベント企画の企画・プロデュースを行う。

その主軸事業は、ブライダル・企画プロデュース事業を展開しています。

hayama

URL:http://ameblo.jp/chikyou-group/

3、高身長美人プランナーの遠藤佳奈子さん

立命館大学卒業、㈱ベストブライダル入社を機に上京。250組に上るアシスタントを経て、ウェディングプランナーとしてのキャリアをスタート。 2005年5月には東京・青山のランドマークともなったセントグレース大聖堂の開業準備チームに入り、ウェディングサロンの立ち上げの他、大聖堂建築企画、婚礼オペレーション構築、業者選定、新人採用、PRなどをつとめ、2006年5月3日のオープニングウェディングを担当。オープン後はプランナーリーダーを務め、各界セレブリティのウェディングも手掛けてきました。

一時はウェディング業界を離れ、ブルガリジャパン イル・バール、イル・リストランテにてリッツカールトン手掛けるサービスに従事、その後大手外資系企業で役員秘書に従事するなど、幅広いバックグラウンドを持ちます。様々なシーンで培った経験から、より理想に近いウェディングを実現したいと、2010年フリーランスへ転身、Wedding LABを発足。ゲストへのおもてなしと、上質・トラディショナル・フォーマルの中に表現する個性を大切に、人気式場のトッププランナーのノウハウと様々な経験や人脈を持つ独自のセンスを生かしながら、洗練された東京スタイルウェディングを提案しています。

現在はミシュランスターレストラン、ピエール・ガニエールのウェディングディレクション、またELLE a table 2014 ベストレストランに選ばれた トゥールームス をはじめ ルビージャックス 、 R2 という人気店を手掛けるECNホールディングスのウェディングを担当。その他アンダーズ東京などラグジュアリーホテルのスペシャルプランナーとしてタイアップし活動中。現在まで手掛けたウェディングは500組を超えます。

wlab

URL:http://www.wedding-lab.com/blog.html

4、洗練されたウェディングスタイルの菅田貴子さん(イデアフェーヴ)

大学在学中に、神戸の北野にあるウェディングレストランでアシスタントとしてウェディングプランナーのアルバイトを始める。その後、神戸・芦屋・東京のレストランやゲストハウス、ホテル等各種スタイルの婚礼会場で10年間経験を積み、今までに数々のウェディングを手がけ、2011年フリーランスに転向した菅田貴子さん。

日本ではまだ希少の欧米型フリーランスウェディングプランナーとして「IDEA FÊVES」を立ち上げる。 IDEA FÊVES(イデア フェーヴ)は、日本ではまだまだ希少の欧米型ウェディングコンサルタント(フリーランスウェディングプランナー)のスタイルをとっています。

欧米では結婚が決まった新郎新婦はまず「ウェディングプランナー」を探します。そして、そのプランナーにふたりがどのような結婚式にしたいのか? どのようなイメージで、どんな会場にしたいのかを伝え、相談し、一緒にパーティ会場を探すところからスタートします。

idea

URL:http://ideafeves.com/

5、ストーリー性のある結婚式を提案する荒井さやかさん

北海道(札幌)を中心に、全国でプロデュースするフリーランスウエディングプランナー・結婚式の脚本家・翻訳家荒井さやかさん。

ウェディングプランナーとして、その経歴は異色。「普通+αの結婚式」をプロデュースするために、カウンセリングとコンセプトの設定をしています。 コンセプトというのは、つまり結婚式のテーマのこと。ここがしっかりしていないと、まとまりがない印象になりますし、+αもできません。 コンセプトが決まると、業界用語でいう「進行表」を作成します。これは、新郎新婦の入場から退場までの一連の流れを記した、結婚式のシナリオです。

会場プランナーとしての経験を活かしながらも会場に縛られず、アイデアを出したりアイテムを選んだり、フリーランスならではのプランニング力を発揮しています。

coco

URL:http://ccsw.jp/index.html

6、和婚専門プランナーの西川徳子さん

短大卒業後、アメリカのボストンに語学留学。2003年、LSTウエディングに入社。当時、日本で初めて和婚を専門にするプランナーとして京都の神社や料亭での結婚式を手掛け始めました。

和婚プランニングを中心に、同志社ウエディングや記念日のプランニングなど、約800組のお客様を担当。 花嫁衣装やかつらといった装束を通して、日本の伝統、職人の技や想いなどへも造詣を深める。現在、これまでに学んだ知識と、数々の経験を生かし、LSTウエディングのブランドマネージャーとして和婚に加えて、日本の伝統文化が息づく古都・京都の素晴らしさを世界に発信しています。

kyoto

URL:http://www.lst-nishikawa.com/

7、ウェディング業界が注目するクレイジーウェディング代表、山川咲さん

1983年東京生まれ。crazy wedding代表、ブランドマネジャーである山川咲さんのブログ。

大学卒業後、ベンチャーのコンサルティング会社へ入社。退職後一人オーストラリアへ。帰国後、「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業。業界で不可能と言われ続けた、人生を表現するオリジナルウェディングブランドであるcrazy weddingを立ち上げ、代表を務めます。crazy weddinngは業界の革命児として、業界内外の人たちと妥協のないウェディングをプロデュースし、起業わずか1年足らずで人気ブランドとなっています。

スクリーンショット 2015-01-13 17.14.28

URL:http://yamakawasaki.com/blog/

8. 大手プランニング会社、テイクアンドギブニーズ有賀明美さん

1977年生まれ。フェリス女学院大学卒業後、テイクアンドギヴ・ニーズに入社。芸能人やスポーツ選手の結婚式をプロデュースする、ウェディングプランナーのカリスマ的存在。

有賀明美さんをはじめとするプロフェッショナル集団が、新しいウェディングプロデュースサービス “Haute couture Design” (オートクチュールデザイン)をスタートしています。『ウェディングストーリー 大切な人に会いたくなる結婚式の物語』を出版。

ariga

URL:http://ameblo.jp/a-ariga/

まとめ

今回は様々なウェディングプランナーのブログをご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?結婚式をしたい方やウェディングプランナーに憧れる方のご参考になれば幸いです。

「HOW TO MARRY」編集部です。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ