自由な結婚式が叶う!Choole(チュールウエディング)を使ってみた

Instagramを始めとするSNS全盛期の今、卒花嫁や感度の高いプレ花嫁から情報をキャッチして自らの結婚式に取り込みたいと考える方がほとんどです。

そんなインスタ世代から支持を受けているのが、自由なウエディングをサポートしてくれる結婚式準備サイトChoole(チュールウエディング)

Choole(チュールウエディング)には、Instagramやピンタレストを見ていて「いいな、マネしたい」と思ったら、画像をスクショして送るだけで、イメージにあった式場やドレスなどのアイテムを提案してくれるサービスがあり、人気を集めています。

そこで、ここでは賢い花嫁に選ばれているChoole(チュールウエディング)で何ができるのか、アイテムはどんなものがあるのか、「こんなドレスを着たい」「こんな装飾が好み」といったざっくりとした要望の写真を送ってどこまでの提案を貰えるのか、実際にChoole(チュールウエディング)を使ってみました!

使ってみてわかったメリットやアイテムを選ぶ上での注意点も書いていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1、花嫁が抱える悩みを解決するChoole(チュールウエディング)とは?

結婚式会場を決めてからドレスや装飾を選ぼうとすると、会場提携のもの以外は禁止だったり持ち込み料がかかったりすることがほとんどで、自分の理想を諦めてしまう方が多いのが現状です。

ある調査では半数以上の花嫁が式場提携外のショップで気になるドレスがあったと回答しています。

ウエディングサイトやSNSでは様々なドレスが見つかりますが、会場と契約すると実際に着られるのはその1%も無いと言えます。

また、好みのドレスやアイテムを持ち込む場合は、数十万円の持ち込み料が発生してしまうというケースも。会場を申し込む時はそこまでこだわらないと思っていても、実際に準備が始まるとこだわってしまうのが結婚式なのです。

さらに、ブライダルフェアなどで最初に提示される見積りは、最低限の項目しか載っていない事がほとんど。

実際にやりたいことをオーダーしたら「見積もり額から100万円以上あがってしまった。」「結婚式を挙げることを負担に感じるようになってしまった。」などという話も少なくありません。

そんなお悩みを先回りして解決すべく誕生したのが、業界初の新しい結婚式準備サービスChoole(チュールウエディング)です。

2、Choole(チュールウエディング)なら、有名式場でも持ち込み料や余計な手数料が一切かからない!

インターネットやSNSを通して様々な情報が入手できる今、結婚式のスタイルは多様化しています。

ところが、「このドレス可愛い」「こんな装飾が憧れ」といった好みのスタイルを実現しようとすると会場で持ち込み料がかかり、残念ながらどんどん費用は膨らんでいきます。

そんなお悩みを見事に解決してくれるChoole(チュールウエディング)は、結婚式場紹介カウンターの「gensenwedding」を運営する株式会社リクシィから2018年6月にリリースされました。

→gensenwedding(ゲンセンウエディング)について知りたい方はこちらの記事をチェック

株式会社リクシィは式場紹介カウンターも運営していることから、独自のノウハウを持ち式場との強いネットワークを構築しています。

そのため、通常は持ち込みの制限があったり、持ち込み料が生じる式場であっても、Choole(チュールウエディング)を通して予約をすることで、ドレス・ヘアメイク・フラワー・カメラマンといったアイテムやクリエイターを自由に選べるようになり、その持ち込み料を無料にする事も可能にしています。

しかも、誰もが知る「ホテル椿山荘東京」や「帝国ホテル大阪」などもそのラインナップに加わっているというのだから驚きです。

最初はドレスや装飾などにこだわりがなくても、いざ打ち合わせが始まると「もっと!もっと」とイメージが出てくるもの。

そんな時もChoole(チュールウエディング)で式場を選んでおけば、持ち込みなどの制限がないので自分の好きなものを一切諦めることなく、自由に自分たちの希望通りの結婚式を作り上げることができます。

式場がすでに決まっている場合は、ドレスやアイテムを単品で利用するのももちろんOK!

スクショを送って提案ももらえるので自分好みのアイテムが見つかること間違いなしです。

2、好きなイメージをスクショでオーダー!Choole(チュールウエディング)の便利な機能

チュールの機能で便利なのが「Choole スクショリコメンド」!!

ユーザーが結婚式のイメージをスクリーンショット撮影して LINE などで送信するだけで、チュールウエディングのスタッフが、式場や婚礼付随サービスを選んで提案してくれるサービスがこの「Choole スクショリコメンド」。

チュールウエディングのスタッフには、知識経験豊富な結婚式場の元プランナーが多数在籍しているので安心して任せられます。

(1)実際にスクショしてアイテムを提案してもらってみた結果

使い方は簡単です。
気に入った画像をLINEで送るだけでOK!

今回は自分好みのイメージにあった式場を探すべく
Instagramで#ガーデンウェディング #アンティークウェディングと検索して見つけた写真をスクショして保存しました。

 

 

 

上記の画像をLINEに送るとともに、下記の点をお伝えして式場提案をしてもらいました。

・エリア:東京
・人数:50〜60人
・イメージ:スクショ画像3点

メールを送って数分後…
早速チュールのスタッフからイメージに合った式場の提案がありました!

実際に来た提案がこちらです!

早速素敵な写真とともに2つの会場情報URLが送られてきました。

さすが元ウェディングプランナーがアドバイスをくれるChoole(チュールウエディング)。こちらのニーズを瞬時に掴んで提案をしてくれました。

気になった式場については、見学会や試食会の手配もしてくださるとのことです。これから結婚式準備を始める!という方は、Choole(チュールウエディング)で式場を選べば、準備も本番も、自由でストレスフリーになりそうですよ♪

3、会場選び

結婚式が決まっている方にとっては、まずは式場を希望の日程で抑えたいですよね!
式場選びをChoole(チュールウエディング)で始めれば、後々起こりうる不自由も回避することができます。

繰り返しになりますが、Choole(チュールウエディング)が提携する会場であれば確実に持ち込み料はなし!

無駄な費用をかけることなく、好きなアイテムを自由に利用できます。

式場タブを選択するとずらりと公開されていました。地域を選択してソートすることもできます。

誰もが知る「ホテル椿山荘東京」や「帝国ホテル大阪」などもそのラインナップに加わっていましたよ!

提携会場エリアは全国、数は約100会場でした。
Chooleに問い合わせたところ、今後はさらに掲載会場が増えていくということです。

4、Choole(チュールウエディング)でドレス選び

結婚式を挙げるとなると最初に思い浮かぶ準備がドレス探しという花嫁さんは多いのではないでしょうか?Choole(チュールウエディング)では、結婚式に必要なアイテムごとに写真と値段を見ながら好きなアイテムを探すことができます。

今回はドレス探しなのでドレスのタブをクリック。

気に入ったドレスをクリックすると写真と値段、取り扱っているショップなど詳細情報が表示されます。

この画面からスタッフに質問したりドレスの試着予約をすることが可能です。

ドレスの値段がASKとなっているものは、LINEで問い合わせると教えてもらえました。
なんとChoole限定の割引が適用されるそうです!

和装や男性のタキシードなどもご紹介がありました。

ドレスのブランド名やイメージ(エレガント・ナチュラルなど)からも探すことができるのでとても使いやすく便利。

選べるドレスの数は600点以上でした。(2019年6月現在)

5、ブーケをはじめ会場装花選び

ブーケやメインテーブル装花など、お花飾りに関しては「Flower」の項目から探しましょう!
お花にまつわるアイテムはブーケ、ブートニア、メインテーブル装花、ゲストテーブル装花、ヘアアクセといったところ。

フラワーアイテムもドレス同様、イメージやSHOPから探すことができます。

全部を別々の業者に頼むと統一感が無くなりやすいのでフラワーショップごとにどんなテイストが得意なのか、各セクションごとにどんなアレンジメントになっているのかを確認すると良いでしょう。

選べるフラワーショップの数は15店舗でした。(2019年6月現在)

6、ヘアメイク選び

ヘアメイク選びに関しては下記の点に注意したいところ。

ヘアメイクを選ぶ際の注意点

  • ヘアメイクさんは式の最中もずっといてくれるか
  • 挙式のアテンドもしてくれるか
  • ヘアメイクリハーサル、ヘアチェンジ1回分なども含まれた料金か

結婚式当日。ウェディングドレス姿の新婦をお世話してくれるのは、「アテンドさん、介添えさん」と呼ばれる会場スタッフです。

披露宴中、新郎新婦に寄り添い、その都度的確な指示をスタッフに出して、披露宴のスムーズな進行とお二人がエンジョイできるよう全力でサポートしてくれます。

ただお化粧直しはできませんので、やはりヘアメイクさんの存在は欠かせません。

結婚式が始まってしまうと本人は鏡を見る暇がないので髪やメイクの乱れに気づけません。後から写真を見てがっかりしてしまうことも。

美しいヘアメイクをキープするためにも、ヘアメイクリハーサルや挙式〜披露宴、中座、再入場までの付き添いが明示されていなかった場合は、問い合わせの際に必ず確認が必要です。

7、カメラマン、映像関連選び

    • 写真と一口に言っても、結婚式にまつわる撮影は下記のカテゴリーがあります。
  • 前撮り
  • 当日撮影(挙式・披露宴・二次会)
  • 後撮り
  • 当日動画撮影
  • オープニングムービー
  • プロフィールムービー
  • エンドロールムービー

まずどの撮影をしてほしいのかを決めて探し始めると良いでしょう。
そして、選ぶ際には下記の点に注意してください。

カメラマン・映像スタッフを選ぶ時の注意点

  • エンドロールは当日の様子映像を使って披露宴の最中に作成して流してもらえるか
  • 撮影だけでなくアルバム制作費用も含まれているか
  • 撮影データから自分でお気に入りの写真をチョイスできるか、プロが選択した写真になるのか

8、気になる式場・アイテムがみつかったら?

① 詳細ページから式場見学や試着の予約
② 式場見学やドレスショップで試着・打合せ
③ 式場やショップで直接お申し込み手続き

他にも見てみたい式場やショップがある場合はチュールウエディングのコンシェルジュと相談してアイテム選びを納得行くまで進めていきましょう!

9、まとめ

今回はオンライン結婚式準備サイトChoole(チュールウエディング)をご紹介してまいりましたがいかがでしたか?

このサービスを利用することで、新郎新婦が各事業者とダイレクトに契約できるので適正な価格で自由に結婚式をつくることができます。
また、コンシェルジュのサポートもあるのでとても安心で便利です。

多様化した現代。
結婚式のスタイルも、ビジネスのあり方も、自分らしさが求められていると感じます。

“自分らしさ”と言うと個性的な演出をすることと捉えられがちですが、方法はそれだけではありません。

自分好みのドレスを着て、自分が頼みたいと思ったカメラマンに撮影を頼むことで、自分らしさが現れていくのではないでしょうか。

自分が好きなモノを自由に選ぶ。

Choole(チュールウエディング)で進める結婚式準備は、より新郎新婦を主体的にし、2人の絆を深め、思いのこもった結婚式を挙げることにつながるはずです。

これから結婚式準備を始める方も、式場が決まっている方も、是非サイトをご覧になってみてくださいね。

Choole(チュールウエディング)公式HP

EVENT結婚式などのイベント

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

PICK UP

ピックアップ

ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

COMMENT

コメント

この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

コメントはこちらからどうぞ