ブライダルフェアをデート感覚で楽しむ方法

    多くの結婚式場やホテル、最近ではジュエリーブランドまでもがブライダルフェアを開催しています。

    これをお読みの方の中には、そろそろ彼氏(もしくは彼女)との結婚を考え始めた段階で、ブライダルフェアに行ってみたいとお考えの方も多いでしょう。誰と行くかですが、当然恋人とでしょう。

    実際、ブライダルフェアをデート感覚で利用する人は少なくありません。ただ、デート感覚で行っていいとはいえ、行く前に知っておきたいことも少なくないのでしょうか?

    そこで今回は、

    • ブライダルフェアは気軽に行ってもいい?
    • ブライダルフェアはみんな平均何回くらい行く?
    • ブライダルフェアで営業された場合の対処方法は?

    について書いていきます。ご参考になれば幸いです。

    1、ブライダルフェアデートとは?

    ブライダルフェアデートとは?

    そもそも、ブライダルフェアデートとは、その名の通りデートでブライダルフェアを利用することをいいます。

    ブライダルフェアはかつては成約者向けに行われていましたが、近年では結婚会場が新規顧客の獲得を目的として行うようになりました。

    そのため、数年前からブライダルフェアをデートとして利用するカップルが増えています。

    2、ブライダルフェアは気軽に行ってもいい?

    ブライダルフェアは気軽に行ってもいい?

    ブライダルフェアにデートで行くとして気になることの一つに、「ブライダルフェアってそんな気軽に行ってもいいの?」ということがあるのではないでしょうか?予算や挙式日が決まった段階にならないと行ってはいけないのでしょうか?

    確かに、会場側も新規顧客獲得を目的としてブライダルフェアを開催していることからすると、全く結婚の予定もないのにデートでブライダルフェアに行くのはやめておいた方がいいかもしれません。

    ただ、少しでも結婚を考えているのであれば、将来の結婚のために、ある程度気軽な気持ちでデートとしてブライダルフェアに行ってみるのもよいでしょう。

    3、フェアに行く式場はある程度絞った方がベター

    「デート」としての側面を考えると、手当たり次第に気分でブライダルフェアへ行く式場を決めてももちろんok。ですが、せっかくならばある程度は自分たちの理想に合った式場に的を絞ってから行く方が、そのまま式場を気に入って式場を決められる効率性は上がります。

    そのため、まずは式場選びのプロに相談して自分たちの「理想の結婚式」の条件を整理したり、フェア参加でもらえる特典を調べて選択肢を絞るというカップルも多いです。
    ※参考までに、オススメの式場紹介サービスをいくつかピックアップしておきます。

    (1)gensen wedding

    サイトURL: https://gensenwedding.jp/

    gensen weddingは、プランニングから始まる、無料の結婚式場紹介サービス。
    「会場から探す」のではなく、おふたりのこだわりに合わせた「プランニング」を行ってから希望が叶う会場をご紹介するのが大きな特徴です。

    空日程や見積りの情報もまとめて事前に知ることができるので、効率よく会場見学ができますし、紹介される会場は、
    プロが厳選したクオリティの高い会場だけ。契約後に見積りが大きく変わることもなく、
    gensen weddingならではの割引も使えるので、費用面でも安心して、自分たちにあう結婚式場が見つかります。
    〝コンセプトウエディング"への対応ももちろん可能です。

    理想の結婚式のためのコンセプト作りのコツと最新結婚式準備方法とは?
    http://how-to-inc.com/concept-wedding-16112

    ブライダルプロデュース会社について詳しく知りたい方は「理想の結婚式を! ブライダルプロデュース会社20選」をご参照ください。

    (2)Choole

    サイトURL: https://choole.jp/

    業界初のオンライン結婚式準備サービス「Choole(チュール)」は、自分好みの会場とアイテムを自由に組み合わせられる画期的なサービス。Chooleで予約できる式場は、ドレス・ヘアメイク・フラワー・カメラマンを式場提携以外からも自由に組み合わせることのできる式場ばかりなのです。全アイテム、持ち込みにかかる費用は無料。何よりChooleのアイテムはオシャレなものばかりなので、選ぶ楽しみを感じられるはず。

    (3)ハナユメ

    サイトURL:http://hana-yume.net/

    まずは色々とフェアを回って知識を得たいという方は、ハナユメ利用でフェアに申し込めばお得な割引特典を取得できることも。

    ハナユメ(旧すぐ婚ナビ)は、結婚式の実施時期によってお得な割引特典が付帯するという個性的サービスを持つフェア予約サイト。
    ローラさんのCMで最近、知名度・利用者ともに急増中。

    (4)kobe wedding

    URL:https://www.kobewedding.jp/

    神戸にゆかりがある方、関西近郊の方などにオススメするプロデュース会社。
    神戸を代表する専属チームがデザイン・演出を担当し、異国情緒漂う神戸の街並みや六甲の自然を舞台に、おふたりだけの完全オリジナルウェディングをプロデュース。

    都会と自然のバランスに優れた神戸ですが、よく知っている街でもkobe weddingにかかればよりおふたりが魅力的に見えるフォト&ムービースポットにきっと出会えるはず。

    (5)ジモコン

    URL:https://www.jimotokon.com/

    関西(大阪・神戸・京都)での結婚式プロデュースについてもう1件ご紹介。「今は関西に住んでいないけど、結婚式はでは地元関西に戻って式を挙げたい」。「学生時代関西にいたため友人が多く住んでいる。東京にいながら、関西の結婚式準備を効率良くすすめたい」。ジモコンはまさにそのような方におすすめのサービス。

    ジモコンの大きな特徴は、関西で行う結婚式の式場選び・ご予約、お打ち合わせが東京・銀座に居ながらにして完結できること。関西出身の方やご縁のある方、関西で結婚式をお考えの方の強い味方です。ご紹介する結婚式場はハイクオリティで有名な式場を厳選。神社挙式もご紹介があります。

     

    パートナーと事前に少し話し合うだけで、結婚式のイメージが湧いたり、パートナーの重視している点がわかったり、フェアに行く気持ちも自然と盛り上がるのでオススメです。

    4、ブライダルフェアはみんな平均何回くらい行く?

    そのようなブライダルフェアですが、みなさん平均何カ所くらい行っているのでしょうか?
    ブライダル総研の調査によると、平均で2.8回程度だそうです。

    スクリーンショット 2014-10-20 09.13.36
    出典:ブライダル総研

    みなさん、納得いく会場が見つかるまでブライダルフェアに複数回行っているようです。

    5、ブライダルフェアは予約は必要?

    ブライダルフェアは予約は必要?

    では、実際にブライダルフェアにデートで行ってみる際に事前に予約は必要でしょうか。
    こちらは、各ブライダルフェアで異なりケースバイケースです。予約が必要なこともあれば、ぷらっと入れるブライダルフェアもあります。ですので、予約が必要か否かは事前に確認しておくようにしましょう。

    なお、披露宴で出される食事の試食会は基本的に予約が必要となります。ブライダルフェアを探すにあたっては、ゼクシィのサイトを利用される方が多いようです。

    6、ブライダルフェアに行く際の服装は?

    ブライダルフェアに行く際の服装は?

    ブライダルフェアに行く際に気になることの一つに「どのような服装で行ったらいいの?フォーマルじゃなきゃいけないの?」ということがあるのではないでしょうか。

    結論からいうと、フォーマルでありすぎる必要はありませんが、結婚式場ですので、短パンやサンダルなどのラフな格好は避けましょう(女性だとワンピース、男性だとジャケットスタイルが目安です。男性は夏ならポロシャツが目安です)。

    また、ドレスの試着をしたりすることがあるので、着脱しやすい格好であった方がよいでしょう。

    その他、ブライダルフェアでの服装について詳しくは、「ブライダルフェアの服装は?女性・男性別のおすすめスタイル」をご参照下さい。

    7、ブライダルフェアに行く際の持ち物は?

    ブライダルフェアに行く際の持ち物は?

    ブライダルフェアでは、理想の結婚式を挙げるために、その会場で行われる結婚式がどのような雰囲気かを記録しておく必要があります。そのため、ブライダルフェアに行く際には以下のような持ち物を持参しましょう。

    ・メモ帳
    ・カメラ(スマホのカメラなどでも代替可)

    その他、ブライダルフェアの主催者側からたくさん資料を渡される可能性があるので、バッグは大きめの方がよいでしょう。ブライダルフェアに行く際の持ち物について詳しくは「ブライダルフェアの持ち物として忘れちゃいけない6つのモノ」をご参照下さい。

    8、ブライダルフェアで営業された場合の対処方法は?

    ブライダルフェアで営業された場合の対処方法は?

    ブライダルフェアは会場側にとっては新規顧客獲得の場なので、会場側は多かれ少なかれ営業をしてきます。
    もし、その会場で結婚式をすることを決める場合には手帳などを持参してスケジュール調整できるようにしましょう。

    逆に、まだ具体的に日程などは考えておらず気軽にブライダルフェアにデートなどで来た際に営業された場合には、「まだ貯金を貯めたりしている検討段階で日程などは決まっていません。今日は将来の参考に来ました」などとはっきりと伝えましょう。

    きちんと伝えれば主催者側もそこまでしつこい営業をしてこないでしょう。

    まとめ

    今回はブライダルフェアをデートで楽しむための方法について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

    EVENT結婚式などのイベント

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    PICK UP

    ピックアップ

    ブライダルフェアの情報やカメラマン・プランナーが開催するイベントなど、
    結婚に役立つイベント情報を幅広くまとめています。

    COMMENT

    コメント

    この記事に関するコメントはこちらからどうぞ

    コメントはこちらからどうぞ

    hanayume